藤商事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社藤商事
FUJISHOJI CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 6257
2007年2月9日上場
本社所在地 日本の旗 日本
540-0026
大阪府大阪市中央区内本町一丁目1番4号
設立 1966年10月1日
業種 機械
法人番号 6120001099576
事業内容 パチンコ遊技機、パチスロ遊技機の開発、製造、販売
代表者 井上孝司
資本金 32億8107万6400円
売上高 329億円(2017年3月期)
総資産 646億94百万円(2015年3月現在)
従業員数 468名(2017年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 松元邦夫 27.28%
松元正夫 26.90%
株式会社松元ホールディングス 11.89%
(2015年3月現在)
主要子会社 株式会社JFJ(現非連結子会社)
関係する人物 (代表取締役会長) 松元邦夫
外部リンク http://www.fujimarukun.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社藤商事(ふじしょうじ)は、大阪市中央区に本社を置くパチンコパチスロ機の製造・販売会社。全国20か所に事業所を持つ。

概要[編集]

現在は主にパチンコ機の開発・供給を行っているが、パチンコ機ほどではないがパチスロ機の開発・供給も行っている。また、2016年よりスマートフォン向けゲームにも参入するなど、多角化を図っている。

パチンコ機においては、近年はCR「リング」シリーズのヒットにより、「地獄少女」や「呪怨」、「怨み屋本舗」などといった『ホラー(に近い)作品』の供給も多く見られている。また、約10年ぶりに新作が製作された「地獄少女」においては番組スポンサーも務めている。

沿革[編集]

  • 1958年 - 創業。当初は雀球の開発・販売・リースを専門としていた
  • 1966年 - じゃん球遊技機の開発、製造および貸付けを目的として株式会社藤商事を設立。
  • 1972年 - アレンジボールの開発・販売を開始
  • 2002年 - ISO9001取得
  • 2007年 - ジャスダック上場
  • 2013年 - サン電子と資本・業務提携
  • 2016年 - スマートフォン向けゲーム事業に進出

パチンコ機一覧[編集]

旧要件機(主要機種)[編集]

新基準機[編集]

機種名 発売年月 備考
CR吉幾三 2005年3月 初の新要件機
CR杉様のこれにて大当り 2005年5月
CRキョンシー 2005年6月
CR赤胴鈴之助 2005年9月
CRドルフィンダイブ 2005年12月 初の甘デジスペック発売
CR渡り鳥AKIRA 2006年2月 ダブルアタッカー初採用
CRゲゲゲの鬼太郎3 2006年4月
CRマツケンサンバII 2006年5月
CRサンダーバードIII 2006年7月
CRピンクパンサーII 2006年9月
CR暴れん坊将軍2 2006年11月
CRあま10 2006年11月 普通機タイプ
CR大江戸捜査網 2007年1月
CRリング 2007年3月
CRAサンダーバードウイング 2007年5月 直撃大当たり搭載の羽根モノタイプ
CRかっぱ伝説 2007年5月
CRプロジェクトA 2007年6月
CR島倉千代子の千代姫七変化 2007年8月
CRジュマンジ 2007年9月
CR宇宙戦艦ヤマト 2007年12月 新枠採用
CRエイリアンVSプレデター 2008年1月
CR千昌夫北国の春 2008年3月
CR鞍馬天狗 2008年5月
CRジュラシックパークMAX 2008年8月 2002年に京楽から発売された「CRジュラシックパーク」とは別
CR暴れん坊将軍3〜天下の悪党成敗編〜 2008年9月
CRテリーチューンズマイティマウス 2008年10月
CRゴースト ニューヨークの幻 2008年11月
CR宇宙戦艦ヤマト2 2009年3月
CRサンダーバード〜宇宙救助隊発進!〜 2009年6月
CR桃太郎侍 天に代わって鬼退治致す! 2009年7月
CR相川七瀬〜時空の翼〜 2009年9月 6回リミッター確変機
CRダイ・ハード 2009年10月
CR新暴れん坊将軍 吉宗危機一髪! 2010年1月 シリーズ第4弾、実写部分は全編新規撮影、新枠「クリスタルファイヤー」採用
CRアレ!キング 2010年2月
CR宇宙戦艦ヤマト3 2010年3月
CRゴーストバスターズ 2010年4月
CR覇王信長 2010年8月
CR勇者ライディーン 2010年8月 確変転落抽選タイプ
CRヴァン・ヘルシング〜ハンティングラッシュ〜 2010年9月 10回リミッター確変機
CRジュラシックパークMAX2 2010年12月 裸視3D液晶を搭載
CR新暴れん坊将軍 不死身の闇烏 2011年2月 シリーズ第5弾
CRゲゲゲの鬼太郎〜妖怪頂上決戦〜 2011年5月
CR八丁堀の七人 2011年6月
CRリング 呪いの七日間 2011年6月
CR地獄少女 2011年11月
CRべにしゃち 2011年12月
CR RAVE エンドレスバトル 2012年2月
CRデビルマンレディー 2012年5月
CR哭きの竜 2012年6月 新枠「シャイニングウォール」採用
CR桃太郎侍〜怒〜 2012年7月 シリーズ第2弾
CR元祖ハロー!プロジェクト 2012年10月
CRオーメン 2012年10月
CR龍玉八犬伝 2013年1月
CR不思議のダンジョン 風来のシレン~すずね姫とまどろみの塔~ 2013年3月
CRゲゲゲの鬼太郎〜地獄からの使者〜 2013年5月 シリーズ第2弾
CR呪怨 2013年8月
CR KING of KEIBA 2013年9月
CR新アレジン 2013年11月
CR PROJECT ARMS 2013年12月
CRゲゲゲの鬼太郎~墓場からの招待状~ 2014年1月 シリーズ第3弾「墓場鬼太郎」がベース
CR緋弾のアリア 2014年3月 同社初のライトノベル原作アニメの遊技機化
CRヴァン・ヘルシングII 2014年5月 突破型高継続機
CR嬢王 2014年6月
CRリング 運命の日 2014年7月 新筐体「エアーキャノン」採用
CR ZETMAN -The Animation- 2014年9月
CRアレトロン 2014年12月
CR地獄先生ぬ〜べ〜 2014年12月
CR暴れん坊将軍 怪談 2015年2月 シリーズ初のV確変機
CRくのいち 彩 2015年3月
CR地獄少女 弐 2015年5月 シリーズ初のV確変ループ機
CRAクリスタル&ドラゴン 2015年5月 甘デジ専用機種
CRリング 呪い再び 2015年7月 シリーズ初のV確変機
CR着信アリ 2015年9月 事実上最後のMAX機

2016年内規準拠機[編集]

機種名 発売年月 備考
CR RAVE この世界こそが真実だ 2015年10月
CR怨み屋本舗 2015年11月
CRエキサイト 2015年12月
CRAヘルプ!!!恋が丘学園おたすけ部 2016年3月 ソーシャルゲームのタイアップ機、甘デジ専用機種
CR東京レイヴンズ 2016年4月 旧1種2種混合機
CR遠山の金さん 二人の遠山桜 2016年7月 杉良太郎版・高橋英樹版の2モード選択式
CR仄暗い水の底から 2016年8月
CRピカれ!まるまるアイランド 2016年9月
CR戦国恋姫 2016年10月
CR緋弾のアリアII 2017年2月
CR Another 2017年3月
CRマジョカマジョルナ 2017年3月 ソーシャルゲームのタイアップ機、甘デジ専用機種
CR世界でいちばん強くなりたい! 2017年4月
CR萌エキサイト 2017年5月
CR萌え萌え大戦争 ぱちんこば〜ん 2017年6月
CRリング 終焉ノ刻 2017年7月
CRクルクルセブン 2017年7月
CR喰霊-零- 2017年11月

パチスロ機種一覧[編集]

4号機[編集]

  • 2003年:ツインバーニング(/2)、サンダーバード3

5号機[編集]

機種名 発売年月 備考
サンダーバードNEO 2006年6月 初の5号機
パチスロ暴れん坊将軍 2007年3月
パチスロブルース・リー 2007年7月
アカギ〜永続の闘牌〜 2008年10月
COBRA -THE SLOT- 2009年6月
パチスロ エイリアンVSプレデター 2009年10月
マジカルスロット 魔法少女隊アルス 2011年9月
パチスロ天 天和通りの快男児 2012年6月
ヴァン・ヘルシング〜ハンティングラッシュ〜 2013年2月
パチスロRAVE エンドレスラッシュ 2013年9月
ゲゲゲの鬼太郎〜ブラック鬼太郎の野望〜 2014年2月
パチスロリング 呪いの七日間 2014年7月
パチスロアレジン 2014年12月
パチスロ地獄少女 2015年10月

5.5号機[編集]

機種名 発売年月 備考
パチスロ緋弾のアリア 2016年2月
パチスロロリポップチェーンソー 2016年12月
パチスロ呪怨 2017年5月
パチスロリング 終焉ノ刻 2017年6月
パチスロ世界でいちばん強くなりたい! 2017年8月
パチスロ地獄少女 宵伽 2017年9月

ゲーム事業[編集]

2016年にエディアとの共同開発でスマートフォン向けゲームをリリースしたが、いずれも短期間で終了した。

  • マギアコネクト(2016年3月開始、同年11月終了)[1]
  • アドヴェントガール(2016年7月開始、2017年1月終了)[2]

FUJI☆7GIRLs[編集]

FUJI☆7GIRLs(フジセブンガールズ)は、2012年5月に結成された同社のプロモーションガールユニット。メンバー7人ともプラチナムプロダクション所属で、そのうち5人がユニット活動経験者というのも特徴。7人それぞれに秘められた個性を生かし、様々な“おもてなし”で同社のプロモーション活動を展開している。

メンバー[編集]

※生年月日順

名前(よみ) 生年月日 出身地 血液型 備考
小田あさ美(おだ あさみ) 1988年9月14日 埼玉県 B型 リーダー
2014年4月加入
黒沢美怜(くろさわ みれい) 1989年3月23日 東京都 O型 D-Riveとしても活動
桜子(さくらこ) 1990年8月2日 千葉県 O型 日テレジェニック2012受賞
prediaメンバー
加藤遥(かとう はるか) 1990年9月14日 東京都 O型 2014年4月加入
馬越幸子(うまこし さちこ) 1991年1月5日 岡山県 B型 predia元メンバー
矢野清香(やの さやか) 1991年4月24日 三重県 A型
沢口けいこ(さわぐち けいこ) 1991年11月29日 東京都 O型 prediaメンバー
2010 - 2011A-classメンバー

元メンバー[編集]

名前(よみ) 生年月日 出身地 血液型 備考
鈴木咲(すずき さき) 1987年11月3日 愛知県 O型 元リーダー
2009SUPER GTイメージガール
2014年3月卒業
横川ユカ(よこかわ ゆか) 1992年8月1日 神奈川県 B型 2014年3月卒業

出来事[編集]

登録商標拒絶事件[編集]

2004年10月、歴史上有名な人名ばかり35人分を登録商標として特許庁に出願したが、拒絶されていたことが判明。理由は「平和憲法に抵触する」「公序良俗に反する」などで、同年5月に全てを拒絶されていた。

登録申請したのは、日本人では、聖徳太子空海平将門紫式部松尾芭蕉ら23人、外国人では、エジソンヒトラーリンカーン始皇帝ライト兄弟など12組13人。さすがに「ヒトラー」はまずかったようで、一括して拒絶された。

日本弁理士会によると、商標に著名人の名をこれだけ一括出願するのは異例という。藤商事は「パチンコの新機種名をつけるときに有利なよう、他社に先駆けてまず登録をという発想だった。パロディーのつもりもあったが、配慮が足りなかった」と話していた。

FUJI☆7GIRLsの撮影トラブル[編集]

2013年10月31日、栃木県でのロケ中に[3]、FUJI☆7GIRLsの全員が撮影中に用いたセメントが原因による皮膚疾患を発症し、11月上旬から12月8日まで、ユニット・個人双方の活動を休止する事態となった[4]。11月4日には、メンバー全員が所属するプラチナムプロダクションが、翌5日には、イメージガールに起用した藤商事が、それぞれ謝罪文を出した[5][6]。その後、病状の回復を受けて、同年12月9日に活動再開を宣言している[7][8][9]

なお、活動休止中は、FUJI☆7GIRLsに関連するサイトや動画が削除されていた。対応は以下の通り。

  • 藤商事の特設サイト
    • FUJI☆7GIRLsのサイト:集合写真の下に謝罪文を掲載。活動休止前の状態に戻る。
    • ホラーMANの館:FUJI☆7GIRLsが出演する『法円坂ホラー研究会』のダイジェスト動画などがアップロードされている。謝罪文を掲載していたが、活動休止前の状態に戻る。
    • CR KING of KEIBA「THE 競馬王 GRANDPRIX」:FUJI☆7GIRLsのコーナーを削除。現在も閲覧できない。

スポンサー番組[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤商事とエディア、『マギアコネクト』サービスを2016年11月30日をもって終了”. Social Game Info (2016年9月30日). 2017年4月26日閲覧。
  2. ^ エディアと藤商事、『アドヴェントガール』のサービスを2017年1月10日をもって終了”. Social Game Info (2016年11月7日). 2017年4月26日閲覧。
  3. ^ 馬越幸子” (2013年10月31日). 2013年12月9日閲覧。
  4. ^ アイドルグループ・FUJI★7GIRLs、全員けがで活動休止 撮影中にセメントで皮膚疾患(シネマトゥデイ、2013年11月6日)
  5. ^ FUJI★7GIRLsに関するご報告”. プラチナムプロダクション (2013年11月4日). 2013年12月9日閲覧。
  6. ^ FUJI★7GIRLs の撮影中の事故に関するご報告とお詫び”. 藤商事 (2013年11月5日). 2013年12月9日閲覧。
  7. ^ FUJI★7GIRLsが活動再開 収録中に皮膚疾患も順調回復(スポーツニッポン、2013年12月9日)
  8. ^ 【FUJI★7GIRLs】FUJI★7GIRLsに関するご報告”. プラチナムプロダクション (2013年12月9日). 2013年12月9日閲覧。
  9. ^ FUJI★7GIRLs 活動再開のご報告”. 藤商事 (2013年12月9日). 2013年12月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]