国際成人力調査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際成人力調査(PIAAC)は、経済協力開発機構 (OECD)24カ国の成人のスキルを評価する世界規模の調査である。この調査はOCED各国の知識基盤社会における読解力数的思考力、そして問題解決能力のスキルを評価し、各国国民のこれらのスキルを向上させるための情報を提供するのが主目的である。 労働力人口(16歳から65歳まで)に焦点を合わせたこの調査は2013年10月8日にてはじめて公表された。 [1] [2]

背景[編集]

1990年代以来、先進国における読解スキル評価の必要性は2つの主な国際調査によって提起されてきた。
一つは 1994、1996、そして1998年度にて行われた国際成人読解力調査(International Adult Literacy Survey、IALS)、もう一つは2003年度と、2006から2008年度までの間に行われた国際成人読解力および生活スキル調査(International Adult Literacy and Life Skills Survey)である。[3]

調査内容[編集]

PIAACでは読解力, 数的思考力、そしてITを活用した問題解決能力のスキルを調査する: [4]

読解力[編集]

読解力の領域では文章を理解、使用、説明する能力を測定する。読解力は、社会に関わるための知識などの能力を開発するには欠かせない条件である。 PIAACにおける読解力の領域は例えば、薬品のラベルを読んでこれを理解したり、新聞記事の内容を理解する、などの行動を含む。それに加えてオンライン求人広告などのデジタルメディアを理解する作業も含まれる。

数的思考力[編集]

Numeracy refers to the ability to access, use and interpret everyday mathematical information in order to manage mathematical demands in daily life. This is measured, for example, with items involving the evaluation of a special offer or the interpretation of numerical information in figures and tables.

ITを活用した問題解決能力[編集]

PIAAC is the first international survey to implement problem solving in technology-rich environments (ICT). This key skill is defined as the ability to successfully use digital technologies, communication tools and networks to search for, communicate and interpret information. The first wave of PIAAC focuses on how persons access and make use of information in a computer-based environment. Items include sorting and sending e-mails, filling out digital forms, and evaluating the informational content and credibility of different websites.

調査方法[編集]

PIAAC was initiated by the OECD member states in 2008 and, like PISA, it is designed as a multi-cycle programme. Round 1 took place in 2008-13 (main study in 2011[3]), supplementary Round 2 in 2012-16, and Round 3 in 2014-18 (main study in 2016-17).[5] Subsequent cycles will allow future changes in adult skills to be monitored and analysed and will provide first indications of where improvements have been achieved and deficits persist. Twenty-four countries participated in PIAAC Round I. Nine additional countries also expressed interest in participating in PIAAC. At least 5 000 randomly selected respondents between the ages of 16 and 65 were interviewed and assessed in each participating country. The survey was carried out as a personal interview comprising a questionnaire followed by a skills assessment, a computer- or paper-based version of which was independently completed by the respondent in the presence of the interviewer; the entire interview (including the assessment) took between 1 1/2 and 2 hours to administer.[4]

結果[編集]

2013年に調査結果が25言語で公表された。[6] 日本においては、

  1. ・読解力:296(1位)
  2. ・数的思考力:288(1位)
  3. ・ITを活用した問題解決能力(コンピュータ調査を受けた者の平均得点[7]):294(1位)
国家 読解力 数的思考力 ITを活用した問題解決能力 男女差 国内出生者と移民者との
順番 国名 平均点数 落第率 レベル1未満率 平均点数 レベル1未満率 平均点数 IT経験無し+調査拒否+不合格 レベル1未満率 読解力 数的思考力 識字率差
1 アイルランド 266.5 0.5 4.3 255.6 7.1 226.7 32.2 12.6 5.3 11.9 29
2 アメリカ合衆国 269.8 4.2 3.9 252.8 9.1 224.8 15.6 15.8 2.4 14.1 30.8
3 イタリア 250.5 0.7 5.5 247.1 8 41.5 0.4 10.7 29.2
4 イングランド&北アイルランド(イギリス) 272.5 1.4 3.3 261.7 6.3 222.9 14.6 15.1 2.7 14.3 34.3
5 エストニア 275.9 0.4 2 273.1 2.4 229.1 29.1 13.8 2.6 6 15.5
6 オランダ 284 2.3 2.6 280.3 3.5 227.4 11.2 12.5 4 16.7 40.4
7 オーストラリア 280.4 1.9 3.1 267.6 5.7 227.1 21.2 9.2 4.4 13.7 36.9
8 オーストリア 269.5 1.8 2.5 275 3.4 222.6 24.9 9.9 2.5 13.2 31.4
9 カナダ 273.5 0.9 3.8 265.5 5.9 222.6 16.7 14.8 4.4 14.6 33
10 韓国 272.6 0.3 2.2 263.4 4.2 236.5 30 9.8 5.8 10.3 54
11 キプロス 268.8 17.7 1.6 264.6 3.4 38.3 -0.9 7.3 26
12 スウェーデン 279.2 0 3.7 279.1 4.4 227.8 12.1 13.1 5.4 13.6 52.9
13 スペイン 251.8 0.8 7.2 245.8 9.5 33.9 6.8 12.5 34.2
14 スロバキア 273.8 0.3 1.9 275.8 3.5 238 36.4 8.9 -1.8 2.4 -1.8
15 チェコ 274 0.6 1.5 275.7 1.7 229.3 24.6 12.9 4.6 9 3.5
16 デンマーク 270.8 0.4 3.8 278.3 3.4 222.5 14.1 13.9 3.6 10.3 42.7
17 ドイツ 269.8 1.5 3.3 271.7 4.5 219.4 17.7 14.4 5.2 17.3 31
18 日本 296.2 1.2 0.6 288.2 1.2 255.2 36.8 7.6 2.3 12.3
19 ノルウェー 278.4 2.2 3 278.3 4.3 224.5 13.5 11.4 6.8 14.8 43.7
20 フィンランド 287.5 0 2.7 282.2 3.1 234.5 18.4 11 2.3 10.2 53.7
21 フランス 262.1 0.8 5.3 254.2 9.1 28.1 2 10.8 35.4
22 フランドル(ベルギー) 275.5 5.2 2.7 280.4 3 227.8 15.6 14.8 6.6 16 48.4
23 ポーランド 266.9 0 3.9 259.8 5.9 236.5 49.8 12 -1.8 1.9
24 ロシア 275.2 0 1.6 269.9 2 234.4 33.6 14.9
平均 272.8 1.2 3.3 268.7 5 229.2 24.4 12.3 3.5 11.7 33.8
  1. 国名は五十音順
  2. イギリス連合王国及びベルギー内の不参加地域(スコットランド、ウェールズ、ワロン地域)の代わりに、OECD未加盟の2ヶ国(キプロス、ロシア)が参加した。 なお、ロシアの場合はモスクワを除外した残りの地域。
  3. 参加者は5つのレベルで評価される(3つは問題解決能力)。レベル1は176点に相当する。上記のようにレベル1未満のスコアを獲得し「落第」、あるいはレポートでは「欠損」として表現された者は精神、学習障害、あるいは言語的問題により「読解不能」として処理され、平均計算においては85点獲得(最高得点は500点)として扱われる。
  4. 最後から2,3つ目の列は男性の平均得点から女性の平均得点を差し引いたもの。最後の列は国内出生かつ各国の国語を母語とするグループと、外国生まれかつ国語以外を母語とするグループとを比較した。
  5. フランス、イタリア、スペイン、そしてキプロスはITを活用した問題解決能力テストに参加しなかった。
  6. ここでキプロスはキプロス共和国が実効支配している南部だけを指す(北キプロス・トルコ共和国は除外)。

習熟レベルの解説[編集]

読解力および数的思考力[8]

レベル 読解力 数的思考力
欠損 このレベルの者はテストを完了できなかった。
レベル1未満 176点未満 よく知っている話題についての短い文章を読み、特定の情報を1つ見つける。文章には迷わせる情報はほとんど含まれていない。基礎的な語彙に関する知識のみが必要で、センテンスや段落の構造を理解したり、その他の文章の特徴を利用する必要はない。 計算、並べ替え、自然数または金銭を使った基礎的な算数または一般的な空間の概念などの単純なプロセスを行う。
レベル1 176点以上、226点未満 比較的短い文章をコンピュータ上または紙面で読み、質問または指示された情報と同一または同義の情報を見つける。基礎的な語彙を理解し、文章の意味を判断し、まとまった文章を読む知識とスキルが評価される。 数理的な内容が明確な一般的な実際の状況で基礎的な数理的プロセスを行う。通常、計算、並べ替え、基礎的な算数、簡単または一般的な平面または空間図形の要素を特定する、1 つの手順または単純なプロセスを行う。
レベル2 226点以上、276点未満 コンピュータ上または紙面で文章と情報とを照合し、言い換えや簡単な推測を行う。 自然数、小数、パーセント、分数の計算、簡単な測定と空間の概念、推計、文章と図表の中の比較的簡単なデータと統計の解釈を含む、2 つ以上の手順またはプロセスの応用が求められる。
レベル3 276点以上、326点未満 このレベルで出される文章は、難解で冗漫なものが多い。文章と修辞的な構造を理解するとともに、コンピュータ上の複雑な文を探すことが求められる。 数の感覚と空間覚の応用、言葉または数字で表記された数理関係、図形、比率の理解と応用、および文と図表の中のデータと統計の解釈が求められる。
レベル4 326点以上、376点未満 複雑な長文から情報を集めて理解し、まとめる複数段階の操作を行う。多くの問題で、具体的な 1 つ以上の中心的でない考え方を見つけて理解し、わずかな証拠しかない主張または説得力のある対話を解釈、評価することが求められる。 数量とデータ、統計と確率、空間関係、換算、割合、公式について分析とより複雑な推論が求められる。また、回答または選択について、論点を理解し、理論的な説明が求められる。
レベル5 376点以上 複数の難しい文全体から情報を探してまとめる、類似および対照的な思想または見解を要約する、または証拠に基づいた議論を評価することが求められる。回答者は微妙で修辞的な手がかりをみつけて、高度な推測を行ったり、専門的な背景知識を用いる必要がある。 相当量の変換と解釈を必要とする数理的情報を複数まとめる、推論を引き出す、数理的理論またはモデルを開発・応用する、解答または選択の批判的考察などが求められる。

関連項目[編集]

OECD生徒の学習到達度調査(PISA)

脚注[編集]

外部リンク[編集]