漫画ブリッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
漫画ブリッコ
ジャンル 三流劇画ロリコン
読者対象 青少年
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 400円→500円
出版社 セルフ出版白夜書房
発行人 東尾孝
編集人 東尾孝
大塚英志
斎藤礼子
企画営業 藤脇邦夫
刊行期間 1982年9月 - 1985年12月
ウェブサイト 漫画ブリッコの世界
特記事項 後継誌は『漫画ホットミルク
テンプレートを表示

漫画ブリッコ』(まんがブリッコ)は、白夜書房が発行していた成人向け漫画雑誌。『レモンピープル』と並ぶロリコン漫画誌の草分けであると同時にコアマガジン発行の漫画雑誌の源流にあたる[1]。また誌上で「おたく」という言葉を生み出し、サブカルチャー雑誌として多くの才能を生み出したことでも知られる。

当初は三流劇画誌として1982年9月[2]に創刊され、1983年5月号から大塚英志小形克宏を編集長に迎えた美少女まんが誌としてリニューアルされた。最後の編集長は『漫画ホットミルク』初代編集長の斎藤O子

歴史[編集]

創刊[編集]

セルフ出版発行・日正堂発売で、1982年9月に創刊された(後に白夜書房の発行・発売となる)[2]。誌名の由来は松田聖子ぶりっ子ぶりから[1][3]

A5平綴じで、当初は日頃あまり顧みられることのない三流劇画の往年の名作を復刻収録することを主眼としたエロ劇画雑誌だった。初期の表紙は南伸坊が担当し、巻頭にはヌードグラビアが掲載され、内容は高橋春男の四コマと石井隆羽中ルイ中島史雄富田茂などアダルト劇画で占められていた(また『ジャストコミック』等からの再録も行われていた)。なお企画刊行には白夜書房の名物営業担当として知られる藤脇邦夫が関わっている[4]

路線変更[編集]

販売不振に悩み、半年後の1983年に編集長が東尾孝から大塚英志(読者コーナー等ではオーツカ某名義)と緒方源次郎(現・小形克宏。読者コーナーではおぐゎた名義。群雄社出版で『ロリコン大全集』『アリスくらぶ』『コレクター』の編集にも携わる)に代わり、5月号より美少女コミック誌として唐突にリニューアルされる(この時点で『レモンピープル』に次いで日本で2番目のロリコン漫画誌であった)[5]

表紙は南伸坊から谷口敬に変更し、ハードな絵柄の石井隆富田茂などの連載を切り、よりソフトな飯田耕一郎中田雅喜火野妖子五藤加純沢木あかね大原彩生を入れた。さらに洋森しのぶ(後のひろもりしのぶ・みやすのんき)や寄生虫(増田晴彦)のほか藤原カムイなどを発掘し、日本初のロリコン漫画同人誌『シベール』に参加していた計奈恵早坂未紀森野うさぎ豊島ゆーさくも新たに起用した。

また高橋春男、神保あつし等の四コマを切って、岡崎京子の独り言的なコーナーや中森明夫の「東京おとなクラブJr.」などを取り入れるなど次第にカオスな誌面になり、同年11月号からは表紙を少女漫画的な絵柄のかがみあきら(あぽ名義)に変更して劇画誌のイメージを払拭、巻頭のヌードグラビアも廃し、美少女コミック誌へと完全に姿を変えた。それによって人気が高まり販売部数も上昇した。ちなみに読者層の半数は10代の女性だったという[6]

2大ロリコン誌[編集]

この売り上げ増加により、2大ロリコン系漫画誌として『レモンピープル』と並び称されるようになった。

作家陣は専属ではなく、両誌で執筆していた作家もある。また『レモンピープル』が同人誌の紹介に注力したのとは対照的に、予算の都合で読者投稿欄を拡充しイラストの投稿紹介などに力を入れ、優れた投稿者には漫画を描かせて掲載した[6]。なお掲載作品や読者投稿コーナーでは狂言回しとして編集者(オーツカ某おぐゎた斎藤O子)がそのキャラクターを露出することが多かったのもこの雑誌の特徴である。また岡崎京子白倉由美などの女性作家による独り言的なページも一つの特徴になっていた。

ちなみに当時発行されていた『メロンCOMIC』『ハーフリータ』『プチ・パンドラ』『ロリコンHOUSE』『アリスくらぶ』『ぺあ』など後続のロリコン誌は殆どがB5またはA5の平綴じであり、両誌のフォロワーを自認するものであることが窺える。

「おたく」の誕生[編集]

1983年6月号から3回にわたり本誌上で、当時『東京おとなクラブ』の発行人だったコラムニスト中森明夫が「『おたく』の研究」というコラムを連載した。コミックマーケットに集まるマニアのことを「おたく」と名づけた最初の文章である。その文中で「おたく」を批判する内容が掲載されたことが大きな波紋を呼んだ。読者投稿コーナーにおいて、中森の文章を「おたくに対する偏見である」と批判した読者のほんの数行の文章投稿に呼応し、編集長の大塚英志が1ページ以上にわたる中森批判を展開した。論争の末、中森は大塚により弾劾され、本誌から永久追放されることになる。

現在は「オタク」とカタカナで表記されることの多いこの言葉は、当時はひらがな表記だった。カタカナによる表記が一般化したのは、1996年の岡田斗司夫の『オタク学入門』以降である。

なお同1983年6月号には、岡崎京子の商業誌デビュー作も掲載されている。

姉妹誌[編集]

リニュアール以前の1983年1月15日に大塚英志小形克宏の企画で『COMICキュロットDX』(『劇画パニック』増刊)というロリコン漫画誌がセルフ出版(後に白夜書房)から発行されている(主な執筆者は中島史雄谷口敬飯田耕一郎火野妖子藤原カムイ中田雅喜夏目房之介など)[7]。後に小形は「結果的にこれが『ブリッコ』のパイロット版になりました。幸いそれがある程度実績を上げることができ、当時左前になっていた『ブリッコ』の編集を引き継ぐ形で、我々がやることになったと記憶します」と回想している[7]

また1984年にはほぼ同じ編集・作家メンバーで隔月刊『いけないCOMIC』(発行・白夜書房/編集人・東尾孝/発行人・森下信太郎)を創刊[8]。大塚が本誌を降板する1985年7月の6号まで発行された。

廃刊[編集]

大塚英志は本誌をロリコン雑誌から、より少女漫画志向の強い方向性への転換を画策した。しかし、これは経営陣の反発により頓挫する。ほどなく大塚は白倉由美との対談連載において白夜書房に対する内部批判を展開しはじめ[4]、1985年9月号をもって創刊当初からの編集助手[3]である斎藤礼子(O子)に編集長交代となった[9]。その後、大塚は白夜書房を離れ、本誌でやろうとしていた方向性を徳間書店の漫画雑誌『リュウ』で探ることとなる。

なお大塚は『漫画ブリッコ』から撤退した理由として同誌1985年7月号および著書『「おたく」の精神史 一九八〇年代論』で次のように語っている。

さて、モンダイの重大発表です。結論からいいます。7月23日発売の9月号を最後に大塚英志は編集長をおります。(中略)一口でいってしまえば、「マイナーの時間」は終わったのです「祭りの時間」が終わった──といってもいいわけだけど、とにかく、時代は次に向かって動きだしているのです。かがみあきらが逝き、藤原カムイが去ったように、もはや、ほくも、作家たちもコマを次に進める時間が来ているのです。次の始まりのために終わることが、『ブリッコ』には必要だったのです。しかし会社の答えは「エロ路線の『ブリッコ』はいるが、新生ブリッコは必要ない」とゆーことでした。そこそこもうかっているのだから、今後も危ないことはせずにそこそこにやって行けば(すなわち現状維持)いい、ということでした。けれど、可能性を断ち切られて、現状維持の本作りを強いられるのは、はっきりいってしんどいことです。それは、もはやただのビジネスでしかないわけです。だから、ひとまず7月で『漫画ブリッコ』は終わります。8月からのブリッコは普通の商業誌です。むろん、商業誌として、充分におもしろい雑誌作りはしていくはずだし(元・編集長の責任としてその部分ではしばらく『ブリッコ』をサポートします)、それは期待してくれてかまいません。でも、あの『漫画ブリッコ』はなくなります。雑誌に寿命がある以上、引き際がかんじんです。ズルズル続けることは後退でしかありません。やりたいことはたくさんあるし幸いにもそれができる場所はたくさんあります。『八犬伝』じゃないけれど『ブリッコ』が解体することで、様々な可能性や、才能が珠となって四散していきます。『ブリッコ』という小さな世界で終わろうなどと、誰も(ぼくも作家も)思っていなかった以上、それは当然のことです。そして、最後に言っておきたいのは7月23日を最後に、今までの『ブリッコ』はキレイさっぱりと忘れて二度と思い出さないこと。まさかそんなことはないだろーけど、『COM』のよーに後で評価される、なんてまっぴらごめんです。死んだ子の歳を数えてもしょうがないわけで、読者は前向きに生きること。そして、藤原カムイ白倉由美いくたまきら、『ブリッコ』を通りすぎていった作家や、日本で一番偉大な編集者である私の今後の様々な仕事を追いかけていきなさい。いつまでも「ブリッコ」「ブリッコ」とこだわっている子は遊んであげません。以上を胸にきざみ込んで、ついてきたい人はついてきなさい。むろん誰もついて来なくても私はかまわないのだった。 — 白夜書房『漫画ブリッコ』1985年7月号「重大発表」より抜粋
白夜書房との関係は彼(かがみあきら)の死をきっかけにギクシャクし出した。彼が急逝したのは白夜書房で彼の単行本を刊行した直後で、彼の死を白夜書房に連絡するとすぐさま重版の話をしたことにぼくはずっと腹を立てていたのだ。営業的には彼の判断が正しかったのだろう。今のぼくなら一方で友人の死を悲しみつつも彼のように作家の死がもたらす経済性についても冷徹に判断するだろう。だがぼくはまだ若く、そして死んだのは「友達」だった。青い、といってしまえばそれまでだが、担当していたまんが家が急逝するという初めての体験の後遺症から、ぼくは長い間抜け出せなくなる。鏡味が死んでから半年ぐらい後、僕は勝手に『漫画ブリッコ』の休刊を誌上で予告し(これは当然、社内どころか取次でも問題となった)、雑誌そのものを「自殺」させている。出版社や他の執筆者には迷惑だったに違いないが、鏡味のおかげで売れた雑誌だから彼の死に雑誌が殉じるべきだと、当時誰にも言わなかったがそうぼくは思い込んでいた。僕は予告通り雑誌の編集人を降り、白夜に強引にすすめられアニメ誌を立ち上げるが、それも一号でぶん投げた。仕事はずいぶんと増えていたが、次から次へと来る仕事をぶち壊していた。僕が立ち直るのはそれから二年ほど後のことで、角川書店の営業の人間に引き合わされて角川書店の副社長だった角川歴彦とホテルのバーで口論し、売り言葉に買い言葉のような形で角川のまんが出版に関わるようになってからだ。 — 大塚英志『「おたく」の精神史 一九八〇年代論』星海社文庫 2016年3月 pp.208-209

その結果、本誌は人気を保ったまま1986年2月号(1985年12月23日発売)をもって廃刊。O子は編集後記で「2月末頃、新体制でまたお目にかかれると思います」といった言葉を残し、後継誌が存在することを予告して終刊した。内容的には数ヶ月後に創刊されたO子編集の『漫画ホットミルク』(白夜書房コアマガジン)にほぼそのまま引き継がれた。

本誌は路線変更から2年半と寿命こそ短かったものの、その影響は大きく数多くのロリコン・美少女系漫画家を育てた。また少女漫画の枠にはまらない若手女流作家を輩出した意味も大きい[4]。読者コーナーはそのまま『ホットミルク』に引き継がれ、この両誌の投稿欄からデビューした作家も多い[10]

出身作家[編集]

以下にこの雑誌でデビューした、あるいは最初期の活動を行った描き手を挙げる。

ロリコン・美少女系[編集]

女流非少女漫画系[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 稀見理都 (2012年12月10日). “祝コアマガジン エロマンガ30周年!!”. えろまんがけんきゅう(仮). 2020年4月20日閲覧。
  2. ^ a b 創刊号の発行日は名目上「昭和57年(1982年)11月1日」となっているが、大塚英志『「おたく」の精神史 一九八〇年代論』(星海社文庫 2016年3月 53頁)には「82年9月に創刊」という記載があり、実際の発売日は発行日よりも約1ヶ月ほど早かった。
  3. ^ a b 白夜書房『漫画ブリッコ』1986年2月号、222頁
  4. ^ a b c 藤脇邦夫『出版アナザーサイド ある始まりの終わり 1982-2015』本の雑誌社 2015年 56-64頁
  5. ^ 大塚英志『「おたく」の精神史 一九八〇年代論』星海社文庫 2016年3月 53頁
  6. ^ a b 大塚英志『「おたく」の精神史 一九八〇年代論』星海社文庫 2016年 127頁
  7. ^ a b 竹熊健太郎 (2005年3月15日). “中森明夫『おたくの研究』をめぐって (2)”. たけくまメモ. 2020年4月20日閲覧。
  8. ^ 昼間たかし (2012年2月5日). “昼間たかしの「100人にしかわからない本千冊」3冊目『いけないCOMIC』1985年1月号大特集 戸川純にただ単にミーハーしたいっ!”. 日刊サイゾー. 2020年4月21日閲覧。
  9. ^ 白夜書房『漫画ブリッコ』1985年7月号、大塚英志の「重大発表」
  10. ^ 漫画ホットミルク』初期の作家では唯登詩樹りえちゃん14歳天竺浪人かわはらしんなどが読者投稿イラストからデビューした(稀見理都「美少女コミック雑誌のゲンバ」第15回「漫画ホットミルク」キルタイムコミュニケーション『二次元ドリームマガジン』2016年6月号・Vol.88所載)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]