石井浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 浩一(いしい こういち、1964年7月9日 - )は日本ゲームクリエイター。 元スクウェア・エニックス所属。株式会社グレッゾ代表。

略歴[編集]

1986年にアルバイトとしてスクウェアに入社。プランナーとして[1]坂口博信のもとで『ファイナルファンタジー』の企画を練り上げる。当時からグラフィックでの世界観表現を重視するゲームデザインを行っていた(同シリーズの横視点の戦闘画面は石井のアイデア)。坂口によるとチンピラ風の格好(孔雀の羽みたいなのが付いた黒い革ジャン)で面接に来たが、持参したイラストがカワイイ絵で驚いたという[2]

ファイナルファンタジーIII』までシリーズに関わった後に、「もう『FF』はやりたくない」として、坂口博信から「ゲームボーイなら自由に作ってもいい」と言われ、オリジナル企画として『聖剣伝説』を制作。以後『ファイナルファンタジー』シリーズ、『サ・ガ』シリーズに続くスクウェアの人気シリーズとして定着する。

田中弘道と組んだ『ファイナルファンタジーXI』にて、久々に『ファイナルファンタジー』シリーズを手がけるが、新事業部立ち上げに参加した為、若手に席を譲った。その後は旧第8開発事業部長、エグゼクティブプロデューサーとして聖剣プロジェクトの総責任者を務めていたが2007年に退社した。

ファイナルファンタジーII』にて、後にシリーズのマスコットキャラクターとなるチョコボを生み出し、自らの手がけた『聖剣伝説』にも出演させている。

そのほかにもモーグリや『聖剣伝説』シリーズの初期モンスター(ラビやマイコニドなど)やフラミーなどのデザインも手がけている。

また、2007年に発売された『聖剣伝説公式設定資料集』のインタビューで女性崇拝主義者のような発言をしている。

2006年12月に株式会社グレッゾを設立し、独立。代表取締役に就任した。

作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]