千葉邦胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
千葉邦胤
時代 戦国時代
生誕 弘治3年3月22日1557年4月21日
死没 天正13年5月7日1585年6月4日
別名 千葉介
官位 中務大輔
氏族 千葉氏
父母 父:千葉胤富 母:海上山城守の娘
兄弟 良胤邦胤
正室:北条氏直養女(北条氏政娘・氏直妹)
継室:岩松守純の娘
重胤

千葉 邦胤(ちば くにたね)は、戦国時代武将千葉氏の第29代当主。第27代当主・千葉胤富の次男(三男とも)。

生涯[編集]

兄で先代当主の千葉良胤が反後北条氏の姿勢を見せたため、家臣の手によって追放されたため家督を継いだ。1571年元亀2年)11月望日に里見義弘の圧迫を避けるために佐倉妙見宮において元服が行われた(『千学集抄』)。1582年天正10年)に織田信長の重臣・滝川一益が関東に進出して邦胤にも信長への使者の派遣を促す使者が送られた際には拒絶している。 北条氏と婚姻を結ぶと、北条氏の求めに応じて幾度も出陣し、隣国はその武勇を畏れ、千葉家の一族・家臣はその恵みを慕ったという(千葉大系図)。

1585年(天正13年)新年の祝賀の席にて、近習の桑田(鍬田とも)万五郎の放屁を叱責したところ、恨みを持たれ、5月1日夜、就寝中に短刀で刺され、6日後に死亡した(『千葉伝考記』)。享年29。嫡男には千葉重胤がいたが、幼少であることを理由に北条氏の干渉を受けて北条氏政の実子である千葉直重が継いだ。

外部リンク[編集]