千葉氏胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
千葉氏胤
時代 南北朝時代
生誕 延元2年/建武4年5月11日1337年6月10日
死没 正平20年/貞治4年9月13日1365年9月28日
別名 千葉介
官位 従五位下
幕府 室町幕府 上総下総伊賀守護
主君 足利尊氏義詮
氏族 千葉氏
父母 父:千葉貞胤、母:曾谷教信
兄弟 一胤氏胤
新田義貞
満胤馬場重胤聖聡

千葉 氏胤(ちば うじたね)は、南北朝時代武将千葉氏13代当主。上総国下総国伊賀国守護

生涯[編集]

延元2年/建武4年(1337年)、11代当主・千葉貞胤の次男として京都で生まれる。正平6年/観応2年(1351年)、父貞胤が死去。兄の一胤は正式な家督相続前に戦死していたため、氏胤が跡を継ぐこととなり、上総・下総・伊賀3カ国の守護職を継承した。同年、足利尊氏に与して足利直義軍と戦い、上杉憲顕を破るという大功を挙げた。翌年にも南朝勢力である新田義宗と戦ってこれを破るなど、武功を多く挙げている。

しかし正平20年/貞治4年(1365年)、京都にて病となり、帰国途中の美濃国において重態に陥って、同年9月13日に死去。享年29。

死後、家督は子・満胤が継いだ。また、一子・聖聡浄土宗の僧となり、増上寺を創建したことで知られる。なお、『千学集抄』によれば、室町時代後期の下総千葉氏の当主千葉輔胤(系譜上では第21代当主とされる)は馬場重胤の孫とされている(氏胤 - 重胤 - 胤依 - 輔胤)。

歌人としても優れ、『新千載和歌集』では多くの歌が残されている。