備蓄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

備蓄(びちく、: acervum: stockréserve: storestockpile)とは、将来の需給の逼迫に備えて物資資源)を蓄えること。大和言葉で「たくわえ」とも。

概要[編集]

備蓄とは、将来的に予測される、需要と供給のバランスが崩れる事態、あるいは発生すると予想される供給の停止などに備えて、必要な物資を蓄えておくことである。なお流通においても、生産側から消費側に物資が流通する過程で、在庫の形により一定の変動に対応可能なシステムが備わっているが、備蓄と表現する場合には、より積極的にそれら物資を貯蔵し、異常事態に備えることを指す。

保存性の高いものは長期間の貯蔵をしても問題が生じにく。特に重要な物資、鍵となる物資については、コスト(在庫コスト、倉庫の費用 など)さえ見合えば行えることになる。保存性の低い物資の場合は、使用期限(や「賞味期限」など)に注意を払いつつ、備蓄する必要が出てくる。大抵は先入れ先出しFIFO)の方法で、つまり先に入手したものから先に使う、という方法で順次入れ替えが行われるのが一般的である。ただし、組織の性質や、物資の性質によっては、ある物資に関しては定期的に「総入れ替え」される場合もある。例えば防災用の非常食は、「総入れ替え」される傾向が顕著である。

特定の物資が欠乏することが、組織や個人の存続に関わるような場合は特に注意深く備蓄が行われる傾向がある。「生存戦略」を考える場合、必須物資の備蓄が行われるのである。様々な組織集団(=社会)が、何らかの形で、必要物資の調達と備蓄を進めている。国家的レベルで行うものも、組織レベル、家庭レベル、個人レベルで行うものも、どれも指しうるわけである。

政府レベル[編集]

政府レベルでは、古くは飢饉や飢餓・天災に備えた食糧備蓄がおこなわれてきた。近代では食料品戦略物資衛生物資などの備蓄が進められている。

食糧の備蓄

食糧が無くなれば、国民・市民の生命が失われるような危機的な状況に陥ってゆくことになる。そこで、多くの国家が基本的な食品に関しては備蓄を確保する傾向がある。食糧自給率が高い場合は比較的安全なのだが、食糧自給率が低い国では食料備蓄に注意深くならざるを得なくなる傾向がある。

燃料の備蓄
石油の備蓄

(以前、人がに乗り、車が馬に引かれ(馬車)、船がで進んでいた時代はさほど問題にはならなかったのだが) 石油で乗り物類(自動車、船舶 等)が動くようになり、航空機も飛ぶようになり、それなしではほとんどの乗り物が動かなくなった19世紀~20世紀以降は、燃料の備蓄が途絶えると、基本的に、車、船舶、航空機等々を動かすことができなくなるので、経済の諸活動が停止してしまう。また軍用機、艦船、軍用車 等々が動かせなくなり、軍隊の機能も停止してしまい、まともに戦うこともできなくなる。したがって、近代・現代では、石油の備蓄は国家戦略上、非常に重要視されている。

小組織や家庭[編集]

個人的な備蓄。(米国、バージニア州、1942年)
店舗内での備蓄。商業会計上、あるいは経理上(簿記上)は、「在庫」という扱いになっている。
食糧備蓄のために行われてきた施設の遺跡。
同じく、歴史的な食糧備蓄施設。野菜の種類にもよるが、生野菜の保存場所としては、地中の場所や半地下の場所(野菜がもともとあった環境に近く、呼吸をできる場所)で暗い場所が向いている、とされている。
南極基地における備蓄
店舗の棚に余裕量を持たせて並べられた商品

流通の専門家や防災の専門家などからは、店舗の商品棚に並んでいる商品も一種の備蓄としての機能を持っている、ということが指摘されることがある。いざ災害となった場合は、商品棚に並んでいる商品も、地域住民の生命をつなぐ上で重要な役割を果たすことになる。災害などが発生した後も、住民のことを考え、(本当は店主自身が被災していて、店舗を営業することが大変なことであっても)あえて店を営業し、各店舗が住民に品物を提供する、ということが実はとても重要なことだ、と指摘されているのである。基本的には、普段どおりの価格で販売されるが、良心的な商店主などによって、(現金を失ってしまった住民、財布も持たずに避難した住民などに向けて)利益度外視、大赤字承知で商品を無料で提供する、などということが行われることがある。このような良心的なことが行われた場合、災害からの復旧後、地域の住民が「返し」でその店で優先的に購入してくれ、とても繁盛するということも起きている。反対に、店主などが強欲な心に駆られて眼先の利益重視で、災害時に商品の値段を意図的に悪質な価格まで釣りあげたり、あるいは商品を売ることを拒んだりした場合は、平時に戻った時に、その強欲ぶりが後々まで人々の間で語り継がれ、人々が怒り、嫌い、店に寄りつかなくなり、やがて店舗が「潰れる」(倒産する)といったこともしばしば起きている。

ただし、備蓄というのは基本的に、普段から、将来を見越して先手を打って行っておくことである。災害などが起きてしまってから、「後手に回って」あわてて購入するようなことは基本的には「備蓄」とは言わない。災害などが起きてしまってから大量買いするような行為は「備蓄」とは呼ばず「パニック買い」と言う。例えば、1973年日本では、石油ショックが起きてしまってから、噂に翻弄されてトイレットペーパー騒動洗剤騒動を起こした。あくまで、備蓄は、平時からそれぞれの判断で先手を打って行うのが肝要である。


歴史[編集]

  • 16世紀ヨーロッパで、鉛筆の材料となる黒鉛は、現在でいう戦略物資並に重要なものだった。同様に、近代的なパルプによる製紙法が確立する以前のの材料が不足した時代には、紙の原料も重要物資だった。


中国[編集]

中国の食糧備蓄に関する資料がある。[1]

日本[編集]

日本では古くから各共同体、各家庭が食糧などの備蓄を行ってきた。

そのために様々な保存食が発明された。

縄文時代には縄文土器にさまざまな食品がたくわえられた。弥生時代には弥生土器に取って代わり、高床式の木造建物内に備蓄された。食品を備蓄する場合、ネズミなどによる食害を防ぐ工夫も必要だった。

最近では、2000年問題インフルエンザの流行、東日本大震災などの反省も踏まえて、各家庭がそれぞれしっかり備蓄を行うことを、日本の行政機関も奨励するようになった。

歴史的に行われてきた食糧備蓄[編集]

現在の国家備蓄物資[編集]

  • 食糧(震災に備えた非常食も含む)
    • コメ
    • 。国が一定期間備蓄した上で、販売する方式がとられた。平成22年に国の備蓄制度が廃止され、「即時販売方式」に変えられ、民間の製粉企業が2-3か月分の備蓄を行うことになった。
  • 石油LPG第二次世界大戦時、アメリカ合衆国から石油の供給を断たれ日本が窮地に立たされたことも、日本が連合国との無謀な戦争に突入してゆく原因のひとつになった。石油の残量が少ないので、人命よりも石油を大切にする状況に追い込まれ、航空機が出撃する時も、はなから死ぬことを決めた状態で、燃料を片道分しか積まず、敵の艦船などに航空機ごと突っ込むという、悲惨な特別攻撃(特攻)が行われた。戦艦大和が出動する時にも、備蓄がほとんどなく、燃料が片道分しか積まれなかった。
  • ワクチン
  • レアメタル

関連項目[編集]