雨畑硯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

雨畑硯(あまはたすずり)は山梨県南巨摩郡で製造されているである。

歴史[編集]

雨畑硯の起源は2つあり、永仁5年(1297年)に日蓮の弟子である日朗七面山を開く際早川支流の雨畑川で蒼黒色の石を発見し、この石で良質の硯が作れると伝えたのが始まりとされている説[1]と、元禄3年(1690年)に雨宮孫右衛門身延山へ参拝した際に早川で黒色の石を発見し、これを硯にして天明4年(1784年)に将軍徳川家治公へ献上したという説がある[2]。双方の説には発見した石が「玄晶石」と言われる粘板岩であることが共通している。

その後明治期に早川町雨畑地区(位置)にて「雨畑硯製造販売組合」が結成され、90余名の組合員がいたことなど活況に満ちていた。また反響のよさから別の石を使用した偽物も出回っており、対策に追われたとされている[1]

しかし時代と共に硯の文化は衰退していき、現在雨畑地区で製造されている工房は「硯匠庵」1軒のみとなっており、職人も1人のみと後継者不足に悩まされている[3]。一方で富士川町でも同じ岩石・製法で雨畑硯が作られており、こちらでは加工業組合も結成されているほか、数件の工房と数人の職人がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 雨畑真石硯の歴史(硯匠庵ホームページより)
  2. ^ 山梨県郷土伝統工芸品より
  3. ^ 「日本一」のすずり、存続の危機=5年前から職人一人-山梨・早川(2013年1月6日、時事通信

外部リンク[編集]