粘板岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
粘板岩(スレート)
 —  堆積岩  —
粘板岩(スレート)
粘板岩
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示
スレート屋根

粘板岩(ねんばんがん、: slateスレート)とは、泥岩頁岩圧密作用によりスレート劈開[1]を持ったもの。やや変成の進んだ堆積岩の一種。変成岩として扱われることもある。

石材としての粘板岩(スレート)[編集]

日本では、古くから良質な粘板岩(または頁岩)を、スレートなどの建築材料、などの材料として用いている。

色料としての粘板岩(スレート)[編集]

スレート粉は、類例の乏しい、灰色を呈色する顔料として、認識されている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スレート劈開(へきかい)とは、ある面(層理面とは限らない)に沿ってうんもなどが配列し、その面に沿って薄くはがれやすくなったもののこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]