ZOMBIO/死霊のしたたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZOMBIO/死霊のしたたり
Re-Animator
監督 スチュアート・ゴードン
脚本 スチュアート・ゴードン
デニス・パオリ
ウィリアム・J・ノリス
原作 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
製作 ブライアン・ユズナ
製作総指揮 マイケル・エイヴェリー
ブルース・ウィリアム・カーティス
出演者 ジェフリー・コムズ
音楽 リチャード・バンド
撮影 マック・アールバーグ
編集 リー・パーシー
製作会社 エンパイア・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 エンパイア・ピクチャーズ
日本の旗 東映クラシック
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年10月18日
日本の旗 1987年3月14日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $900,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,023,414[1]
次作 死霊のしたたり2
テンプレートを表示

ZOMBIO/死霊のしたたり』(ゾンバイオ しりょうのしたたり、原題:Re-Animator)は、1985年制作のアメリカ合衆国ホラーコメディ映画

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト原作のホラー小説『死体蘇生者ハーバート・ウェスト』 (Herbert West–Reanimator) の映画化。スチュアート・ゴードン監督のデビュー作である。

日本でのビデオタイトルは『死霊のしたたり』。シリーズ化され、3作目まで制作された。

あらすじ[編集]

マサチューセッツ州の某大学の脳外科医ヒルの研究室で助手を務めるハーバート・ウェストはある日、死体を蘇生させる血清の発明に成功する。

ハーバートは血清の信用性を確かめるため、同僚のダンと共に死体置場で実験を試みるが、ゾンビとなって暴れだす死体の噂を聞きつけてやって来た学長のホルジーを殺してしまう。ハーバートとダンが血清でホルジーを生き返らせたところ、彼は狂暴なゾンビと化す。

さらに、ハーバートの血清の技術を奪おうとして彼に殺され、実験台にされていたヒルもゾンビと化して暴れ出したため、事態は混乱していく。

キャスト[編集]

吹替その他、阿部晋一大仲マリ鳥飼愛美八阪麻琴

※吹替はBD新録版。

脚注[編集]

外部リンク[編集]