千葉胤連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
千葉胤連
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 文禄2年7月18日1593年8月14日
戒名 天継秀胤大禅定門
氏族 九州千葉氏
父母 父:千葉胤勝
兄弟 胤連胤頼
正室:龍造寺家純の娘
胤信、養子:鍋島直茂

千葉 胤連(ちば たねつら)は、戦国時代武将肥前小城郡晴気城主。鍋島直茂の養父である。

生涯[編集]

九州千葉氏の一族で、千葉胤勝の子として生まれる。天文10年(1541年)、少弐氏の命令で鍋島直茂を養子に迎えたが、天文14年(1545年)に龍造寺家純龍造寺氏一族の多くが少弐氏によって殺害されると、養子関係を白紙に戻されている。やがて胤連も少弐氏をあくまで擁護する義理の弟・千葉胤頼と敵対したため、龍造寺隆信と手を結んで永禄2年(1559年)に少弐冬尚と千葉胤頼を滅ぼした。その後も隆信と手を結んで、九州千葉氏の立場を確保している。後に自らの所領をかつての養子・鍋島直茂に譲って隠居した。