GONIN サーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GONIN サーガ
監督 石井隆
脚本 石井隆
製作 安田猛
水口昌彦
小沼修
石井隆
新村秀樹
製作総指揮 井上伸一郎
出演者 東出昌大
桐谷健太
土屋アンナ
柄本佑
安藤政信
竹中直人
音楽 安川午朗
撮影 佐々木原保志
山本圭昭
寺田緑郎(撮影応援)
編集 石井隆
阿知波孝
制作会社 ファムファタル
製作会社 『GONIN サーガ』製作委員会
配給 KADOKAWA
ポニーキャニオン
公開 2015年9月26日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4500万円[1]
前作 GONIN
テンプレートを表示

GONIN サーガ』(ごにん サーガ)は、2015年9月26日に公開された石井隆監督による日本のバイオレンスアクション映画作品。主演は東出昌大[2]

概要[編集]

石井監督によって制作された1995年公開の『GONIN』の正統続編にあたり、『GONIN』から19年後を描いた作品となっている[2]

これまで『GONIN』『GONIN2』と作られシリーズ化が予定されていたが、松竹での「奥山和由解任騒動」などの事情により中断となっていた[3]。しかし、関係者の尽力により、松竹や奥山と一切関係のない[注 1]KADOKAWAの作品として続編の企画が始動した。

また、俳優業を引退していた根津甚八が前作に出演していた事もあり、石井監督の強い要望に応え、11年ぶりに1作限りの復帰を果たした作品でもある。その後、根津は2016年12月29日に死去したため、これが遺作となった。

第34回バンクーバー国際映画祭・Dragons&Tigers部門[4]、第45回ロッテルダム国際映画祭・Genre:DNA部門[5]、第43回ゲント映画祭[6]正式招待作品。

メインキャスト[編集]

久松 勇人
演 - 東出昌大(幼少期 - 佐久間悠
暴力団五誠会系大越組の若頭だった久松茂(演 - 鶴見辰吾)の息子。
大越 大輔
演 - 桐谷健太(幼少期 - 六車勇登
暴力団五誠会系大越組の組長だった大越康正(演 - 永島敏行)の息子。今は五誠会3代目の式根誠司の用心棒をしている。
菊池 麻美
演 - 土屋アンナ(幼少期 - 琉花
元グラビアアイドル。式根誠司の愛人。
森澤 慶一
演 - 柄本佑(幼少期 - 悠斗
19年前の事件を追うルポライター。
式根 誠司
演 - 安藤政信
五誠会3代目で芸能事務所社長。五誠会初代会長・式根(演 - 室田日出男)の孫。
久松 安恵
演 - 井上晴美
茂の妻で、勇人の母。
大越 佳津子
演 - りりィ
康正の妻で、大輔の母。
余市
演 - 福島リラ
明神と常に行動を共にしている女殺し屋。
百合香
演 - 松本若菜
式根誠司の婚約者。誠司の裏の顔を知らない。
松浦 譲
演 - 菅田俊
19年前は式根誠司のボディーガードを務めていた。今は、五誠会系松浦組の組長。
黒木 正行
演 - 井坂俊哉
松浦組の組員で、松浦のボディーガード。
式根 隆誠
演 - テリー伊藤[7]
五誠会2代目会長。初代会長の息子で誠司の父。
氷頭 要
演 - 根津甚八
汚職でクビになった元刑事。前作で京谷(演 - ビートたけし)の銃弾を受けるが、植物状態となったまま19年生きていた。
久松 茂
演 - 鶴見辰吾
大越組の若頭。勇人の父。
万代 樹彦
演 - 佐藤浩市(友情出演)
明神
演 - 竹中直人
五誠会2代目が雇ったスナイパー。表向きは探偵事務所で探偵をしている。
演じる竹中は前作『GONIN』の企画段階から携わって出演したほか、『GONIN2』にも出演している[8]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

関連商品[編集]

小説
映像ソフト
  • セル(発売・販売:KADOKAWA、2016年3月25日)
    • GONIN サーガ ディレクターズ・ロングバージョン Blu-ray BOX、規格品番:DAXA4954
    • GONIN サーガ ディレクターズ・ロングバージョン DVD BOX、規格品番:DABA4954
    • GONIN サーガ Bl-ray 通常版、規格品番:DAXA4955
    • GONIN サーガ DVD 通常版、規格品番:DABA4955
    • GONIN Bl-ray トリプルパック(『GONIN』『GONIN2』『GONIN サーガ』合計3枚組)、規格品番:DAXA4956
  • レンタル(発売・販売:ポニーキャニオン、2016年04月02日)
    • GONIN サーガ レンタル Blu-ray
    • GONIN サーガ レンタル DVD

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第1作自体、松竹ではなく出演者の竹中直人サイドから企画が始動している。第1作はぶんか社とイメージファクトリー・アイエムの共同製作作品であり、松竹や奥山和由はプロデュースと劇場配給以外一切関与していない。
  2. ^ 映画『赤い玉、』・『ピース オブ ケイク』、テレビドラマ『雲霧仁左衛門2』・『天皇の料理番』・『あさが来た』とともに受賞

出典[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報』2016年3月下旬 映画業界決算特別号、75頁。
  2. ^ a b 石井隆監督『GONIN』、正統続編が19年ぶりに製作!東出昌大VS.安藤政信!”. シネマトゥデイ (2014年6月17日). 2015年2月20日閲覧。
  3. ^ GONINサーガ撮影日誌内
  4. ^ 「GONIN サーガ」がバンクーバー国際映画祭へ、監督・石井隆が喜びつづる”. 映画ナタリー (2015年9月16日). 2015年9月17日閲覧。
  5. ^ 「GONIN サーガ」第45回ロッテルダム国際映画祭に正式招待決定!”. 映画.com (2016年1月12日). 2016年9月6日閲覧。
  6. ^ Archived: Gonin Saga - Film Fest Gent”. Film Fest Gent. 2017年1月31日閲覧。
  7. ^ テリー伊藤、『GONIN』続編で安藤政信が恐れる父親に!”. シネマトゥデイ (2015年3月19日). 2015年3月19日閲覧。
  8. ^ 『GONIN』続編、竹中直人&福島リラが最凶の殺し屋コンビに”. シネマトゥデイ (2015年2月20日). 2015年2月20日閲覧。
  9. ^ キネマ旬報ベスト・テン発表、「恋人たち」「マッドマックス」が1位に輝く”. 映画ナタリー (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。
  10. ^ 「映画芸術」2015年日本映画ベストテン&ワーストテン発表!”. 映画芸術 (2016年1月19日). 2017年3月20日閲覧。
  11. ^ “「バクマン。」が日本映画プロフェッショナル大賞でベストワン&作品賞”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). http://natalie.mu/eiga/news/180925 2016年3月25日閲覧。 
  12. ^ 2016年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2017年1月31日閲覧。
  13. ^ 東出昌大主演「GONIN サーガ」、石井隆が書き下ろした原作小説が発売”. 映画ナタリー (2015年9月7日). 2015年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]