経済複雑性指標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経済複雑性指標(Economic Complexity Index 以下ECI)は、国家全体など巨大な経済システムの生産力の特徴を測る全体的な指標である。

複雑性経済学で用いられる他の指標と同様に、経済複雑性指標は経済システムをその部分の合計としてではなく全体として捉え説明することが目的である。

経済複雑性指標はある国家の国民が形成するネットワーク「集団population」が蓄積してきた知識を解明することを狙っており、そのような知識は当該国家の工業的構造として表出すると考える。国家の多様性の指標と製品の遍在性ubiquity(偏在性ではない)の指標を組み合わせることにより、ある国家の輸出品の相対的な複雑性を表したのがECIである。似通った指標に、経済ではなく製品の複雑性指標を測る製品複雑性指標Product Complexity Index/PCIがある。

背景[編集]

ECIはMITメディアラボのCesar A. Hidalgoとハーバード大学ケネディスクールen:Ricardo Hausmannにより提唱された。ECIのデータは経済複雑性観測所英語版(The Observatory of Economic Complexity)というデータビジュアライゼーションのウェブサイトで入手できる。オリジナルの論文は2009年の米国科学アカデミー紀要上で発表された[1]

説明[編集]

日本の輸出ツリーマップグラフ
アンゴラの輸出ツリーマップグラフ

厳密な数学的定義によればECIは国家間をつなぐ行列の固有ベクトルである。ECIは国家の多様度と輸出品目の遍在性の2点を考慮に入れているため、 その国家がいかに多様であるか、またその国家の産業がいかに洗練されているか の両方を測定することができる。

ある国家のECIが「高い」ということは、その国家の

  1. 輸出品目が多岐にわたっており、かつそれらが
  2. 遍在性の低い(例えばロボットアームなどは開発できる国が限られており遍在性が低いといえる)品目であり、またそれらが
  3. 多様性の高い国家で生産されている

ことを示しており、日本(2012年のECIは2.2程度で世界一位)やドイツ(同1.9程度)などが該当する。 逆にある国家のECIが「低い」場合、それはその国家が

  1. 少ない品目しか輸出しておらず、それらが
  2. 遍在性の高い(例えばパルプや鉄のスクラップなど)品目であり、また
  3. あまり多様性の高くない国家で生産されがちである

ことを示しており、アンゴラ(2012年のECIは-2程度)やイラク(同-2.3程度)が該当する。

応用[編集]

HidalgoとHausmannはECIのコンセプトが説明的指標としてだけではなく、経済成長の予測手法としても用いることができると提案している。彼らの2011年の共著「経済複雑性アトラス」(原題Atlas of Economic Complexity)で提唱された統計モデルによると[2]、ECIはひとりあたり国内総生産GDPの伸び率の予測に関し、世界経済フォーラムによるガバナンスや競争力を根拠とした「国際競争力指数」やヒューマン・キャピタルなどの従来の指標よりも正確に予測していたとされる。

ランキング[編集]

2014年[編集]

Rank Country/Territory ECI ECI値の増減(対2013年) 順位変動(対2013年)
1 日本の旗 日本 2.25 減少 0.04 増減なし
2 スイスの旗 スイス 2.10 減少 0.06 増減なし
3 ドイツの旗 ドイツ 2.05 増加 0.1 増減なし
4 スウェーデンの旗 スウェーデン 1.89 増加 0.06 増減なし
5 アメリカ合衆国の旗 アメリカ 1.80 増加 0.22 増加 6
6 大韓民国の旗 韓国 1.74 増加 0.04 増加 1
7 フィンランドの旗 フィンランド 1.74 増加 0.1 増加 1
8 シンガポールの旗 シンガポール 1.73 増加 0.1 増加 2
9 チェコの旗 チェコ 1.70 減少 0.01 減少 3
10 オーストリアの旗 オーストリア 1.65 増加 0.01 減少 1
11 イギリスの旗 イギリス 1.60 減少 0.12 減少 6
12 スロベニアの旗 スロベニア 1.50 減少 0.06 増減なし
13 フランスの旗 フランス 1.46 減少 0.01 増減なし
14 ハンガリーの旗 ハンガリー 1.43 増加 0.09 増加 1
15 オランダの旗 オランダ 1.37 増加 0.24 増加 5
16 スロバキアの旗 スロバキア 1.35 増減なし 減少 2
17 アイルランドの旗 アイルランド 1.32 増加 0.05 減少 1
18 デンマークの旗 デンマーク 1.26 増加 0.07 増加 1
19 イスラエルの旗 イスラエル 1.24 増加 0.02 減少 1
20 メキシコの旗 メキシコ 1.23 増加 0.24 増加 3
21 ノルウェーの旗 ノルウェー 1.23 増加 0.28 増加 3
22 イタリアの旗 イタリア 1.21 減少 0.01 減少 5
23 カナダの旗 カナダ 1.20 増加 0.5 増加 10
24 ポーランドの旗 ポーランド 1.19 増加 0.07 減少 3
25 マレーシアの旗 マレーシア 1.04 増加 0.35 増加 9
Source: Observatory of Economic Complexity, MIT

124の国と地域より上位25か国(地域)

2013年[編集]

順位 国または地域 ECI値
1 日本の旗 日本 2.29
2 スイスの旗 スイス 2.16
3 ドイツの旗 ドイツ 1.95
4 スウェーデンの旗 スウェーデン 1.83
5 イギリスの旗 イギリス 1.72
6 チェコの旗 チェコ 1.71
7 大韓民国の旗 韓国 1.70
8 フィンランドの旗 フィンランド 1.64
9 オーストリアの旗 オーストリア 1.64
10 シンガポールの旗 シンガポール 1.63
11 アメリカ合衆国の旗 アメリカ 1.58
12 スロベニアの旗 スロベニア 1.56
13 フランスの旗 フランス 1.47
14 スロバキアの旗 スロバキア 1.35
15 ハンガリーの旗 ハンガリー 1.34
16 アイルランドの旗 アイルランド 1.27
17 イタリアの旗 イタリア 1.22
18 イスラエルの旗 イスラエル 1.22
19 デンマークの旗 デンマーク 1.19
20 オランダの旗 オランダ 1.13
21 ポーランドの旗 ポーランド 1.12
22 中華人民共和国の旗 中国 0.96
23 メキシコの旗 メキシコ 0.95
24 ノルウェーの旗 ノルウェー 0.95
25 スペインの旗 スペイン 0.93
Source: Observatory of Economic Complexity, MIT

124の国と地域より上位25か国(地域)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Cesar A. Hidalgo, Ricardo Hausmann (2009年). “The Building Blocks of Economic Complexity” (en). PNAS. 2014年9月3日閲覧。
  2. ^ Ricardo Hausmann, Cesar Hidalgo, et al.. “The Atlas of Economic Complexity”. Puritan Press, Cambridge MA. 2012年4月26日閲覧。