変成作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

変成作用(へんせいさよう、metamorphism)とは、広義には、初源的で一次的な岩石原岩という)が圧力の影響、また水や空気との化学反応などの作用を受け、その岩石を形成する鉱物種の構成や、岩石の外見構造が変化することをいう。変成岩は、融解することなく、固体のまま形成される岩石をいうが、変成温度が高くなると一部が融解し、一部がマグマが形成されることもある。構成する鉱物が融解する温度は鉱物種によって異なる。また、低温では、堆積岩が地下深部で熟成する続成作用連続的である。他方では、地表での空気や水による変質作用風化作用とも連続的である。このように、どこからどこまでを変成作用と呼ぶかは明確に定義するのが難解である。

変成作用には、接触変成作用contact metamorphism[1]広域変成作用regional metamorphism[1]とがある[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2。(オンライン学術用語集
  2. ^ 都城秋穂久城育夫 『岩石学II - 岩石の性質と分類』 共立出版〈共立全書〉、1975年、110-112頁、ISBN 4-320-00205-9
  3. ^ 黒田吉益諏訪兼位 『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』 共立出版、1983年、282-288頁、ISBN 4-320-04578-5

関連項目[編集]