雪男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雪男(ゆきおとこ)は、雪深い山中にいると言われている人とも獣ともつかないUMA(未確認動物)の総称である[1]。 語源はイエティの英訳のabominable snowmanからきたものと言う説を、登山家の根深誠が唱えている[2]

概要[編集]

ヒマラヤ山脈イエティロッキー山脈ビッグフットなどを指すことが多い。日本国内では中国山地ヒバゴンも雪男とされる。なお、「雪男」と訳されるが、本来性別は限定されていない。また雪女は全く別物である。中国では「野人」と呼はれる。それぞれの雪男の共通点として、人里離れた山奥に住む、全身毛むくじゃら、直立二足歩行するという特徴が挙げられる。体色については、白、茶色、灰色など諸説あり、共通認識とはなっていない。

目撃証言はあるが、ヒグマハイイログマ(グリズリー)等の見間違いも多いとされている。それ以外の説としては、毛皮を着た猟師や猿人ギガントピテクス(アジアに生息していた巨大類人猿の化石種)の生き残り、未発見の生物などが挙げられる。ゴリラがヨーロッパでは(ギリシア時代からの記録がありながら)19世紀末まで架空の生物だと思われていたという例もあるので、雪男についても実在を強く信じる人間は少なからずいる。

シェルパは雪男のことを見たものは病気で寝込んでしまう「イエティ」という死神として恐れてきた[1] 一方、ヒマラヤ地域のシェルパが、ヒグマを「イエティ」と認知していたことが判明している(詳細は「イエティ」を参照)。ブータンで「雪男」を指すとされた「メギュ」、チベットでの「テモ」もヒグマを指す名称だった。

しかし、2011年にロシアのケメロヴォ州で開かれた雪男に関する国際会議では、ケメロヴォ州に95%の確率で実在するとの結論が出された[3]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 健部伸明知っておきたい 伝説の魔族・妖族・神族西東社、2012年、22頁。ISBN 9784791683123
  2. ^ “Web東奥・特集/ヒマラヤの雪男の謎を解明する/根深誠さんの手記(5)”. www.toonippo.co.jp (東奥日報). (2004年5月18日). オリジナルの2007年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070318092127/http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/higuma/nebukanote/note3.html 
  3. ^ “「ロシアに雪男いる確率95%」 国際会議で結論”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年10月12日). オリジナルの2011年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111013002628/http://www.asahi.com/international/update/1012/TKY201110120617.html 

関連項目[編集]