ケイオシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Chaosium Inc.
企業形態 株式非公開
業種 ウォーゲームロールプレイングゲームボードゲームファンタジーおよびホラー小説の出版社
設立 1975年
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州アナーバー(創業時はオークランド
代表者等 Greg StafordSandy PetersenRick Meints、Jeff Richard、Neil Robinson、Michael O'Brien
製品 クトゥルフ神話TRPG』、『ルーンクエスト』、『ストームブリンガー』、 HeroQuest
ウェブサイト Chaosium Inc.

ケイオシアム: Chaosium Inc.)はアメリカ合衆国ロールプレイングゲーム(RPG)出版社。1975年にグレッグ・スタフォード英語版により創設された。現在営業しているRPG出版社の中では最古の一つである[1]。最初に発売されたタイトルWhite Bear and Red Moon(後のDragon Pass)は、スタフォードが創作したファンタジー世界グローランサを舞台にしたウォーゲームであった。ケイオシアム製のゲームは長年にわたって高く評価され、数々の賞を受賞してきた。グローランサ世界を舞台にした『ルーンクエスト』やラヴクラフトの小説に基づく『クトゥルフ神話TRPG』はケイオシアム製テーブルトークRPGの代表作である。

創業者のスタフォード自身、1985年にウォーゲームに関するチャールズ・S・ロバーツ賞英語版の殿堂入りを果たしている[2]優れたゲームデザイナーだが、それ以外にも多くの著名なゲームデザイナーがケイオシアム社のゲーム制作に関わってきた。例として以下が挙げられる。

LinkedInの創業者、リード・ギャレット・ホフマンは12歳の時にケイオシアムのエディターとして初めて給金を得た[3]

歴史[ソースを編集]

1975年、スタフォードは神話的なファンタジー世界グローランサを描いた自作のボードゲームWhite Bear and Red Moonを出版するためにケイオシアム社(The Chaosium)を設立した[1]。スタフォードによれば、自宅の近くにあるオー・ドットコー・「コロシアム」と、「大混乱(ケイオス)」の単語を組み合わせて社名を決めたという[4]。当初ケイオシアムは主としてボードゲームの販売を行っていたが、1981年までにはTRPG部門が主力となっていた[1]

1978年、グローランサ世界を舞台とするTRPG『ルーンクエスト』が発売された。初版のゲームデザインはスティーブ・ペリンによる。1980年には同作第2版が発売され、以降6年にわたって数多くのサプリメントが刊行された。同作の先進的なスキルシステムと、宗教文化に至るまで詳細に設定された背景世界は高く評価され、その後のRPGの発展に大きな影響を与えた[1]

ケイオシアムは1980年にChaosium Inc.として正式に法人化された。この年、スタフォードとリン・ウィリスはルーンクエストのルールを16ページにまで簡略化して『ベーシック・ロールプレイング』(BRP)というルールシステムを作成した。BRPはスキル制の汎用ルールシステムで、GNS理論でいうシミュレーショニスト的なアプローチを取っていた。あらゆる背景世界に応用できる汎用ルールシステムという発想は、80年代に展開されたHero System、『ガープス』などに先駆けるものだった[1]。ケイオシアムはBRPをベースにしていわゆる「d100システム」のゲームを多数リリースした。その代表である『クトゥルフ神話TRPG』(Call of Cthulhu[注 12]は特筆すべきヒット作となり、1982年の初版から現在まで版を重ねている。BRPを採用した作品としては、ほかにも『ストームブリンガー』(原作『エルリック・サーガ』)やElfquest(原作Elfquest)、Ringworld(原作『リングワールド』)などが挙げられる。これらは既存の小説やコミックブックを原作にしたTRPGの草分けでもあった[1]

1983年、ケイオシアムは大手ウォーゲーム出版社アバロンヒルと『ルーンクエスト』第3版の出版に関するライセンス契約を結んだ。アバロンヒルが同作の印刷・製本と販売を担当し、ケイオシアムはゲーム開発と編集に専念するというものだった[1][4]。スタフォードが期待していたように『ルーンクエスト』の売り上げが飛躍することはなかったものの[4]、1992年にケン・ロールストンがアバロンヒルの下でシリーズを統括するようになると、良質な製品の刊行が続いて世評が高まり、「ルーンクエスト・ルネッサンス」という言葉が生まれた。とはいえ、この時期にはケイオシアムは『ルーンクエスト』の制作に関与しなくなっていた[1]。後にアバロンヒルは『ルーンクエスト』の刊行を放棄し、その版権はいくつかのゲーム出版社の間を渡り歩いた。

分裂と統合[ソースを編集]

1998年、Call of Cthulhu関連のトレーディングカードゲームMythosの展開失敗により、ケイオシアムは深刻な経営不振に陥った[1]。スタフォードは社長の座を返上してケイオシアムを退社した。Call of Cthulhu初版のデザイナーであったサンディ・ピーターセンも同時期に社を離れた。ケイオシアムは事実上いくつかのスピンオフ会社へと分割され、それぞれが製品ラインの一部を引き継いだ[1]。ケイオシアムの古株社員で共同所有者でもあったチャーリー・クランクとリン・ウィリスはケイオシアムにとどまり、それぞれ社長とチーフエディターを務めた[1]

スタフォードが設立したイサリーズ社(en)もスピンオフ会社の一つである。スタフォードは背景世界グローランサの権利を保持しており、新作TRPG『ヒーローウォーズ英雄戦争英語版』およびHeroQuestの制作に活用した。その後、スタフォードはグローランサ世界および関連シリーズのライセンスをムーンデザイン社(en)に譲渡した。

2000年代の初頭、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(WotC)社に端を発するd20システムのブームが起きた。ケイオシアムもこれに追随して『ストームブリンガー』のd20版であるDragon Lords of Melnibonéを刊行(2001年)したほか、WotCにd20版Call of Cthulhu(『コール・オブ・クトゥルフ d20』)の版権を与えた[5]

2003年にケイオシアムは何度目かの経営危機に陥った[5]。この時期にケイオシアムの経営を支えていたのは、製本の質を落としたサプリメント書籍、ケイオシアム・モノグラフの直接販売であった。一時期のモノグラフは同人誌に近いもので、布テープで製本したコピー本が販売されたこともあった[5]。 70年代に獲得していたマイケル・ムアコック作品の原作使用権を譲渡したのもこの時期であった[5]。やがて、地道に続けられたモノグラフの刊行と、クトゥルフ関連ゲームのライセンス事業により、ケイオシアムの経営は徐々に好転していった[5]

ケイオシアムは2012年からKickstarterによって資金調達を行い始めた。2013年にはCall of Cthulhu第7版の出版がKickstarterプロジェクトとして実施された[6]。これは1992年以来の大規模なルール改定として注目され、TRPG関連プロジェクトの水準を超える56万ドルの出資を獲得した[5]。しかし、プロジェクト規模を大きくし過ぎたことと、海外出資者への郵送コストの問題により、ケイオシアムのKickstarterプロジェクトは遅延を重ね、収益性が悪化していった[5]。そのさなか、ケイオシアムの株式を保持し続けていたスタフォードとピーターセンが2015年から取締役として経営に復帰した。ほどなくしてクランクは退職し、スタフォードが代表取締役社長、ピーターセンがクリエイティブ部門のリーダーに就任して経営の建て直しが図られた[5]

同年末のGen_Con2015において、ムーンデザイン社がケイオシアムの系列会社となり、同社スタッフがケイオシアムの経営陣に加わることが発表された[7]。これにより、グローランサ世界と関連TRPGシリーズ(Hero Quest、『ルーンクエスト』)すべての版権がケイオシアム社に集結することになった。またCall of Cthulhuの刊行継続もアナウンスされた[7]

2016年4月より、Kickstarter出資者に対してCall of Cthulhu第7版の完成品が発送され始めた[8]

小説[ソースを編集]

ケイオシアムは1993年にゲーム以外の書籍(主に小説)の出版を開始した。その多くはH. P. ラヴクラフトによるクトゥルフ神話に関するものだった。ただし、同社から最初に出版された書籍はグローランサを舞台にしたグレッグ・スタフォードのファンタジー作品King of Sartar[9]であった。

2015年のアンソロジーCassilda's Song[10]ロバート・W・チェンバースの著作『黄衣の王』を下敷きにしたもので、寄稿者は全員が女性だった。本作は2015年の世界幻想文学大賞の2部門にノミネートされた[11]

ケイオシアムの出版物ではないが、スーパーヒーローSF小説のシリーズWild Cardsは、ケイオシアムのTRPG、Superworldキャンペーンを小説に書き下ろしたものである。このキャンペーンはゲーム・オブ・スローンズの脚本で知られるジョージ・R・R・マーティンゲームマスターを務め、その友人の作家たちがプレイヤーとして参加していた[12]

雑誌[ソースを編集]

ケイオシアムはこれまでに自社商品のプロモーションを目的とする雑誌を3誌刊行してきた。

  • Wyrm's Footnotes ― 1976年から1982年までの間に14号が出版された。当初はWhite Bear and Red Moonを始めとするケイオシアム製ゲームを広く扱っていたが、1981年の11号からは『ルーンクエスト』の雑誌になった[13]。第14号以来、約30年にわたって刊行が途絶えていたが、2012年にムーンデザイン社によって第15号が出版された[14]
  • ディファレントワールズ ― 隔月刊で47号が出版された。ただし、ケイオシアムの下で出版されたのは1979年から1985年までの間の38号である。編集を担っていたタダシ・エハラ(en)は古くからのケイオシアム社員であったが、ケイオシアムの経営状態が破産寸前にまで落ち込んでいた1985年にSleuth Publications社に移り、1987年までディファレントワールズの刊行を続けた[1]
  • Starry Wisdomラヴクラフト神話をテーマにした季刊誌で、1997年に3号が出版された。

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 代表作『ルーンクエスト』。
  2. ^ 代表作『クトゥルフ神話TRPG』。『エイジ オブ エンパイア』、『Quake』、『DOOM』などの制作に参加。
  3. ^ ベーシック・ロールプレイング』、『クトゥルフ神話TRPG』、『ストームブリンガー』などの制作に参加。
  4. ^ 代表作『ルーンクエスト』第3版、『The Elder Scrolls IV: オブリビオン』、『パラノイア』第2版。
  5. ^ 代表作『クトゥルフ神話TRPG』第4版~第5版。
  6. ^ 代表作Mythos
  7. ^ 代表作『トンネルズ&トロールズ』、Wasteland、『ストームブリンガー』。
  8. ^ 代表作『ヒーローウォーズ―英雄戦争英語版』。
  9. ^ 代表作『ダンジョンズ&ドラゴンズ』第3版、第3.5版。
  10. ^ 代表作『ダンジョンズ&ドラゴンズ』第4版
  11. ^ 代表作Arduin
  12. ^ 同作の日本語版タイトルは『クトゥルフの呼び声』から『コール・オブ・クトゥルフ d20』、さらに『クトゥルフ神話TRPG』へと変遷を重ねた(別項参照)。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Shannon Appelcline. “A Brief History of Game #3: Chaosium: 1975-Present”. RPGnet. 2016年8月15日閲覧。後にShannon Appelcline (2015). Designers & Dragons: The '70s (Second edition ed.). Evil Hat Productions. ISBN 1613170750. に収録。
  2. ^ The Awards Story:1985”. The Charles S. Roberts Awards. 2016年8月15日閲覧。
  3. ^ A King of Connections Is Tech’s Go-To Guy”. The New York Times (2011年11月5日). 2016年8月15日閲覧。
  4. ^ a b c G. Staford. “A Brief History of Chaosium, Inc.”. 2016年8月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h Shannon Appelcline. “Advanced Designers & Dragons #3: Chaosium - Recent History: 1997-Present”. RPGnet. 2016年8月17日閲覧。
  6. ^ Call of Cthulhu 7th Edition”. 2016年8月17日閲覧。
  7. ^ a b GREG STAFFORD ANNOUNCES NEW OWNERSHIP GROUP FOR CHAOSIUM AT GEN CON”. Chaosium Inc.. 2016年8月16日閲覧。
  8. ^ Ben Riggs (2016年4月29日). “Cthulhu Company Kickstarted Itself to Death, Then This Happened”. 2016年8月16日閲覧。
  9. ^ Greg Stafford (1993). King of Sartar. Chaosium Inc.. ISBN 0933635990. 
  10. ^ J. S. Pulver, ed (2015). Cassilda's Song. Chaosium Inc.. ISBN 1568820828. 
  11. ^ 2016 World Fantasy Awards Finalists”. 2016年8月17日閲覧。
  12. ^ Shannon Appelcline (2011). Designers & Dragons. Mongoose Publishing. pp. 87. ISBN 978-1-907702-58-7. 
  13. ^ Shannon Appelcline. “Magazine Indices: Glorantha”. 2016年8月16日閲覧。
  14. ^ Wyrms Footnotes 15”. Moon Design Publication. 2016年8月17日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]