後藤寿庵 (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 寿庵(ごとう じゅあん、1964年6月21日[1] - )は、日本漫画家

概要[編集]

1964年岩手県水沢市(現奥州市)に生まれる[1]。ペンネームの由来はキリシタン領主であった後藤寿庵。寄付の宛先は後藤謙治(ごとう けんじ)になっている[2]

大学進学を機に上京。同人誌『楽書館』(主催:水野流転)や『BOOM』(主催:赤司俊雄)に参加する。

1985年、『漫画ブリッコ』(白夜書房)掲載の「宇宙刑事アホー」でデビュー[1]。この作品は、「宇宙刑事漫画」というテーマで同誌が募集した読者投稿作品であり、誌面1pに対し原稿2枚を掲載するものとなっている。これ以前に商業誌に掲載された作品として、漫画評論誌『ぱふ』の読者参加企画に投稿された「まるぱの洋子ちゃん」がある(実際には、編集部から依頼を受け、一度だけサクラとして執筆している)。なお、「まるぱの洋子ちゃん」は『日ペンの美子ちゃん』パロディで、当時ぱふ編集部員であった南田洋(藤島康介)が執筆していた4コマ漫画である。

過去に、シーランド公国男爵位を所持していた[3]

単行本[編集]

短編[編集]

  • さらばスケバン刑事 愛の戦士達 - 「別冊COMIC BOX 2 セーラー服少女伝説」(1987年ふゅーじょんぷろだくと)に収録。
  • スケバン刑事IIIかぁ? - 同上(ただし、目次では「スケバン刑事かぁ?」と表記されている)。

同人誌[編集]

  • 他殺志願(猟奇描写あり)
  • 卒業斬首式(同上)
  • 民主帝国シリーズ
  • Childhood's Endヨウネンキノオワリ

その他の仕事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 後藤寿庵 Visual Workshop>このサイトについて - 作者公式サイトのプロフィールによる
  2. ^ 公式サイトの「寄付の宛先」より。
  3. ^ 爵位Get、後藤寿庵 Visual Workshop ※リンク先失効
  4. ^ 『クトゥルー神話ダークナビゲーション』(編集:森瀬繚ぶんか社2006年ISBN 978-4-8211-0915-9
  5. ^ [1] 僕なんか大学出て漫画家やってる時にゲームのOPアニメのしごともらったことあってさ。ハドソンのPCエンジンゲーム「ダイナスティックヒーロー」

外部リンク[編集]