狂気の山脈にて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

狂気の山脈にて』(きょうきのさんみゃくにて、At the Mountains of Madness)また『狂気山脈』とは、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説である。

概要[編集]

ラヴクラフトの数少ない長篇だが、1931年2月~3月のわずか1ヶ月間で執筆され、雑誌『アスタウンディング・ストーリーズ』の1936年2・3・4月号に分けて発表された。しかしこの時は、編集部によって多くの部分が削除、改変され、原文のまま発表されたのは、1985年にアーカムハウスから改めて出版されてからである。物語は、ウィリアム・ダイアーの一人称視点で書かれ、彼の手記という体裁をとっている。のちにクトゥルフ神話と呼ばれることになったラヴクラフト創造の超古代の地球の支配者の歴史譚が最も直截的、かつ密度濃く描かれた作品である。

あらすじ[編集]

1930年、ミスカトニック大学の教授であったダイアー、つまり私が率いる探検隊が南極大陸に向かった。目的は地下の岩石や土砂を採取することであり、隊員の一人、ピーバディが開発した最新の機器を装備していた。作業は順調に進み、ある地点では古生物化石も発見された。だが、生物学者のレイクは古い粘板岩上の奇妙な縞模様の方に注目した。それが地層の年代と矛盾する、高度に進化した生物の痕跡に思われたからである。レイクは計画の変更を強硬に主張し、分隊を率いて地層が伸びる方角に向かった。

やがて分隊からの無線通信で、未知の巨大山脈に到達し、その地下洞窟から奇怪な化石を発掘したことが報告された。それは独自の進化を遂げた大型の生物で、動物と植物の両方の特徴を備えているように思われた。その姿は「ネクロノミコン」に記された神話上の「古のもの」を連想させた。化石は続けて数体発見され、しかも元の性質が失われていなかった。レイクはそのうちの一体を解剖したが、体組織の強靭さ、脳と神経系の発達などにさらに驚かされることになった。生物学の常識を覆す発見に隊は興奮に包まれ、私もレイクの判断が正しかったことを認めた。

しかし翌朝、決められた時刻になっても分隊からの無線連絡はなかった。強風のため、通信が困難になっているようであったが、本隊のキャンプ地で風が収まった後も、分隊への呼びかけに応答はなかった。私は最悪の事態を想定し、捜索に向かうことを決意した。私は帰還後、レイクの分隊は強風で全滅し、すべては失われたと報告した。しかし、それは嘘であった。真相を、あの狂気の山脈に隠された真相を、今ここに記す。

登場人物[編集]

ウィリアム・ダイアー(William Dyer)
南極に向かった探検隊の責任者で、地質学科の教授。本作は、帰還した彼が以後の南極進出を思い止まらせるために書いた手記という体裁をとっている。
レイク(Professor Lake
探検隊の一員で、生物学科の教授。生命の誕生と進化に関する仮説を立てていた。古い粘板岩に残された模様に注目し、分隊を率いて調査に向かう。
フランク・H・ピーバディ(Frank H. Pabodie
探検隊の一員で、工学科の教授。今回の探検で使用される画期的なドリルを考案した。
アトウッド(Professor Atwood
探検隊の一員で、物理学科の教授。隕石学者でもある。
ダンフォース(Danforth
助手の一人で、大学院生。聡明な若者。「ネクロノミコン」を最後まで読み通した数少ない人間の一人である。
ゲドニー(Gedney)
助手の一人で、大学院生。レイクの分隊に加わる。

神話生物[編集]

古のもの
旧支配者[1]とも呼ばれる。樽状の胴体と五芒星型の頭部を持つ半植物的な宇宙生物。太古のまだ生命が存在していない地球に到来して文明を築いた。「ネクロノミコン」には彼らがふざけてか、誤って地球の生命を創造したと記されている。生物的には極めて生命力が強く、また陸上と水中の両方の環境に適応する。超常的な力は持たないが、科学技術が非常に発達していた。南極は彼らが宇宙から最初に降り立った場所である。
詳細は、「古のもの」を参照。
ショゴス
古のものによって創造されたスライムのような不定形生物。都市の建設などに使役された。力が強く、身体は形状を変えるだけでなく、一時的に様々な器官を作り出すことが可能である。やがてたまたま得た知性を発達させ、次第に反抗的になり、ついには大規模な反乱を起こした。「テケリ・リ!テケリ・リ!」という特徴的な声をあげるが、これは古のものの発声器官を真似することで身に付けたものである。
詳細は、「ショゴス」を参照。
クルウルウの末裔
蛸に似た宇宙生物。古のものよりもさらに遠い世界から現れたと思われる。身体が我々とは異なる物質によって構成されており、変身や組織の再生が可能である。遅れて地球に到来し、地上の支配を巡って古のものと激しく争った。この戦いでは一時的に全ての古のものを海に追い落としている。後に和戦がなされ、領土を分け合ったが、突如本拠地のルルイエもろとも海に沈んだ。
ミ=ゴ
外見は甲殻類、性質としては菌類に近い宇宙生物。クルウルウの末裔同様、異質な生物で、変身や再生も可能なようである。地球に現れたのはクルウルウの末裔のさらに後であり、既に衰退が始まっていた古のものから北方の地を奪っている。ただし、海の中の古のものには手出しができなかった。現在も地球上に潜んでおり、ヒマラヤ雪男の正体ともされる。
詳細は、「ミ=ゴ」を参照。

解説[編集]

本作のタイトルは、ダンセイニの短編『The Hashish Man』の台詞「 "And we came at last to those ivory hills that are named the Mountains of Madness...".」から取られた。短編小説の多いラヴクラフトでも『チャールズ・ウォードの奇怪な事件』に並ぶ長編として知られている。人類以前の文明を描いた作品としてラヴクラフトは、以前に『無名都市』を執筆し、狂気山脈は、『未知なるカダスを夢に求めて』で再登場させた。

子供のころから南極に関心を持っていたラヴクラフトの長編小説である。当時、未踏破の大陸だった南極へのラヴクラフトの興味は、9歳の時、ウィリアム・クラーク・ラッセルの『The Frozen Pirate(1887年)』を読んだことが切っ掛けだった。わずか1ヵ月で書き上げられ、ラヴクラフトの自信作でもあったが当初、雑誌『ウィアード・テイルズ』の編集長ファーンズワース・ライトには「長すぎる」として採用を見送られた。ラヴクラフトは、知人宛ての手紙で断筆をほのめかすほど落胆したが、その後、1936年、雑誌『アスタウンディング・ストーリーズ』に掲載されることになった[2]。後に、彼の代表作の一つに挙げられるようになっている。

この時、『アスタウンディング・ストーリーズ』に原稿を送ったのは、ラヴクラフトではなくジュリアス・シュヴァルツ(Julius Schwartz)だった。ラヴクラフトは、一度拒絶された原稿を他誌に提出することを嫌っていたが1936年には、彼の体調が芳しくないことから友人たちは、彼のストックした原稿を発表しようと考えたためで、他にも幾つかの作品がこの時期に出版された。しかし『アスタウンディング・ストーリーズ』の編集者フレデリック・オーリン・トレメイン(F. Orlin Tremaine)により『狂気の山脈にて』は、綴り、段落、句読点に至るまで校正され、一部が省略されたためラヴクラフトを一層失望させた。ただし同誌は、ラヴクラフトに315ドル(今の3000ドル程度)を支払っている。

執筆の直前に行われたリチャード・E・バードの1928年~1930年の南極探検では、実際に温暖な地域の化石が発見された。ラヴクラフトは、この出来事を本作に反映させている。当時は、大陸移動説が完全に立証されておらず、南極の環境が変化したということは、知られていなかった。しかしラヴクラフトは、大陸移動説を引用し、現代と違い世界地図にも描かれていない南極を可能な限り空想ではなく現実の地理を調べようとした。

南極を舞台にした本作は、翻訳家の大瀧啓裕によれば、「十歳のときから心に取り憑いて離れない、荒涼とした白い南極にかかわる漠然とした感情をつきとめるべく目論まれた」[3]ものであり、執筆は「必然のなりゆきだったのだろう」[4]とされる。

なお、同じ南極を舞台にしたエドガー・アラン・ポー[5]の小説『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』が作中に登場し、設定の一部も持ち込まれている。例えば、ショゴスの鳴き声は同作に登場する巨大な鳥がもとになっている[6]。そして、登場人物がポーの小説の読者と設定され、ポーはそれを事実をもとに執筆したのではないかという扱いになっている。彼の作品はクトゥルフ神話と関連付けられるが、内容的には違いも見られる(詳細は「ラヴクラフト神話」を参照)。リン・カーターと評論家ST Joshiは、ラヴクラフトが寒さが嫌いだったこともあり零下の世界での息苦しさなど、ポーよりも空気感が出ていると指摘している。

ラヴクラフトの着想に繋がったもう一つの作品としてエドガー・ライス・バローズの『地底の王国にて(At the Earth's Core , 1914年)』が挙げられる。評論家ウィリアム・フルワイラー(William Fulwiler)は、高い知能を持つ爬虫類の特徴を備えたマハールと古のもの、そして彼ら支配種族が共に奉仕種族を従えていることを類似点として指摘している。

他にエイブラハム・グレース・メリットの『秘境の地底人(The People of the Pit)』、カサリン・メトカルフ・ルーフ(Katharine Metcalf Roof)の『A Million Years After』、オズワルド・シュペングラーの『The Decline of the West』、マシュー・フィップル・シェイ(M. P. Shiel)の北極探検を舞台とした小説『The Purple Cloud』が指摘されている。また視覚的な要素としてニコライ・リョーリフギュスターヴ・ドレが挙げられている。

本作の「クルウルウの末裔」[7]は、神格というより、ミ=ゴと同列の宇宙生物のような扱いになっている[8][9]。大瀧は、善悪二元論的なクトゥルフ神話との根本的な違いとして、ラヴクラフトの宇宙観がもとになった(人間の視点とは異なる)超越的な視点を挙げている[10]。特に本作は、『時間からの影』とともに「幻想宇宙年代記」[11]とも表現し、「ラヴクラフト宇宙観の総決算」[12]としている。

その他[編集]

  • 人間椅子の『黄金の夜明け(1992年)』に収録された楽曲『狂気山脈』は、本作がモチーフ。
  • Tiger Lillies、Danielle de Picciotto、Alexander Hackeのオーディオ・ミュージカル『The Mountains of Madness(2013年)』は、本作がモチーフ。
  • 映画監督ギレルモ・デル・トロと脚本家マシュー・ロビンズが2006年に映像化を計画したが断念している。
  • 2017年、アトランタ・ラジオ・シアター・カンパニーにラジオドラマが作成された。
  • SF小説としてポール・デ・フィリッポとルディ・ラッカーによる『The Lost City of Leng(2018年)』が執筆された。
  • イアン・カルバード( I. N. J. Culbard)によるグラフィック・ノベルとして2010年にSelfMadeHeroから出版された。
  • 2011年にCerasus Mediaからは『Mystery Stories: Mountains of Madness』としてゲームになり販売された。
  • バンドThe Great Old Onesは、本作をイメージしてアルバム『Tekeli-li』を2014年に発表した。
  • プリズナー・オブ・アイス - 本作に基づいた1995年インフォグラム社によるコンピュータゲーム。
  • 2009年にケイネス・ハイトとクリスティーナ・ロドリゲスは、ゲーム『The Antarctic Express』を発表した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ オーガスト・ダーレスが定義した「旧支配者」(グレート・オールド・ワン)とは異なる。
  2. ^ 『ラヴクラフト全集 4』 大瀧啓裕訳、東京創元社、1985年。 「作品解題」、343 - 344頁。
  3. ^ 『ラヴクラフト全集 4』 「作品解題」、344頁より引用。
  4. ^ 『ラヴクラフト全集 4』 「作品解題」、343頁より引用。
  5. ^ ポーはラヴクラフトが影響を受けた作家の一人である。
  6. ^ 『ラヴクラフト全集 4』 「狂気の山脈にて」、294頁。作中で直接言及している。
  7. ^ 大瀧は、ラヴクラフト作品内では、クトゥルフを「クルウルウ」と表記している。
  8. ^ 「陸棲種族」「蛸に似た宇宙生物」と記述されている。
  9. ^ 『ラヴクラフト全集 5』 大瀧啓裕訳、1987年。 「作品解題」、345 - 346頁。『ダニッチの怪』や本作でのクルウルウの扱いがクトゥルフ神話と異なることが指摘されている。
  10. ^ 『ラヴクラフト全集 5』 「作品解題」、323 - 326頁。
  11. ^ 『ラヴクラフト全集 5』 「作品解題」、323、326頁。
  12. ^ 『ラヴクラフト全集 4』 1頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]