ヌードの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヌードの夜
監督 石井隆
脚本 石井隆
製作 稲見宗孝
岡田裕
成田尚哉
新津岳人
出演者 竹中直人
余貴美子
音楽 安川午朗
撮影 佐々木原保志
編集 川島章正
製作会社 サントリー=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ
配給 ヘラルド・エース
公開 日本の旗 1993年12月18日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う
テンプレートを表示

ヌードの夜』(ヌードのよる)は、1993年公開の日本映画

ストーリー[編集]

村木哲郎(竹中直人)は、何でも屋だ。廃ビルを事務所兼自宅にして、ゴミ掃除から犬の散歩まで何でも請け負って気儘なその日暮しをしている。そんな村木の事務所に、依頼人・土屋名美(余貴美子)が訪ねて来た。東京に出て来て右も左も分からないので、観光案内をして欲しいという。村木は、名美に頼まれるまま東京の名所を案内して回って無事依頼をやり遂げた。その夜、名美から電話が掛かって来た。急遽帰ることになったので、ホテルに預けた荷物を自宅に送って欲しいという。指定されたホテルの部屋に行ってみると、そこには何と男(根津甚八)の変死体が転がっていた。ここで初めて、村木は自分が嵌められたことに気付いた。このままでは殺人の濡衣を着せられてしまう。村木は慌てて部屋を掃除し、男の死体をスーツケースに詰めて逃げ出した。例の依頼人は一体何処の誰なのか?村木は、何でも屋の経験と伝手を使って名美を探し出そうとするのだが……

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:石井隆
  • 製作:稲見宗孝、岡田裕
  • プロデューサー:成田尚哉、新津岳人
  • 脚本:石井隆
  • 撮影:佐々木原保志
  • 美術:山崎輝
  • 照明:安河内央之
  • 音楽:安川午朗
  • 録音:杉山篤
  • 編集:川島章正

脚注[編集]

外部リンク[編集]