朱鷺田祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朱鷺田 祐介(ときた ゆうすけ、1962年6月22日-)は日本TRPGデザイナー、ライター。スザク・ゲームズ代表。

経歴[編集]

横浜市立大学在学中にSF研究会を立ち上げる。主な作品として『パラダイス・フリートRPG』、『深淵』、『真・女神転生TRPG 覚醒篇』、『真・女神転生III―NOCTURNE TRPG~東京受胎~』、『真・女神転生TRPG 魔都東京200X』、『極楽艦隊・逆襲篇』、『ブルーローズ』、『上海退魔行』、『クトゥルフ神話TRPG 比叡山炎上』などがある。

また、海外ゲームの翻訳や紹介も手がけており、マジック:ザ・ギャザリングでは日本で初めて商業誌にルール紹介記事を執筆したり、第4版の翻訳チームの一員としてカードの翻訳を手がけたりしている。RPGマガジン誌上では金澤尚子とコンビを組んで紹介漫画にも「ウィザード・トキリン」として登場した。黎明期の日本マジック界を支えた人物の一人である。

その他にも、パソコン通信サービス「ニフティサーブ」において、RPGフォーラム(FRPG)のシスオペを務めていたこともある。

現在はバンタンゲームアカデミーの講師も務めている。

2007年には『シャドウラン』の第4版の日本語版の翻訳も手がけた。

主な作品[編集]

著作[編集]

翻訳[編集]

タイトル後の年は日本語版の発売年。

その他[編集]

  • 『ドラゴンリング コミック版ファンタジーRPG入門』(1989年) 原作
  • 『クトゥルフ神話 超入門』(新紀元社、2012年)監修

外部サイト[編集]