千葉満胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
千葉満胤
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 正平15年/延文5年11月3日1360年12月11日
死没 応永33年6月8日1426年7月12日
別名 千葉介
官位 従五位下
幕府 室町幕府
氏族 千葉氏
父母 父:千葉氏胤、母:新田義貞の娘
兼胤馬加康胤

千葉 満胤(ちば みつたね)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての武将千葉氏の第14代当主。第13代当主・千葉氏胤の子。母は新田義貞の娘。

略歴[編集]

正平20年/貞治4年(1365年)9月、父の死によりわずか6歳で家督を継いだ。弘和元年/永徳元年(1381年)、小山義政の乱に際しては、鎌倉公方足利氏満の命により、下野小山義政を攻撃した。

応永23年(1416年)8月、上杉禅秀の乱に際しては、子の兼胤康胤らとともに上杉氏憲(禅秀)に与して鎌倉公方・足利持氏追放に加担した(『鎌倉大草紙』の記録を信じれば、首謀者とされる上杉氏憲・足利満隆の兵力がそれぞれ2千騎・1千騎であったのに対して8千騎を動員したという)。ところが、これに怒った京都の将軍・足利義持の命を受けた今川範政上杉房方らを中心とする幕府の軍勢が鎌倉に攻めて来る。

応永24年(1417年)1月まで満胤は禅秀と共に懸命に戦ったが、敗れて禅秀は自害し、満胤は降伏した。このとき、一命は助けられている。しかし隠居して政界から退くことを余儀なくされた。

応永32年(1426年)6月8日、67歳で死去し、跡を子の千葉兼胤が継いだ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]