長崎俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながさき しゅんいち
長崎 俊一
生年月日 (1956-06-18) 1956年6月18日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオ
配偶者 水島かおり

長崎 俊一(ながさき しゅんいち、1956年6月18日[1] - )は、日本の映画監督。妻は女優水島かおり[2]

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身[1]栄光学園の高校生だった頃から、8ミリ映画の製作に取り組み、文化祭で上映するなどしていた[3]。小説家の保坂和志とは同級生であり、映画制作仲間でもあった[3]

日本大学藝術学部映画学科に在学中の1978年、『ユキがロックを棄てた夏』を監督する[4]。同作は、現在のぴあフィルムフェスティバルの前身である第2回ぴあ展「自主制作映画展」で入賞した[5]

1980年、秋からATG作品『九月の冗談クラブバンド』の撮影に入るが、事故で負傷し撮影を中断する[3]。1982年、劇場用映画の初監督作品『九月の冗談クラブバンド』が公開される[6]。1986年、日本人では初めてサンダンス・インスティテュート英語版に招かれ、研修の機会を得た[7]

1991年、『誘惑者』がサンダンス映画祭にて上映される[8]。2005年、山崎まさよし主演の『8月のクリスマス』を手がける[9]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 夢子惨死(1977年) - 監督・脚本・製作
  • ユキがロックを棄てた夏(1978年) - 監督・脚本・製作・編集
  • クレイジィ・ラブ(1978年) - 監督・製作
  • ハッピーストリート裏(1979年) - 監督・脚本・製作・編集
  • 映子、夜になれ(1979年) - 監督・脚本・製作
  • 風たちの午後(1980年) - 脚本・製作
  • 闇打つ心臓(1982年) - 監督・脚本
  • その後(1982年) - 監督・脚本
  • 九月の冗談クラブバンド(1982年) - 監督・脚本・編集
  • ロックよ、静かに流れよ(1988年) - 監督・脚本
  • 妖女の時代(1988年) - 監督
  • 誘惑者(1989年) - 監督
  • 三月のライオン(1992年) - 出演
  • J MOVIE WARS ワイルドサイド(1993年) - 監督・脚本
  • ナースコール(1993年) - 監督
  • ロマンス(1996年) - 監督・脚本
  • ドッグス(1997年) - 監督・脚本・編集
  • 死国(1999年) - 監督
  • 柔らかな頬(2000年) - 監督・脚本
  • 闇打つ心臓 Heart, beating in the dark(2005年) - 監督・脚本
  • 8月のクリスマス(2005年) - 監督・脚本
  • 黒帯 KURO-OBI(2006年) - 監督
  • 西の魔女が死んだ(2008年) - 監督・脚本
  • 少女たちの羅針盤(2011年) - 監督
  • 唇はどこ?(2015年) - 監督

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 夜のストレンジャー 恐怖(1991年) - 監督・脚本

脚注[編集]

  1. ^ a b 長崎 俊一”. 武蔵野美術大学. 2015年10月14日閲覧。
  2. ^ 水島かおり. “水島かおり”. 2010年12月31日閲覧。
  3. ^ a b c 保坂和志長崎俊一のこと」、『ムッシュ・シネマ』第6号、鎌倉で映画と共に歩む会、鎌倉、2006年1月、2010年12月31日閲覧。
  4. ^ 特別講義:女優・水島かおり氏×映画監督・長崎俊一氏”. 名古屋工芸大学 (2009年6月8日). 2015年10月14日閲覧。
  5. ^ 映画祭History”. ぴあフィルムフェスティバル. 2015年10月14日閲覧。
  6. ^ ディレクターズ・ディレクション・ライブ2014(監督の演出法公開講座)”. 東京工芸大学. 2015年10月14日閲覧。
  7. ^ 広木隆一吉田博昭、長崎俊一「サンダンス・インスティテュ-ト体験記」、『キネマ旬報』第1208号、キネマ旬報社、東京、1996年12月、 81-112頁、 ISSN 13425412NAID 400006523262010年12月31日閲覧。
  8. ^ Rayns, Tony. “The Enchantment”. Sundance Institute. 2010年12月31日閲覧。
  9. ^ 『8月のクリスマス』プレミア試写会”. fjmovie.com (2005年9月21日). 2015年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]