触腕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

触腕(しょくわん、: tentacle)はイカ(十腕)類のみがもつ、伸縮自在で、餌を捕獲するための特殊な[1][2]であり、左右の第3腕(Ⅲ)と第4腕(Ⅳ)の間から伸びる[3]タコの触手が8本であるのに対し、イカが10本なのはこの腕の有無による。

構造[編集]

触腕は普通、他の腕よりも長く、獲物を捕らえる役割を持つ。また、これを切り離して逃げることもある。眼の下にあり第3腕と第4腕の間に開口するポケット中に触腕は折りたたまれる[3]コウイカ類の触腕は完全にポケットの中に収めることができ、外からは見えないこともある[3]ツツイカ類では完全には収納できず、常時出ているが、腕と同長程度に収縮させている[4]

触腕は先端部が広くなり、その部分だけに吸盤があるが[3]、この部分を触腕掌部[5](しょくわんしょうぶ)または触腕頭[6](しょくわんとう、腕頭部[4]tentacle clubという。またそれを繋ぐ伸縮自在の部分を触腕柄(しょくわんへい、tentacle stalk[2]、柄部[4])と呼び、しばしば吸盤を欠く[2]。タコの吸盤と違い、イカ類(十腕形類)の吸盤は基部が柄のように細くなっており、吸盤の内部には角質環(かくしつかん、chitinous ring, horny ring)と呼ばれる硬い有機質のリングがある[7]。触腕掌部に沿って1または2の筋肉質の膜が拡がったkeelを持つものもいる[2]。先端部のものは反口襞 (aboral web)、基部のものは基部襞 (carpal flap)と呼ばれる[5]

コウイカ類の触腕[編集]

イカ・タコの吸盤(左)とコウイカ類の触腕掌部(右)。

コウイカ類の吸盤では、触腕掌部の吸盤が微小等大 (uniform)なものと、顕著に不等大 (unequal)なものがみられ、分類形質として用いられる[8]。普通触腕は他の腕より長いが、トサウデボソコウイカ Sepia subtenuipes Okutani & Horikawa, 1987の成熟雄では第1腕の方が触腕より長く伸びる[9]

開眼類の触腕[編集]

触腕を持たないタコイカ Gonatopsis borealis
Abraliopsis morisii (Vérany1839)の触腕。中央部の吸盤は鉤に変化している。

開眼類では触腕掌部の吸盤に機能による形態分化が見られ、基部 (carpus)、掌部manus、または中央部[5])および先端部 (dactylus)の3群に分かれる[4]。基部にある小さな吸盤はcarpal suckersと呼ばれ、反対側の触腕掌部の中央部のcarpal knobsに引っ付き、触腕掌部を固定する[2]carpal suckerscarpal knobsの明瞭な塊をcarpal cluster carpal padと呼び、固着器[10](こちゃくき、club-fixing apparatus)として働く[2]。掌部は先端部と基部の間にあり、触腕掌部の中央または「手」に当たる部分である[2]。中央部にはキチン質の鉤爪状の(かぎ、hooks)を持つことがあり、これは発生学的には吸盤に由来する[2]。先端部は触腕の最も遠位端にあり、吸盤のサイズが減少することで特徴づけられる[2]

ユウレイイカ Chiroteuthis picteti Joubin, 1894の触腕柄は紐のように細長く、大きな発光器が十数個ついている[11]。触腕掌部には吸盤がびっしりと並び、その先端には大きい発光器がある[11]。これは誘蛾灯擬似餌の役割をしているとも考えられている[11]

ヤツデイカ科に属する種およびテカギイカ科タコイカ Gonatopsis borealis Sasaki1920は成長に伴って両方の触腕が失われ、イカ類でありながら8本腕となる[7][1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • Food and Agriculture Organization of the United Nations (2005). P. Jereb & C.F.E. Roper. ed. Cephalopods of the World: An Annotated and Illustrated Catalogue of Cephalopod Species Known to Date Volume 1 Chambered Nautiluses and Sepioids (Nautilidae, Sepiidae, Sepiolidae, Sepiadariidae, Idiosepiidae and Spirulidae). 
  • Sasaki, Madoka (1929), A Monograph of the Dibranchiate Cephalopods of the Japanese and Adjacent Waters, Sapporo: Coll. Agric. Hokkaido Imp. Univ. 
  • 奥谷喬司田川勝堀川博史『日本陸棚周辺の頭足類 大陸棚斜面未利用資源精密調査』社団法人 日本水産資源保護協会、1987年、25-28頁。
  • 奥谷喬司『イカはしゃべるし、空も飛ぶ』講談社〈講談社ブルーバックス〉、2009年8月20日。ISBN 978-4-06-257650-5
  • 奥谷喬司『新鮮イカ学』東海大学出版会、2010年7月20日、2-34頁。
  • 佐々木猛智 (2002). 貝の博物誌. 東京大学総合研究博物館. http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/DPastExh/Publish_db/2002Shell/01/01200.html 
  • 佐々木猛智 (2008). “軟体動物の解剖:コウイカ・サザエ・ホタテガイ”. 化石 (日本古生物学会) 84: 86-95. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]