善悪の彼岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

善悪の彼岸』(ぜんあくのひがん、ドイツ語原題:Jenseits von Gut und Böse、1886年)は、ドイツ人哲学者 フリードリヒ・ニーチェの著書。副題は「将来の哲学への序曲」(ドイツ語Vorspiel einer Philosophie der Zukunft)となっている。

前著『ツァラトゥストラはこう語った』でのいくつもの考えを取り上げ、さらに詳しく述べている。前著では明るく、生を肯定していたが、本書では高度に批判的、論争的なアプローチへと変えている。

過去の哲学者たちが道徳性について考察するときに、批判的感覚が欠けていた疑いがあることと、とりわけキリスト教の諸前提を盲目的に受け入れていたことを、ニーチェはこの『善悪の彼岸』で非難している。代表的な対象はカントルターである。本書は伝統的な道徳性を、排し進むという意味で、「善悪を超えた(=善悪の彼岸にある)」領域へと進む。伝統的な道徳性を、ニーチェは破壊的な批判にさらすわけである。その批判をするときニーチェが支持するのは、感覚主義やモラリスムであり、近代的個人の危険な状態等と衝突することを恐れない積極的なアプローチと自らみなすものである。ビゼースタンダールを称賛している。

文庫訳本[編集]

外部リンク[編集]