早川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はやかわちょう
早川町
Stone pavement of Akasawa.JPG
赤沢の石畳
早川町旗 早川町章
早川町旗 早川町章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 山梨県
南巨摩郡
市町村コード 19364-0
法人番号 1000020193640 ウィキデータを編集
面積 369.96km2
総人口 935[編集]
推計人口、2021年3月1日)
人口密度 2.53人/km2
隣接自治体 南アルプス市南巨摩郡富士川町身延町
静岡県静岡市
町の木 カツラ
町の花 ミツバツツジ
ヤマセミ(鳥)、ニホンジカ(獣)
早川町役場
町長 辻一幸
所在地 409-2732
山梨県南巨摩郡早川町高住758
北緯35度24分45.4秒東経138度21分47.3秒
Hayakawa Town hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

早川町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
南アルプス上空より見る早川町の山梨県道37号南アルプス公園線。県道沿いに早川が流れる(2006年11月)。

早川町(はやかわちょう)は、山梨県の南西端の国中地方にあるで、静岡県県境を接している。 住民基本台帳に基づく人口が2021年3月1日付で「町」としては日本で唯一1000人を切る994人となり、自然人口が日本一少ない自治体(福島第一原子力発電所事故による影響を受けている福島県内の町を除く)である[1]とともに、山梨県内の町としては最西端に位置している。また、特定非営利活動法人日本で最も美しい村連合」のひとつでもある。

概要[編集]

  • 実質的には、早川沿いの県道南アルプス公園線が、町外へ通じる唯一の道となっている。
  • 過去の歴史から、特定の苗字が多く、人口の約4割の姓が望月である。
  • 住民アンケートの結果により、2002年3月、旧・合併特例法の期限内には合併しないとの決断を下した。

地理[編集]

北部・西部を南アルプス(赤石山脈)、東部を櫛形山系、南部を身延山地に囲まれた山間地域。面積の約96%は山林となっており、急峻な地形に40ほどの集落が点在している。町のほぼ中央を、町名の由来にもなった富士川の支流早川が貫流している。

標高
  • 最高:3189m(間ノ岳山頂)
  • 最低:約330m(山吹発電所付近)

地形[編集]

山地[編集]

主な山

河川[編集]

主な川

湖沼[編集]

主な湖

地域[編集]

人口[編集]

Demography19364.svg
早川町と全国の年齢別人口分布(2005年) 早川町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 早川町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

早川町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接する自治体・行政区[編集]

山梨県の旗山梨県
静岡県の旗静岡県

歴史[編集]

古代[編集]

山間部で平坦地が少ない河内地方では先史古代遺跡は少ないが、1974年昭和49年)から翌1975年(昭和50年)にかけて町史編纂に伴う調査により、町域では19遺跡の存在が確認された。多くは縄文時代の集落遺跡で河川沿いの河岸段丘に点在し、縄文早期末頃から縄文前期後半に遺跡数が増大し、縄文後期後半には減少に転じる。

古代の律令制下では巨摩郡に属する。

中世[編集]

鎌倉時代

中世には鎌倉時代身延山草庵を結んだ日蓮の書簡に「早河」の地名が見られる。

戦国時代

戦国期には河内領主の穴山氏が支配し、町域には黒桂山・保山の金山が開発された。

近世[編集]

江戸時代
  • 甲斐国志によると、早川入りに、初鹿島村、小縄・高住・赤沢村、榑坪村(くれつぼむら)、千須和村(せんずわむら)、薬袋村(みないむら)、塩之上村、笹走村、大島村、雨畑村、草塩村、京ヶ嶋村、保村(ほうむら)、黒桂村、西之宮村、早川村、大原野村、新倉村、湯島村、奈良田村の19ヶ村があった。

沿革[編集]

昭和

政治[編集]

行政[編集]

首長[編集]

町長

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

提携都市
その他

経済[編集]

近世から高度経済成長期までは、自給的食糧生産である焼畑と現金収入の道である林業木工業、鉱山労働、養蚕、換金作物の栽培(コウゾミツマタタバココンニャクシイタケなど)との複合的な生業が営まれてきた。 町中部の茂倉(もぐら)集落の特産である「茂倉うり」のように、他地域との往来が少ない町ならではの伝統野菜もある[2][3]

太平洋戦争後は、林業建設業養豚などの産業も台頭した。 しかし、現在では林業・養豚は主要産業とは言えず、建設業も縮小している。

生活基盤[編集]

ライフライン[編集]

電力[編集]

発電所

教育[編集]

2012年平成24年)度より、町内の小中学校に通学する児童・生徒の教材費や給食費、修学旅行費など義務教育にかかる経費の完全無償化に取り組んでいる。

中学校[編集]

町立
  • 早川町立早川中学校

小学校[編集]

町立
  • 早川町立早川南小学校
  • 早川町立早川北小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町内を鉄道路線は通っていない。鉄道を利用する場合の最寄り駅はJR東海身延線波高島駅となるが、特急停車駅では同下部温泉駅が利用しやすい。

バス[編集]

路線バス[編集]

コミュニティバスとして、身延線下部温泉駅や身延駅へ向かう早川町乗合バスが1日5往復運行されている(詳細は当該項を参照)。

道路[編集]

山梨県の市町村で、唯一国道が通っていない。県道も以下の2路線のみで、他は全て町道または私道である。

県道37号は奈良田より北の区間が夏季はマイカー規制(タクシーや路線バス、緊急車両、その他山梨県から許可を貰った車両のみ通行可)、冬季は閉鎖されているため、自家用車やトラックは通行不可である。県道810号はその先の井川雨畑林道静岡県静岡市葵区(旧井川村)に繋がっているが、長期に渡り通行止となっている。よって町外へ接続している道路は県道37号の身延町へ抜ける区間のみであり、当道路が大雨や大雪で閉鎖されると町外へ移動する手段がなくなる。

不測の事態に備え、各家庭では食料備蓄を行っているが、緊急時の交通手段確保のため、奈良田地区から南アルプス市芦安地区へ抜ける早川芦安連絡道路の建設事業がある。

高速道路[編集]

高速道路の最寄りインターチェンジは、身延町にある中部横断自動車道下部温泉早川ICである。

県道[編集]

観光[編集]

赤沢宿

名所・旧跡[編集]

宿場・街道
そば処武蔵屋:2005年に開業した地元女性のスモールビジネスによる蕎麦屋[4]

観光スポット[編集]

温泉
天然記念物

文化・名物[編集]

祭事・催事[編集]

  • 南アルプス山菜祭り(5月3日
  • 南アルプス紅葉とそば祭り(11月第2日曜)

名産・特産[編集]

方言[編集]

早川町を舞台とした作品[編集]

小説[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]