金準備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界各国の一人当たりの金準備
1845年から2012年までの世界金準備(単位:トン)

金準備(きんじゅんび、英語: gold reserve)は、各国の政府中央銀行輸入代金の決済等のために保有している貨幣用の金である[1]

国際通貨基金体制下において、国々の政府と中央銀行は国民経済の安定、インフレ抑制、国際的な信用[2]、輸入代金と対外債務返済等の支払い、国際通貨不均衡の是正、あるいは為替相場介入などのために、一定比率以上の外貨等の資産を保有する義務がある。

準備資産に含まれる項目は、外貨外債などの流動資産、貨幣用の金(ゴールド)、SDR(特別引出権)など[3]

ランキング[編集]

今、アメリカ合衆国は世界最大の金準備を持つ国で、8000トン余りの金を保有している[4]。次はドイツ国際通貨基金イタリアフランス中華人民共和国[5][6]

2015年10月現在
1位:アメリカ:8,133.5t
2位:ドイツ:3,381.0
3位:IMF:2,814.0
4位:イタリア:2,451.8
5位:フランス:2,435.4
6位:中国:1,693.6
7位:ロシア:1,317.7
8位:スイス:1,040.0
9位:日本:765.2
10位:オランダ:612.5
11位:インド:557.7
12位:トルコ:517.1
13位:ECB:504.8
14位:台湾:423.6
15位:ポルトガル:382.5
16位:ベネズエラ:361.0
17位:サウジアラビア:322.9
18位:イギリス:310.3
19位:レバノン:286.8
20位:スペイン:281.6

参考リンク[編集]

  1. ^ 金準備
  2. ^ 金準備
  3. ^ 公的機関の金準備とは?
  4. ^ 世界の中央銀行金保有ランキング
  5. ^ 主要国は金準備増強へ
  6. ^ Latest World Official Gold ReservesWorld Gold Council Published 7th October 2015 ]