千葉胤宗 (武蔵千葉氏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

千葉 胤宗(ちば たねむね、生年不詳 - 天正2年(1574年))は、戦国時代武将。武蔵千葉氏の第5代当主。第4代当主・千葉胤利(たねとし)の子。

天正2年(1574年)10月に古河公方足利義氏の宿老簗田持助北条氏に反旗を翻したため、北条氏に属した胤宗も持助の居城である関宿城攻めに加わったが、討ち死にした。跡取りの男子がなかったため、北条氏からの婿養子である直胤が武蔵千葉氏の家督を継承した。