善悪二元論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

善悪二元論(ぜんあくにげんろん)とは、世の中の事象をの二つに分類する事で世界を解釈する認識法。歴史的にはマニ教が有名であり、マニ教を意味するマニケイズム(Manichaeism)は善玉悪玉論の代名詞ともなっている。フリードリヒ・ニーチェは善悪の彼岸を提唱し、キリスト教における善神勝利一元論に即した善悪の二元論を批判したとされるが、そうした自らの言説が善悪二元論を呈するという矛盾に陥った。

関連項目[編集]