奥寺佐渡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥寺 佐渡子(おくでら さとこ、女性、1966年 - )は、日本脚本家岩手県出身。東海大学文学部卒業。

最初は特に脚本家になろうと考えていたわけではなく、たまたま大学当時に書いた脚本がディレクターズ・カンパニーの公募に受かって相米慎二監督から連絡されたが、卒業後は就職先として決定していた石油会社で普通に働きながら、3年ほど深夜番組の台本を副業で書いていたという[1]

1980年代半ばに『鳩よ!』にて詩人としてデビュー。1993年に相米の『お引越し』で脚本家デビュー。1995年には『学校の怪談』で日本アカデミー賞脚本賞受賞。1998年には文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学。2010年には『サマーウォーズ』で第9回東京アニメアワード個人賞(脚本賞)を受賞している。2012年、『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞[2]

主な作品[編集]

Category:奥寺佐渡子の脚本作品も参照。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ映画[編集]

テレビアニメ[編集]

著書[編集]

  • 主婦は八百屋に娘は水に(詩集・1986年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ vol.15 シナリオライター 奥寺佐渡子さん - 日活
  2. ^ 第35回日本アカデミー賞優秀賞発表! - 日本アカデミー賞公式サイト 2012年3月3日参照。

参考文献[編集]