エグゼクティブ・プロデューサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
製作総指揮から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

エグゼクティブ・プロデューサー:executive producer)は、プロデューサーのさらに上の職で、管理職・幹部に当たる。製作/制作製作総指揮/制作総指揮などの名義でクレジットされる場合が多い(NHKでは「制作統括」と呼ぶ)。

放送[編集]

テレビでは、NHKのドキュメンタリスト桜井均が理事待遇であったり、フジテレビジョン石田弘などが役員待遇にされている場合もある。

その他の著名な人物[編集]

例外的な用法[編集]

フジテレビの『全力!脱力タイムズ』において、総合演出の名城ラリータ2019年4月よりプロデューサーを兼務することとなり、スタッフロール上の名義が「制作総指揮」に変更されたが、実際の役割は前述のとおりであり、エグゼクティブプロデューサーとしての意味合いは込められていない(この場合においては、チーフプロデューサーよりも制作総指揮の方が下位となる)。

音楽[編集]

フジパシフィック音楽出版朝妻一郎上原徹など、音楽出版社レコード会社、あるいは芸能事務所の代表がクレジットされる。

音楽プロデューサーとしては、楽曲の最終チェックをしている。

作曲、編曲に一切携わらなくなってからの長戸大幸も、シングル楽曲については全曲チェックしていた。

アニソンではスターチャイルド大月俊倫などが有名。

映画[編集]

映画ビジネスにおいての代表者や社長、権利所有者がクレジットされる場合が多く監督やプロデューサーよりも上位であることが多い。ただし、名義貸しに近いケースもあるので一概には言えない。

ゲーム[編集]

コンピュータゲーム業界で見られる。なお、任天堂においては「エグゼクティブ・プロデューサー」は代表取締役社長に対してのみ使用されている。