吉田直樹 (ゲームクリエイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
よしだ なおき
吉田 直樹
Naoki Yoshida at the press conference of Final Fantasy 14 in South Korea, Oct 14, 2014.jpg
2014年10月14日
韓国での『FF14』プレスカンファレンスにて
生誕 (1973-05-01) 1973年5月1日(45歳)
日本の旗 日本 北海道札幌市
国籍 日本の旗 日本
別名 吉P(ヨシP)
魔界からの使者ダリー
なおにい
ミラクルフラッシュ吉田 [注釈 1]
職業 ゲームクリエーター
ゲームプロデューサー
肩書き 取締役執行役員(開発・部門担当)
第5ビジネスディビジョン ディビジョン・エグゼクティブ
取締役会 スクウェア・エニックス

吉田 直樹(よしだ なおき、1973年5月1日[1]- )は、日本のゲームクリエイター実業家北海道札幌市出身。スクウェア・エニックス取締役執行役員

略歴[編集]

札幌生まれだが、中学高校時代は函館で過ごす。函館稜北高校出身[注釈 2]。高校卒業後はハドソン系列の専門学校を経て、1993年ハドソン入社。PCエンジン向けタイトルの開発をはじめに、『天外魔境』シリーズや『ボンバーマン』シリーズのゲームデザインを手がける[3]

2004年末頃に『ドラゴンクエスト オンライン』(後の『ドラゴンクエストX』)を作るという齊藤陽介の招聘で翌2005年1月にスクウェア・エニックスに入社[4]。その間、ディレクターとして『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』シリーズを制作。

『ドラゴンクエストX』ではチーフプランナーを務め(主にライブ周りやハウジングを担当)、2007年末から2009年半ば頃までは一時離脱していたディレクターの藤澤仁の代理も務めた。その藤澤が復帰し業務が安定したところで、社命で新規プロジェクトを立ち上げることになり、『ドラクエX』のプロジェクトから離れることとなった[5]

2010年12月10日、『ファイナルファンタジーXIV』の品質を向上させるため、田中弘道及び河本信昭の両名に代わり、同ソフトのプロデューサー兼ディレクターに就任した[6]

2015年3月10日、スクウェア・エニックスは4月1日付けで執行役員制度を導入することを発表し、その一人に吉田が選任された。管掌は開発担当[7]

2018年3月1日、スクウェア・エニックスは取締役会の構成を見直す一環として、4月1日付で吉田を含む既存の執行役員8名を取締役に選任することを発表。執行役員と兼務し、取締役兼執行役員となった[8]。執行役員としての管掌は引き続き開発・部門担当となる。

人物[編集]

幼少の頃からゲームが好きで「マリオブラザーズ」「ドラゴンクエスト」等に熱中していた。社会人になってからも「ストリートファイターIII」「キングオブファイターズ」などの格闘ゲームや、「ディアブロ」「ウルティマオンライン」「エバークエスト」「ダークエイジオブキャメロット」などのオンラインゲームをやり込んでいる。

ゲームについてはかなりの「ガチ勢」であったらしく、『アフターバーナーII』はゲーメストのスコアランクに応募して全国2位になったこともあり、マイコンBASICマガジンでやっていた『F-ZERO』のタイムアタックも、ワールドレコードで2位まで取ったことがあるという[9]

『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』に至っては、勝つための練習時間を作るため、会社を辞めようかと迷った時期すらあったという[10]。さらに吉田曰く、AOUショーに『ストリートファイターEX』が出展された時、出張にかこつけてプレイしに行き、ザンギエフを使って57連勝したという。その後、近くにいたスタッフに「開発チームが戦いたいって言ってるのですが,お願いできますか?」と言われ、嬉しくて「もちろんです!」と答えた後に、真剣にやって開発者の3人を完膚なきまでに叩きのめした。そうしたらリリース版で「ザンギエフがめちゃくちゃ弱くなってた」という[9]。その後、『ストリートファイターEX2』の時にたまたまアリカの人と会う機会がありこの話をしたところ、「聞いたことありますよ! AOUショーでめちゃくちゃ連勝してる奴がいて,ザンギがおかしいって話で修正されたんです」と言われたという[9]

作品[編集]

著作[編集]

  • 吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか ISBN 978-4047331549
  • 吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 ISBN 978-4047333123

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年12月31日ニコニコ生放送特番「年末ゲーム実況特番 大晦日ファイナルクエスト!~自宅を警備するのは君だ~」中の「『ドラゴンクエストⅩ』『ファイナルファンタジーXIV』名物プロデューサーによる年忘れ対談」における齊藤陽介との対談において、『バトルロード』開発中にサンプルボイス用として自ら吹き込んだ「ミラクルフラッシュが決まったー!」なる秘蔵の音声データを暴露された事に由来。その後も元所属である『ドラクエX』チームや、FF14関係者等に散々ネタにされ続けている。
  2. ^ 2017年9月2日のFF14 4周年14時間生放送[2]内で行われた、GLAYTERUとの対談時における、吉田本人及びTERUの発言による。同高校はTAKUROHISASHIの出身校であり、吉田はふたりの2学年後輩にあたる。このときの吉田の申告によれば、HISASHIとは中学も一緒であるという。

出典[編集]

  1. ^ 「FFXIV: 新生エオルゼア」プロデューサーレターLIVEレポート”. Game Watch (2013年4月29日). 2013年5月22日閲覧。
  2. ^ 【FFXIV】4周年記念14時間生放送(メイン放送)”. ニコニコ生放送 (2017年9月2日). 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 『ファイナルファンタジーXIV』新プロデューサー兼ディレクターに直撃インタビュー”. 週刊ファミ通 (2011年1月20日). 2013年5月22日閲覧。
  4. ^ 役員一覧 | SQUARE ENIX” (日本語). スクウェア・エニックス. 2018年4月10日閲覧。
  5. ^ 藤澤仁 (2013年12月2日). “開発・運営だより -第14号-”. 2017年9月18日閲覧。
  6. ^ ファイナルファンタジーXIVをご利用のお客様へ重要なお知らせ”. スクウェア・エニックス (2010年12月10日). 2013年6月4日閲覧。
  7. ^ 執行役員人事に関するお知らせ”. スクウェア・エニックス. 2018年3月6日閲覧。
  8. ^ 執行役員人事に関するお知らせ”. スクウェア・エニックス. 2018年3月6日閲覧。
  9. ^ a b c 内なる“怒り”が新生FFXIVを作った――不定期連載「原田が斬る!」,第6回は「ファイナルファンタジーXIV」吉田直樹氏に聞く,MMORPGの過去と未来”. 4Gamer.net (2018年5月9日). 2018年6月13日閲覧。
  10. ^ 内なる“怒り”が新生FFXIVを作った――不定期連載「原田が斬る!」,第6回は「ファイナルファンタジーXIV」吉田直樹氏に聞く,MMORPGの過去と未来”. 4Gamer.net (2018年5月9日). 2018年6月13日閲覧。
  11. ^ 【小高和剛×桜井政博×吉田直樹】 週刊ファミ通コラム執筆陣が語る、ゲーム制作への想い - ファミ通.com” (日本語). ファミ通.com. 2018年4月10日閲覧。
  12. ^ a b FF14:クレージーだった復活劇 吉田直樹プロデューサー語る”. MANTANWEB (2013年11月24日). 2017年9月20日閲覧。
  13. ^ a b 『ファイナルファンタジーXIV』プロデューサー兼ディレクター吉田 直樹さん”. CREATIVE VILLAGE (2015年12月24日). 2017年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]