粘板岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
粘板岩(スレート)
堆積岩
SlateUSGOV.jpg
粘板岩
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
スレート屋根
ドイツの教会の屋根に使われたスレート

粘板岩(ねんばんがん、: slateスレート)とは、泥岩頁岩圧密作用によりスレート劈開[1]を持ったもの。堆積岩がやや変成作用を受けたもの。元々の堆積面ではなく圧密作用に垂直に薄くはがれる。石英・雲母・粘土鉱物・長石・赤鉄鉱・黄鉄鉱などが含まれる。

石材としての粘板岩(スレート)[編集]

日本では、古くから良質な粘板岩(または頁岩)を、スレートなどの建築材料、などの材料として用いている。

国外でもその防水性・耐久性から屋根・床をふくことに今でも使われている。スペインは世界第一の産出国で、次いでブラジルである。中国の輸出も増えている。イギリス・ベルギー・ドイツ・フランス・イタリアで、他に米国で産出し使われてきた。欧州では19世紀後半から20世紀初頭にスレートブームと呼ばれる流行があった。また18世紀から19世紀には学校の黒板に利用された。絶縁性に優れるためスイッチやモーターなど電気関係に使われた。墓標にもよく使われジョン・F・ケネディの墓標は米国メーン州の石である。

イギリスのスレート鉱山

色料としての粘板岩(スレート)[編集]

スレート粉は、類例の乏しい、灰色を呈色する顔料として、認識されている。含有鉱物の違いにより緑色や紫色を呈するものがある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スレート劈開(へきかい)とは、ある面(層理面とは限らない)に沿ってうんもなどが配列し、その面に沿って薄くはがれやすくなったもののこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]