下部温泉早川インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下部温泉早川インターチェンジ
所属路線 E52 中部横断自動車道
身延山IC(事業中)
中富IC(事業中)
接続する一般道 山梨県道9号市川三郷身延線
供用開始日 2018年度(予定)
通行台数 x台/日
所在地 山梨県南巨摩郡身延町
テンプレートを表示

下部温泉早川インターチェンジ(しもべおんせんはやかわインターチェンジ)は、山梨県南巨摩郡身延町に建設中の中部横断自動車道インターチェンジ。計画段階での仮称は身延インターチェンジだった。

このインターチェンジは新直轄方式で作られる区間の中にあり、六郷インターチェンジから富沢インターチェンジの間は無料で供用される予定である[要出典]

歴史[編集]

  • 2009年(平成21年)3月20日身延インターチェンジ(仮称)として着工。
  • 2015年(平成27年)9月25日:所在地である身延町が下部温泉早川インターチェンジとする案をまとめる[1]
  • 2016年(平成28年)2月26日:双葉JCT以南の新直轄区間としては唯一仮称と異なる下部温泉早川インターチェンジが正式名となることが国土交通省より発表される[2]
  • 2018年度:下部温泉早川IC - 六郷IC間開通に伴い供用開始予定[3]
  • 2019年度:南部IC - 下部温泉早川IC間開通予定[3]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E52 中部横断自動車道
身延山IC(事業中) - 下部温泉早川IC(事業中) - 中富IC(事業中)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ICに観光地名 身延町が提案へ」(2015年9月25日、山梨日日新聞
  2. ^ 部横断自動車道(新清水JCT~増穂IC) インターチェンジ名称が決定しました。 - 2016年2月27日 国土交通省関東地方整備局
  3. ^ a b 中部横断自動車道(新清水JCT〜増穂IC間)連絡調整会議(第2回)の開催結果について (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 甲府河川国道事務所・中日本高速道路株式会社東京支社 (2016年11月22日). 2016年11月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]