漫画ブリッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漫画ブリッコ』(まんがブリッコ)は、1980年代に存在した成人向け漫画雑誌である。ロリコン漫画誌の草分けであると同時に、多くの才能を生み出したことでも知られる。この雑誌(および刊行されたコミックス)の企画刊行には、白夜書房の名物営業担当として知られる藤脇邦夫がかかわっていた[1]

歴史[編集]

創刊[編集]

セルフ出版発行・日正堂発売で、1982年に創刊された。後に白夜書房の発行・発売となる。

A5平綴じで、当初は、日頃あまり顧みられることのないアダルト劇画の往年の名作を復刻収録することを主眼としたアダルト劇画雑誌だった。表紙が南伸坊、巻頭にはヌードグラビアが、内容は高橋春男の四コマと石井隆羽中ルイ中島史雄富田茂などアダルト劇画で占められていた。また『ジャストコミック』等からの再録も行われていた。

路線変更[編集]

販売不振に悩み、半年後の1983年に、編集者が東尾孝から大塚英志(読者コーナー等ではオーツカ某名義)と小形克宏(読者コーナーではおぐゎた名義、後にアリスクラブの編集にも携わる)に代わり、5月号より内容をリアルな絵の劇画から、劇画調であっても、より可愛い女の子の絵の書ける作家に変更した。表紙は南伸坊から谷口敬に変え、ハードな絵柄の石井隆や富田茂などの連載を切り、よりソフトな飯田耕一郎火野妖子沢木あかね大原彩生を入れた。さらに洋森しのぶ(後のひろもりしのぶ・みやすのんき)や寄生虫藤原カムイなどを発掘した。また、高橋春男、神保あつし等の四コマも切り、岡崎京子の独り言的なコーナーや中森明夫の東京おとなクラブJr.などを入れ、劇画雑誌のイメージを払拭した。同11月号からは表紙を少女マンガ的なかがみあきら(あぽ名義)に変更、劇画色を完全に払拭した。巻頭のヌードグラビアも廃し、完全にロリコン美少女マンガ誌に姿を変えた。それにより販売部数も上昇し、人気も高くなった。読者層は半数が十代だったという。

2大ロリコン誌[編集]

この売り上げ増加により2大ロリコン系漫画誌として『レモンピープル』と並び称されるようになった。作家陣は専属ではなく、両誌で執筆していた作家もある。また、『レモンピープル』が同人誌の紹介に力をいれていたのとは対照的に、読者投稿欄を拡充し、イラストの投稿紹介などに力を入れ、時にはその投稿者にマンガを書かせ、掲載した。そこでは狂言回しとして編集者がそのキャラクターを露出することが多かったのもこの雑誌の特徴である。また、岡崎京子白倉由美などの女性作家による独りごと的なページも一つの特徴になっていた。

当時発行されていたメロンCOMICハーフリータプチ・パンドラロリコンHOUSEアリスクラブぺあ等のロリコン誌は殆どがB5またはA5の平綴じであり、両誌のフォロワーを自認するものであることが窺える。

おたく[編集]

83年6月号から3号にわたり、当時「東京おとなクラブ」の発行人だった中森明夫が、「『おたく』の研究」を連載した。コミックマーケットに集まるマニアのことを『おたく』と名づけた最初の文章である。その中でおたくを批判する内容の文章が掲載されたことが大きな波紋を呼んだ。

読者投稿コーナーにおいて、中森の文章をおたくに対する偏見であると批判した、読者のほんの数行の文章投稿に呼応し、編集長の大塚英志が1ページ以上にわたる中森批判を展開した。その後中森は大塚により、本誌から追放されることとなる。

なお、現在は「オタク」とカタカナで表記されることの多いこの言葉は、当時はひらがなの表記だった。 カタカナによる表記が一般化したのは、1996年の岡田斗司夫のオタク学入門以降である。

姉妹誌[編集]

1984年にはほぼ同じ編集・作家メンバーで『いけないCOMIC』(発行・白夜書房)を創刊。1985年7月の6号まで発行された。

廃刊[編集]

大塚は、本誌をロリコン雑誌から、より少女漫画志向の強い方向性への転換を画策。しかし、これは経営陣の反発により頓挫、編集長交代となる。大塚は本誌を離れ、本誌でやろうとしていた方向性を徳間書店リュウ」で探る事となる。

1986年に人気を保ったままに廃刊、内容的には数ヵ月後に創刊された『漫画ホットミルク』にそのまま引き継がれた。

本誌は寿命は短かったものの、その影響は大きかった。多くのロリコン系と言われる書き手を育てた。また、少女漫画の枠にはまらない女流若手を出した意味も大きい。読者欄はそのまま漫画ホットミルクに引き継がれ、この両誌の投稿欄からデビューした作家も多い。

出身作家[編集]

以下にこの雑誌でデビューした、あるいは最初期の活動を行った書き手を挙げる。

ロリコン・美少女系[編集]

女流非少女漫画系[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤脇『出版アナザーサイド』(本の雑誌社)