石井隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いしい たかし
石井 隆
本名 石井 秀紀
別名義 出木 英杞
生年月日 (1946-07-11) 1946年7月11日
没年月日 (2022-05-22) 2022年5月22日(75歳没)
出生地 日本の旗 日本宮城県仙台市
死没地 日本の旗 日本東京都
職業 脚本家映画監督漫画家
ジャンル 映画テレビドラマ
公式サイト 石井隆の世界
主な作品
死んでもいい
ヌードの夜』シリーズ
GONIN』シリーズ
 
受賞
キネマ旬報 脚本賞
1992年度『死んでもいい』
テッサロニキ国際映画祭
最優秀監督賞
1992年『死んでもいい』
高崎映画祭
最優秀作品賞
第9回『ヌードの夜』
テンプレートを表示
石井 隆
本名 石井 秀紀
生誕 (1946-07-11) 1946年7月11日
日本の旗 日本宮城県仙台市
死没 (2022-05-22) 2022年5月22日(75歳没)
職業 漫画家脚本家映画監督
活動期間 1970年 -
ジャンル 劇画
公式サイト 石井隆の世界
テンプレートを表示

石井 隆(いしい たかし、1946年7月11日[1] - 2022年5月22日)は、日本漫画家脚本家映画監督。本名・石井 秀紀[1][2]

宮城県仙台市出身[1]宮城県仙台第二高等学校を経て、早稲田大学商学部卒業。

経歴・人物[編集]

早稲田大学では「映画研究会」に所属[1]。在学中からライターとして生活を支える[1]。卒業後の1970年、『事件劇画』誌で出木英紀のペンネームで劇画漫画家としてデビュー[2]1975年頃より主に「ヤングコミック」誌等で執筆する[2]。自作『天使のはらわた』(1977年)が大ヒットし、1978年から日活ロマンポルノにてシリーズ映画化される。シリーズ第2作にて自ら脚本を手がけることとなり[1]、脚本家としてもデビューする。

1970年代後半に巻き起こった扇情的な劇画ブームの中では、メランコリックな展開と読者を圧倒するタナトスを映画的構図と緻密な描画を駆使して導入、一貫して心魂を傾け続けた作品群により多くの作家と一線を画して脚光をあびた。

その後も、数々の劇画原作・脚本を手がけ、1988年に『天使のはらわた 赤い眩暈』で監督としてもデビューする[1]

監督する映画に同じ俳優が幾度も出演する傾向があり、著名な俳優としては竹中直人椎名桔平、女優では大竹しのぶ余貴美子などが複数作品に出演している。

2022年5月22日、がんのため自宅で死去[3]。75歳没。関係者によればここ3年ほど闘病生活を送っていたが、周囲に伝えることはしていなかったという[3]

受賞歴[編集]

作品[編集]

映画[編集]

監督・脚本[編集]

脚本[編集]

原作[編集]

  • 女高生 天使のはらわた(1978年)
  • 天使のはらわた 赤い教室(1979年)
  • 天使のはらわた 名美(1979年)
  • 天使のはらわた 赤い淫画(1981年)
  • 縄姉妹 奇妙な果実(1984年)
  • ルージュ(1984年) 
  • 夢犯(1985年) 
  • 赤い縄 〜果てるまで〜(1987年) 
  • 天使のはらわた 赤い眩暈(1988年)
  • ガッデム!!(1991年)
  • 黒の天使 Vol.1(1998年)
  • 黒の天使 Vol.2(1999年)
  • フィギュアなあなた(2013年)
  • GONIN サーガ(2015年)[6]

映像作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚本[編集]

メイキング[編集]

構成・演出[編集]
  • 『花と蛇』密着写真集 官能遊戯(2004年)
  • 『花と蛇2 パリ 静子』杉本彩 緊縛遊戯(2005年)
  • 女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞 映画『人が人を愛することのどうしようもなさ』 より(2007年)
  • 佐藤寛子 - メタモルフォーゼ - 映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』より(2010年)
  • 佐々木心音 セカンド・ステージ 映画「フィギュアなあなた」より(2013年)
  • 壇蜜 仮面を脱ぐとき 映画「甘い鞭」より(2013年)
  • 間宮夕貴 やわらかい卵 映画「甘い鞭」より(2013年)

ミュージックビデオ[編集]

DVD用短編[編集]

脚本・監督[編集]
  • フィギュアなあなた(2006年)

漫画[編集]

作品集(単行本化のみ)[編集]

未単行化連載[編集]

  • 魔奴(1978〜1980年)
  • デッド・ニュー・レイコ(1990〜1991年)

未単行化読み切り雑誌掲載[編集]

  • 白昼淫夢(1976年、「No. 5」跋折羅)

原作提供[編集]

イラストレーション[編集]

画集[編集]

装幀・挿絵[編集]

  • 草川隆『アポロは月に行かなかった』(1970年)- カバー・挿絵
  • 草川隆『とてもこわい幽霊妖怪図鑑』(1974年)- 挿絵
  • 北冬書房編集部 『殲滅 中島貞夫の映画世界』(1974年)- カバー
  • 実相寺昭雄 『闇への憧れ 所詮、死ぬまでのヒマツブシ』(1977年)- カバー・挿絵
  • 響京介 『百恵の唇 PART2・愛獣』(1979年)- カバー・扉・イラスト
  • 日向野春総 『新感覚を発掘する体位術入門』(1987年)- 巻末イラスト

ポスターイラスト[編集]

  • 演劇 『無縁童女往生絵巻』(1971年 シアター夜行館)
  • 映画 『蛇と女奴隷』(1976年)監督:向井寛
  • 映画 『九月の冗談クラブバンド』(1982年)監督:長崎俊一
  • 映画 『制服肉奴隷』(1985年)監督:すずきじゅんいち
  • 演劇 『ぼくらガジェット人間』(銀幕少年王)
  • 演劇 『ハッピージャンク・シティ』(銀幕少年王)

舞台背景[編集]

  • 演劇 『無縁童女往生絵巻』(1971年、シアター夜行館)

写真[編集]

写真集[編集]

  • ダークフィルム 名美を探して(1980年)- 構成・スチール撮影
  • カメラ毎日別冊『NEW NUDE 3』(1986年)- 競作
  • 映画『花と蛇』生写真集(2004年)- 監督・監修
  • 映画『花と蛇2 パリ 静子』写真集(2005年)- 監督・監修(カット選定)
  • 妖舞裸身(2006年)- 脚本・監督・スチール撮影
  • 映画『人が人を愛することのどうしようもなさ』写真集(2007年)- 監督・監修(カット選定)
  • 映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』写真集(2010年)- 監督・監修(カット選定)
  • 映画『フィギュアなあなた』佐々木心音写真集(2013年)- 監督・監修(カット選定)
  • 映画『甘い鞭』壇蜜写真集(2013年)- 監督・監修(カット選定)
  • 映画『甘い鞭』間宮夕貴写真集(2013年)- 監督・監修(カット選定)

小説[編集]

関連文献[編集]

  • 『別冊新評 青年劇画の熱風! 石井隆の世界』 新評社、1979年1月

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 日外アソシエーツ編集部 編 『漫画家・アニメ作家人名事典』日外アソシエーツ、1997年4月21日、36頁。ISBN 4-8169-1423-4 
  2. ^ a b c 『Fusion Product 創刊号』ふゅーじょんぷろだくと、1981年7月。PP134-135。
  3. ^ a b "「天使のはらわた」など映画監督の石井隆さん死去、75歳 2、3年前からがん闘病、周囲に伝えず". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 9 June 2022. 2022年6月10日閲覧
  4. ^ a b 第25回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭実行委員会. 2017年1月29日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報 ベスト・テン 1992年・第66回”. キネマ旬報社. 2017年1月29日閲覧。
  6. ^ 東出昌大主演「GONIN サーガ」、石井隆が書き下ろした原作小説が発売”. 映画ナタリー (2015年9月7日). 2015年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]