千葉胤正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
千葉胤正
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 永治元年4月1日1141年5月8日)?
死没 建仁3年7月20日1203年8月28日)?
別名 千葉新介(通称)
官位 従五位下、下総権介
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族 千葉氏
父母 父:千葉常胤、母:秩父重弘の娘
兄弟 胤正相馬師常武石胤盛大須賀胤信
国分胤通東胤頼日胤
成胤常秀
テンプレートを表示

千葉 胤正(ちば たねまさ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将千葉氏の第4代当主。第3代当主・千葉常胤の長男。母は秩父重弘の娘。

略歴[編集]

通称は千葉新介治承4年(1180年)、源頼朝の挙兵に際して父と共に頼朝に従って参戦する。養和元年(1181年)4月、胤正は頼朝の寝所を警護する11名の内に選ばれた(『吾妻鏡』養和元年4月7日条)[1]

文治5年(1189年)の奥州合戦にも参戦して武功を挙げた。翌年に奥州藤原氏の残党・大河兼任が反乱したときには、この鎮圧に当たって功を挙げた。建久元年(1190年)に頼朝が上洛した際、右近衛大将拝賀の布衣侍7人の内に選ばれて参院の供奉をした[2]

生没年は詳しく分かっておらず、通説は建仁3年7月20日に63歳で没したとされている(『千学集抄』『千葉大系図』)。だが、建仁2年7月7日に67歳で没したとする説もある(『本土寺過去帳』)。いずれにしても、建仁元年に没した父の後を追うように死去したものと思われる(なお、『吾妻鏡』によればすぐ下の弟相馬師常元久元年(建仁4年から改元)11月15日に67歳で没している)。家督は子の成胤が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他の10名は、北条義時下河辺行平結城朝光・和田義茂・梶原景季・宇佐美実政・榛谷重朝葛西清重三浦義連・八田知重。主に有力御家人の二世世代であり、将来を担う人材の育成という面もあったと見られる。文治5年(1189年)2月28日、頼朝が彗星を見るために寝所から庭に出た際は、御前を結城朝光と三浦義連、御後を梶原景季と八田知重が警護している。
  2. ^ 他の6名は、三浦義澄工藤祐経足立遠元後藤基清葛西清重、八田知重。

外部リンク[編集]