日朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日朗
1245年 - 1320年
筑後房
諡号 日朗菩薩(後光厳天皇より)
生地 下総国
没地 武蔵国
宗派 日蓮宗
寺院 池上本門寺
日蓮
弟子 日輪日印日像
安国論寺法性寺

日朗(にちろう、1245年5月5日寛元3年4月8日) - 1320年3月1日元応2年1月21日))は、鎌倉時代日蓮宗法華宗。日蓮六老僧の一人。号は筑後房。大国阿闍梨とも称する。日朗門流・池上門流・比企谷門流の祖。下総国の出身。父は平賀有国

略歴[編集]

1261年(文応2年)日蓮を師として法を学んだ。1271年(文永8年)日蓮の流罪の際、土牢に押込となる。1274年(文永11年)佐渡に流罪となっていた日蓮を8回訪ね、赦免状を携えて佐渡に渡る。1282年(弘安5年)池上宗仲の協力のもと、池上本門寺の基礎を築いた。1309年(延慶2年)千葉胤貞の妻より、土地の寄進を受け、本土寺を建立する。1320年(元応2年)安国論寺にて荼毘に付され、法性寺に葬られた。

日朗ゆかりの寺[編集]

四長四本(本山)

弟子・日印の開山で山吉氏が建立した青蓮華寺に、初祖となることを承諾し、長久山本成寺という名を与えている。

日朗の弟子[編集]