和田洋一 (スクウェア・エニックス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わだ よういち
和田 洋一
生誕 1959年5月28日(56歳)
別名 ハウジングおじさん
プレジデント神羅
出身校 東京大学

和田 洋一(わだ よういち、1959年5月28日 - )は、日本実業家スクウェア・エニックス及びタイトーの代表取締役社長を務めた。

来歴・人物[編集]

愛知県立千種高等学校卒業。東京大学法学部卒業。 1984年4月、野村證券入社。 2000年4月、株式会社スクウェア入社。同年6月取締役兼CFO、2001年12月代表取締役社長兼CEOに就任。

株式会社スクウェアと株式会社エニックスの合併に伴い、2003年4月から株式会社スクウェア・エニックスの代表取締役社長に就任。2008年10月から2013年6月まで持株会社スクウェア・エニックス・ホールディングス代表取締役社長を務める。2013年3月期の業績が最終益130億円の赤字となった責任を取り、2013年6月に辞任。[1] [2] 2009年度から義務付けられた役員報酬の開示制度では、報酬額2億400万円であることが公表された。

2006年から2012年まで社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)会長を務めた。また、経団連著作権部会長(2006年~2013年)、コンテンツ・日本ブランド専門調査会の委員(2007年~2009年)なども歴任[3]

2011年以降、『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』のインターネットライブに度々出演し、そのたびにハウジング(ゲーム中のプレイヤーが所有できる住宅システム)周りの資料を持ってくることから、ついには同作プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹から「ハウジングおじさん」の名前を賜った(後に正式な肩書になり、スタッフロールでは「Mr. Housing」とクレジットされている)。

2014年9月、スクエニHD傘下の海外子会社で、クラウドゲーミング企業であるShinra Technologies, Inc. 並びに日本子会社であるシンラ・テクノロジー・ジャパンを立ち上げ、社長に就任。 新たなクラウドゲーミングの展開が注目されたが、2016年1月、Shinra Technologies, Inc. 並びにシンラ・テクノロジー・ジャパンも解散し、退任した。[4][5][6]

2016年4月、藍綬褒章を受章[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
辻本憲三カプコン
CESA会長
第3代: 2006年 - 2012年
次代:
鵜之澤伸バンダイナムコホールディングス