伊藤賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 賢治
生誕 (1968-07-05) 1968年7月5日(48歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ゲームミュージック
職業 作曲家
編曲家
ピアニスト
公式サイト http://www.gentleecho.net/

伊藤 賢治(いとう けんじ、1968年7月5日 - )は、日本作曲家編曲家ピアニスト東京都板橋区出身。愛称はイトケン血液型A型[1]

略歴[ソースを編集]

4歳からピアノを始める。

1990年3月1日、株式会社スクウェア(現・株式会社スクウェア・エニックス)に入社。同社のゲーム作品の音楽担当として活動を開始する。

2001年1月31日、株式会社スクウェア退社。フリーの作曲家・編曲家としての活動を開始する。

人物[ソースを編集]

主にゲームミュージックを手掛けているが、本人曰く、得意なジャンルはバラード系で、戦闘曲は本来苦手意識を持っていたと語っている。これを打破したきっかけとして『ロマンシング サ・ガ3』の『四魔貴族バトル2』を挙げており、この曲で自身では禁じ手としていたエレキギターを用いた意識改革があったと答えている[2]

ワンダースワンの『ワイルドカード』の作曲を手がけたのを最後に独立。フリーになって以降は、舞台音楽や他アーティストへの楽曲提供も手掛けるなど、幅広い活動を行っている。2006年6月には、初のオリジナルアルバム『Everlasting Melodies』をリリースした。

2015年に行われた自身プロデュースのライブイベント「One Night Re:Birth」において、「心の拠り所がほしい」と発言している。

作品[ソースを編集]

ゲーム[ソースを編集]

50音順に記載

サウンド担当[ソースを編集]

アニメ[ソースを編集]

シングルCD[ソースを編集]

オリジナルアルバム[ソースを編集]

  • Everlasting Melodies(2006年)
  • GIFT BOX -Kenji Ito 20th Anniversary-(2010年)

テレビ・ラジオテーマ曲[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ My Friends | Kenji Ito
  2. ^ 週刊ファミ通 2010年3月11日増刊号』 エンターブレイン刊 「すばらしきゲームミュージックの世界」ミュージックコンポーザーインタビューより

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]