大河兼任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大河 兼任(おおかわ かねとう、生年不詳 - 1190年[1]4月16日[2]文治6年3月10日[3]))は、平安時代後期から鎌倉時代前期の武将[3]奥州藤原氏藤原泰衡郎党[2]大河兼任の乱を引き起こした。

経歴[編集]

家系、父母ともに不明。藤原泰衡の郎党であったとされているが、弟の新田三郎二藤次忠季御家人と記録されていることから、奥州藤原氏滅亡後一旦御家人となったとも推察されている。子に鶴太郎、於幾内次郎。

通説では出羽国北部八郎潟沿岸の大河(現秋田県五城目町大川)の豪族だとされる[1]が、陸奥国津軽地方の豪族だったのではないかとする説[2][4]もある。奥州藤原氏が滅亡した奥州合戦の直後より鎌倉政権への叛逆を企て、1189年文治5年)12月、出羽国に挙兵。『吾妻鏡』によると総勢7000騎から最大で10000騎に及んだという。一説に安倍頼時の子の1人で安倍貞任安倍宗任の弟、安倍行任の兄・安倍家任が兼任の高祖父にあたるという。この説が事実ならば、兼任は家任の玄孫、頼時の来孫ということになる。

男鹿地方の地頭橘公業の拠点を襲撃し、一時は由利維平、津軽の宇佐美実政らを討ち取るなど戦闘を優勢に進め平泉を占拠したが、足利義兼を追討使とした追討軍に栗原郡一迫(現栗原市)で敗れ敗走。3月10日に栗原寺で地元のに立派な具足を怪しまれ、斧で斬殺された[2][3]

主君の敵討ちの元祖[編集]

『吾妻鏡』に、兼任の言葉として「古今の間、六親もしくは夫婦の怨敵に報ずるは、尋常のことなり。いまだ主人の敵を討つの例あらず。兼任独りその例を始めんがために鎌倉に赴くところなり」との記事があることから、主君の敵討ちの元祖と言われている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 辰守弘「大河兼任」『秋田大百科事典』 秋田魁新報社、1981年、ISBN 4870200074
  2. ^ a b c d 【大河兼任(おおかわ・かねとう)】” (日本語). 朝日日本歴史人物事典(遠藤巖). 2014年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c 【大河兼任(おおかわ-かねとう)】” (日本語). デジタル版 日本人名大辞典+Plus (2009年1月20日). 2014年1月10日閲覧。
  4. ^ 高橋富雄 『平泉の世紀―古代と中世の間』 講談社、2012年、ISBN 4062920948

関連項目[編集]