九州千葉氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千葉氏
(九州千葉氏)
No image available.svg
本姓 桓武平氏良文流千葉氏流
家祖 千葉宗胤
種別 武家
出身地 下総国
主な根拠地 肥前国
支流、分家 九州長崎氏武家
肥前石井氏
肥前徳島氏
鴨打氏
円城寺氏
凡例 / Category:日本の氏族

九州千葉氏(きゅうしゅうちばし)は、桓武平氏の末裔の一族である千葉氏の支族の一つ。


発生[編集]

元寇の際、九州の防衛(異国警固番役)のため下総国より九州に派遣され肥前国に土着した千葉宗胤を祖とし、肥前千葉氏ともいう。宗胤が下総不在の間に弟胤宗千葉氏宗家家督を横領され、宗胤の子の胤貞北朝方の足利尊氏に付き、宮方に付いた胤宗の子の貞胤と家督を争ったものの、貞胤が降伏した直後に自身が病没したため、宗家復帰はならなかった。胤貞の領地の肥前国小城郡、下総国千田荘八幡荘は胤貞の次男の胤平から三男胤継に継承され、その後肥前国小城郡については猶子(宗胤の次男)の胤泰が継承した。

発展と衰退[編集]

室町時代に全盛期をむかえた。このころ日本を訪れた李氏朝鮮の使臣・申淑舟の著書『海東諸国記』にも肥前国最大の勢力として千葉氏の名を挙げている。戦国時代初期に東西両家に分裂し、少弐氏の介入を受けその養子を当主として受け入れることを余儀なくされるほど衰退した。少弐氏が滅亡した際、東千葉家当主千葉胤頼は実兄少弐冬尚とともに自刃し、残った西千葉家は龍造寺氏に仕え、その部将として活動した。龍造寺隆信死後は、龍造寺家の実権を握った鍋島直茂が一時期、西千葉家の千葉胤連の養子だった縁もあり重用され、江戸時代には鍋島を与えられて、佐賀藩に家老として仕えた。

系図[編集]

太線は実子、細線は養子。
                  千葉頼胤
                    ┣━━┓
                   宗胤  胤宗
  ┏━━━━━━━━━┳━┫   ┃
 女子            胤貞 胤泰 貞胤
  ┃      ┏━━┳━━┫  ┃(千葉氏)
 石井忠元  高胤  胤平 胤継 胤基
  ┃         (千田氏)┣━━┓
 石井忠家           胤鎮 胤紹
  ┃          ┏━━┫   ┣━━┳━━┓
 石井忠國      元胤  教胤 胤朝 胤盛 胤将


                  |  ┃
                 胤資 興常
             ┌──┬──┤  ┃
          胤治 胤繁 胤勝 喜胤
               ┃  |
              胤連 胤頼
               ┃  ┃
              胤信 胤誠

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]