おおつきべるの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おおつき べるの8月31日[1] - )は、日本漫画家イラストレーター。主にゲームのコミカライズを中心に手がけている。

来歴[編集]

1995年、角川書店コンプティークのイラストでデビュー[2]。同誌に連載された上崎よーいちのリプレイ小説『妖幻三國志』の挿絵が船戸明里の目に止まり、ネバーランドカンパニーの『仙窟活龍大戦カオスシード』のイメージイラストを手がける[3]。近年はファイナルファンタジーシリーズのコミカライズなど漫画家として活動している。代表作はファイナルファンタジーXI ぼくらのきもち Boy meets Girl

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • ダンジョンセイバー ノースホルン物語』(スクウェア・エニックス、2000年8月)
  • ファイナルファンタジーXI ぼくらのきもち Boy meets Girl』(Bros.comics EX、エンターブレイン、2005年9月)
  • 『ファイナルファンタジーXI てっぺんのうた Boy meets Girl 2』(Bros.comics EX、エンターブレイン、2007年3月)
  • 『ファイナルファンタジーXI アトルガンへいこう!』(ファミ通クリアコミックス、エンターブレイン、2010年6月)
  • 『ファイナルファンタジーXI またあした』(ファミ通クリアコミックス、エンターブレイン、2010年11月)
  • 『ファイナルファンタジーXI 未来への約束』(ファミ通クリアコミックス、エンターブレイン、2012年6月)

連載[編集]

アンソロジーコミック[編集]

ゲーム[編集]

イラスト[編集]

コラム[編集]

  • 「おおつきべるののスポンジになりたい」角川書店『コンプティーク』1998年6月号
  • 「おおつきべるののとっとコレ」マイクロマガジン社『ゲーム探偵団』2007年11月号  

脚注[編集]

  1. ^ おおつきべるのインタビュー 角川書店コンプティーク1998年5月号、151頁
  2. ^ おおつきべるのインタビュー 角川書店コンプティーク1998年5月号、151頁
  3. ^ おおつきべるのインタビュー 角川書店コンプティーク1998年6月号、143頁

出典[編集]

「代々々ライターズ学院 おおつきべるのインタビュー」上崎よーいち著(角川書店『コンプティーク』1998年5-6月号)

外部リンク[編集]