後藤基清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
後藤基清
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 承久3年7月2日1221年7月22日
幕府 鎌倉幕府 讃岐播磨守護
主君 源頼朝
氏族 佐藤氏後藤氏
父母 父:佐藤仲清、養父:後藤実基
基成基綱基重太田基連

後藤 基清(ごとう もときよ)は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての武将御家人讃岐国播磨国守護

経歴[編集]

尊卑分脈』によると藤原北家秀郷流の嫡流とも言える佐藤義清(西行)の兄弟・佐藤仲清の子で後藤実基の養子となった。

源頼朝に仕え、元暦2年(1185年)の屋島の戦いに参加。同年、頼朝の許しを得ずに官位を得た事で、頼朝に「目は鼠眼にて、ただ候ふべきのところ、任官希有なり」と罵倒されている(『吾妻鏡』元暦2年4月15日条)。建久元年(1190年)に頼朝が上洛した際、右近衛大将拝賀の布衣侍7人の内に選ばれて参院の供奉をした[1]。京都守護一条能保の家人でもあり、在京御家人として活躍するが、正治元年(1199年)の三左衛門事件源通親への襲撃を企てたとして讃岐守護を解任される。その後、後鳥羽上皇との関係を深め、西面武士検非違使となる。建保年間(1213年 - 1219年)から播磨守護となる。承久3年(1221年)の承久の乱では後鳥羽上皇方につき、敗北。その後、幕府方についた子・基綱に処刑された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他の6名は、三浦義澄千葉胤正工藤祐経足立遠元葛西清重、八田知重。

関連項目[編集]