インスマウスの影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「インスマウスの影」を編集中

インスマウスの影』(インスマウスのかげ、: The Shadow Over Innsmouth)あるいは、『インスマスを覆う影』(インスマスをおおうかげ)は、アメリカ合衆国のホラー小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフト1936年に発表した小説。

解説[編集]

ダニッチの怪(1928年)』、『クトゥルフの呼び声(1928年)』と並ぶラヴクラフトの代表作である。後期の作品とされ、ラブクラフトは、1931年に執筆し、パルプ・マガジンウィアード・テイルズ』に送るつもりだったが自信がなく発表しなかった。しかし1936年に友人のロバート・ハワードが自殺、ラブクラフト自身も腸癌、栄養失調と診断され、彼の崇拝者たちによって初めて出版された単行本に収録された。この翌年にラブクラフトも亡くなっており、この作品は、彼の生前に本として出版された唯一のものである[1]

作品は、不幸続きの少年時代に自らの家系を呪われたものと信じたラヴクラフトが血筋への恐怖を描いた。また20世紀初頭の保守的なアメリカ人の例に漏れず、ユダヤ人有色人種異教徒を嫌悪していたラヴクラフトが、その嫌悪感を作中の怪物に重ねて書いたものとも言われている。しかしそれらとの混血、血筋で結ばれているというタブーに異世界住人への憧憬、自己同一視、逆の選民意識も見て取れる。作中では、主人公が嫌いだった風変わりな祖母や入院した従弟など、自分が遠ざけたい相手と自分がよく似ているなどの描写がある。ニューイングランドの荒廃した古い漁村の描写は、恐怖小説の域を超えて秀逸であると評されている[2]。これは、まだ生活に余裕のあった頃のラブクラフトが各地を旅行して古い建物を見て回る好古趣味が反映されている。

あらすじ[編集]

1927年7月、成人の記念にニューイングランドを旅する主人公は、好古趣味と旅費節約のため大人たちの忠告をよそにニューベリーポートからインスマス経由アーカム行きのバスを利用する。かつて賑わったが数十年前に疫病で没落したと噂されるインスマスは、人もまばらな陰気で寂れた港町だった。酔いどれの老人から街の荒廃に関わる恐ろしい空想話を聞かされ主人公は、言いようのない不安を感じるようになる。やがてバス発車の時間になるもアーカム行きの車両が故障したことで主人公は、町のホテルに一泊を余儀なくされる。部屋の電源が意図的に消されたと気づいた深夜、ついに主人公は、怪異と恐怖の影が覆うインスマスからの脱出を決意する。

登場人物[編集]

  • 主人公 - 名前が作中では言及されない。
  • イライザ・オーン - 主人公の祖母。子供の頃から嫌っていた。
  • 酔いどれの老人 - インスマスの荒廃に着いて語る。
  • ウォルター - 主人公の叔父。
  • ダクラス - 主人公の叔父。一族の血筋に着いて調べ、自殺した。
  • ローレンス - 主人公の従弟。入院中。
  • オーベッド・マーシュ - 故人。

クトゥルフ神話への影響[編集]

この作品には、ラヴクラフトの世界観「宇宙的恐怖(コズミックホラー)」がよく表れており、ダゴン秘密教団や「深きものども」などクトゥルフ神話には、欠かす事ができないキャラクターや名称が登場している。

クトゥルフ神話のもっとも有名なキャラクターであるクトゥルフに奉仕する組織としてダゴン秘密教団は、モチーフとして広く取り上げられる。これまでも太古の人知を超えた存在は、人類を脅かす宇宙的恐怖の共通のテーマだったがあくまで怪物で、彼らの奉仕者も人間以外の生物だった。この邪神たちを人間が信仰の対象とする事でキリスト教の対岸にある異教徒たちから見た逆の選民意識を描いている。

舞台となったインスマウス/インスマスは、同じくラブクラフトによって創出された架空の都市アーカムに近く、地理的に取り上げられることが多い。オーガスト・ダーレスの小説『永劫の探求』でも舞台となった。日本においても、1992年TBS佐野史郎主演・小中千昭脚色で翻案ドラマ(邦題:『インスマスを覆う影』)が制作されており、脚本の小中千昭により『蔭洲升を覆う影』の題で小説化されている。2001年に舞台をスペインの漁村「インボカ」(Imboca:ボカとはスペイン語で「口(マウス)」のこと)に変更し、内容も大幅に変更された映画「Dagon(英文Wiki)」が製作された(監督・スチュアート・ゴードン)。

先行作品『壁のなかの鼠』、『チャールズ・ウォードの奇怪な事件』、『ピックマンのモデル』と同じく主人公の血筋に触れる内容があるが、これまでと違い細かな家系図・姻戚関係がラブクラフトによって設定された。このため後発の作品において主人公と同じ血筋に属するキャラクターが設定されることもある。

脚注[編集]

  1. ^ 酷い製本、印刷だったという。(国書刊行会 定本ラヴクラフト全集1 ラヴクラフト=テクストにおける諸問題(S.T.ヨシ) など)
  2. ^ 実際にラヴクラフトが小旅行で取材したものだが、このようなリアルな描写が入ってくることはラヴクラフトの作品においては珍しい。

参考文献[編集]