笹井隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

笹井 隆司(ささい りゅうじ、1961年12月21日 - )はベーシストゲームミュージック作曲家大阪府出身。

人物・略歴[編集]

15歳頃からバンド活動を始める。

1983年ノヴェラに加入。ベーシストとして演奏の他、数曲の作曲も手掛ける。

1986年、ノヴェラ解散。

アルバイトをしていたパソコンゲーム会社で音楽を担当して以降、音楽スタッフを募集している会社にテープを送り、様々なゲーム作品の音楽に携わるようになる。

1991年、フリーとしてゲーム音楽に携わっている中、クリスタルソフトの元スタッフである藤岡千尋に誘われスクウェア(現:スクウェア・エニックス)に入社。スクウェア大阪開発部に所属し、『ルドラの秘宝』や『ブシドーブレード弐』等の音楽を担当する。

1997年アクションに加入。

1998年、アクション解散。スクウェアを退社。

以降は様々なバンドにベースとして参加した他、名前を出さず、アダルトゲーム、パチンコ、バンド等の作曲や編曲を手掛けた。

2011年、『サガ3時空の覇者 Shadow or Light』の作曲・編曲を伊藤賢治と共に担当した。

好きなアーティストにエクストリームジューダス・プリーストレッド・ホット・チリ・ペッパーズを挙げる。

バンド時代からギターも演奏しており、『ファイナルファンタジーUSA ミスティック クエスト サウンドコレクションズ』等に収録されているアレンジ曲は自分でギターを演奏している。

作曲[編集]

ノヴェラ在籍時代[編集]

  • ブレイン・オブ・バランス
  • ワーズ
    • REVERIE
    • GOING TO THE KINGDOM

スクウェア在籍時代[編集]

フリー(無所属)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]