千葉胤貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
千葉胤貞
時代 鎌倉幕府末期 - 南北朝時代
生誕 正応元年(1288年
死没 延元元年/建武3年11月19日1336年12月22日
別名 千田太郎(通称)
官位 大隅
幕府 鎌倉幕府室町幕府
主君 将軍守邦親王(鎌倉)→足利尊氏(室町)
得宗北条貞時高時
氏族 千葉氏千田氏
父母 父:千葉宗胤
兄弟 胤貞胤泰
曾谷教信の娘
高胤胤平胤継

千葉 胤貞(ちば たねさだ)は、鎌倉幕府末期から南北朝時代武将千葉氏の第9代当主千葉宗胤の長男。

生涯[編集]

正応元年(1288年)、父が異国警固番役として赴任していた肥前国小城郡で生まれたとされ、その後下総国千田荘を本拠とし、肥前国小城郡の他八幡荘臼井荘も併せて領した。北条氏得宗家当主・鎌倉幕府第9代執権北条貞時より偏諱を受けて胤貞と名乗る[1]

父が下総不在の間に、叔父の胤宗に千葉氏の家督を横領され、父の没後折りしも勃発した南北朝の戦いに際して北朝方につき、建武2年(1335年)には同族の相馬親胤らとともに叔父胤宗の子貞胤の本拠千葉荘を攻めた。

だが同年11月胤貞と親胤は足利尊氏の檄文に拠って上洛、その間に貞胤方は胤貞の本拠千田荘を蹂躙しこの騒乱は下総国中に波及したという[2]。そして南朝方の新田義貞の軍に属した貞胤は、延元元年/建武3年(1336年)10月に越前国木芽峠で足利尊氏軍の斯波高経に降伏した。だが胤貞は下総への帰途同年11月19日に三河国で病没する。降伏した貞胤は北朝方に寝返って、貞胤の子孫が千葉氏宗家を称し存続した。そのため肥前国小城郡に在った弟の胤泰九州千葉氏として活路を見出したが、宗家の地位を失った千田氏はその後衰退していった。

胤貞は日蓮宗に帰依しており、領有していた千田荘には浄妙寺妙光寺あるいは日本寺、八幡荘には法華経寺などの日蓮宗の古刹が多い。特に法華経寺については俗別当として第2代住持日高を支援し、また第3代住持日祐は胤貞猶子といわれ、肥前国小城郡と千田荘および八幡荘は次男・胤平に譲ったが[3]、臼井荘は法華経寺に寄進している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 得宗家は本来ならば将軍の下で一御家人という立場にありながら、烏帽子親関係による一字付与を利用して、他の有力御家人を統制したことが指摘されており、地域棟梁格の有力御家人であった千葉氏(菱沼一憲『中世地域社会と将軍権力』汲古書院、2011年)もその統制下にあった。その統制の主体である烏帽子親、すなわち有力御家人が一字を賜る相手が将軍から得宗家へ移行したという見解も示されており(角田朋彦 「偏諱の話」(『段かづら』三・四、2004年) および 山野龍太郎「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」(所収:山本隆志 編『日本中世政治文化論の射程』(思文閣出版、2012年)p.163)、→詳細は北条氏#北条氏による一字付与についてを参照)、泰胤北条泰時頼胤北条時頼宗胤胤宗兄弟が北条時宗胤貞貞胤北条貞時高胤北条高時から一字を拝領したと考えられる(以上、紺戸論文(『中央史学』二、1979年、p.15系図・p.18)より)。以上、千葉氏当主が北条氏と烏帽子親子関係を結んだ旨は、服部英雄 「中世小城の景観・海から考える」(→PDF版)に明確に示されている。
  2. ^ 東禅寺の住持だった湛睿はその騒然とした様を、「華厳五教章纂釈」(金沢文庫所蔵)奥書に、「然世上転変之後、三四年以来都鄙不静謐、道俗尚多危」と記している。
  3. ^ 『中山法華経寺文書』 建武元年(1334年)12月1日付 「千葉胤貞譲状」 より。 『雲海山岩蔵寺浄土院無縁如法経過去帳』の「当郡代々地頭」には胤貞と胤平との間に高胤の名が見られ、彼が胤貞の長男(胤平の兄)とみられる。この高胤が小城郡を領していたことは『中山法華経寺文書』 某年8月13日付の「平高胤寄進状」にもうかがえ、実際は当初嫡子であった高胤が父の領地を継いだものの早世したため、一旦父である胤貞が再度家督および領地を継承し、その後に胤平へと継承された可能性が高い。
  4. ^ 『中山法華経寺文書』 元弘元年/元徳3年9月4日付 千葉胤貞譲状など

参考文献[編集]

外部リンク[編集]