FNS27時間テレビ (2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FNSの日 > FNS27時間テレビ (2007年)
FNS27時間テレビ
みんな なまか だっ!
ウッキー!ハッピー!西遊記!
Wangan Studio.jpg
ジャンル 長時間特別番組 / バラエティ番組
放送時間 土曜日 19:00 - 日曜日 21:15(26時間15分/1575分)
放送期間 2007年7月28日 - 7月29日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
フジネットワーク27社
製作総指揮 豊田皓 / 日枝久(制作代表)
演出 小倉伸一(総合演出)
プロデューサー 黒木彰一
石井浩二(総合P)
港浩一(GP)
出演者 総合司会
香取慎吾SMAP
進行
高島彩(当時:フジテレビアナウンサー
インフォメーションコーナー担当
渡辺和洋田中大貴
(共にフジテレビアナウンサー)
音声 ステレオ放送
字幕 ちびまる子ちゃん』、『サザエさん』放送時のみ実施
エンディング SMAP「世界に一つだけの花

特記事項:
番組名由来及びベース番組は「西遊記
テンプレートを表示

FNS27時間テレビ みんな なまか だっ! ウッキー!ハッピー!西遊記!』(FNS27じかんテレビ みんな なまか だっ! ウッキー!ハッピー!さいゆうき)は、フジテレビ系列2007年7月28日 19:00 - 7月29日 21:15 (JST) に生放送された通算21回目の『FNS27時間テレビ』。ハイビジョン制作

概要[編集]

テーマは、「なまか(仲間)」で、劇場版『西遊記』の公開を記念したものでもある。ドラマ番組をベースとしたのは「FNSの日」史上唯一である。

当初7月22日に予定されていた第21回参議院議員通常選挙の投票が、放送日決定後に29日へ変更され、結局、21:54の放送終了予定[1]が39分前倒しされて21:15となり、放送時間も26時間54分から26時間15分に短縮された。

投票締め切り1分前の19:59から数分間、後続の選挙特別番組FNNスーパー選挙王』のコーナーを放送。FNNの出口調査結果が発表された。またコーナー終了後から番組エンディングまで当選者や議席獲得数を表示するL字放送を実施。『FNSの日』初の試みだった。

系列局(テレビ大分を除く)を含む番組スタッフは『5927』(悟空27時間)と書かれた黄色いTシャツを着て番組に参加した。これは日本テレビ2005年に香取慎吾が草彅剛とメインパーソナリティーをした『24時間テレビ28』の香取がデザインしたチャリティーTシャツに書かれていた『0524』(2005年の24時間テレビTシャツ)のセルフパロディー。なお、その翌日(30日)香取がレギュラーの『いいとも!』出演時は『5942』になっている(7月28日19:00から30日13:00までが42時間となるため)。

番組は東京都江東区青海に竣工し、まだグランドオープン前のフジテレビ湾岸スタジオからの生放送となった。名称決定前だったため「フジテレビ新スタジオ」と呼称していた。

この年から製作総指揮は豊田皓社長に交代した。

出演者[編集]

総合司会

進行

  • 高島彩(フジテレビアナウンサー)

インフォメーションアナウンサー

主な出演者

ほか

番組内容[編集]

番組は香取慎吾が6変化(映画『西遊記』から孫悟空、『サタ☆スマ』から慎吾ママ怒られ侍、映画『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』から服部カンゾウ・大河ドラマ『新選組!』から近藤勇)して行われた。その他、『SMAP×SMAP』からカツケン、NIKKO、MCカマー、ヒリー、香取部長が登場(香取部長は『ココリコミラクルタイプwith香取慎吾 変な“なまか”スペシャル』の生放送コント)。

FNS企画として開催したのは『目指せストライク!TEN竺ボウリング』。ストライク・連発を期待したがストライクは15発止まりになり企画自体が失敗。視聴者から苦情が殺到し、香取は午後の「怒られ侍」で出演者・スタッフを代表して視聴者に謝罪した。宮崎の応援ゲストには東国原英夫(放送当時・宮崎県知事)が登場。渡辺和洋が実況した(第1回戦は黄色の番組オリジナルTシャツ、準決勝決勝戦は選挙特番出演のためスーツ)。又、この大会に山形と静岡の一般選手として当時、共に全日本ナショナルチームで活躍していた大石奈緒片井文乃の両選手が参加[2]。2人は大会が終わるや否やエンディングには参加せずボウリング革命 P★Leagueの会場である田町ハイレーンに向かった。

香取が世界にひとつだけの絵本を作り、日本と世界の子供達が仲間になって元気になってもらう“悟空文庫”(野島伸司原作・監修)。

TOSを除くFNS加盟の系列局(27局)で要らなくなった絵本を集め、全国の本が足りない教育機関等へ寄贈する企画。中には、自作の絵本(メモ用紙数枚をホッチキスで2、3箇所止めたもの)を作って応募した子供もいた。

悟空が筋斗雲に乗って各地を訪問し、困難を乗り越えていこうとする人を応援する「日本全国“なまか”を笑顔に! ハッピー筋斗雲」。

あなたの大切な人へのサプライズ企画

猪八戒に扮する伊藤淳史が日本一と対決する「日本一のなまか探しの旅」

提供クレジットを読み上げた新人アナウンサーは、大島由香里生野陽子中村光宏の3人。立会人は2006年に引き続き堺正幸

番組内容をめぐる問題[編集]

ハッピー筋斗雲内の企画「江原啓之、新潟の女性訪問・亡き父親からのメッセージ」で、出演した一般人女性に江原が霊視を行い江原が受け取った「亡き父親からのメッセージ」に女性が涙する映像が放送された。しかし、番組で紹介された「女性からの相談の手紙」は番組側で作成したものであり、女性の経営する美容院が「経営難」であるとする事実に反した内容であった。そのため女性は「自分や周囲の人たちが傷つけられた」と抗議し、放送倫理・番組向上機構がこのコーナーの制作に倫理違反があったとして、2008年1月21日、局に意見書を手交した。意見書は“「おもしろさ」「わかりやすさ」をよりどころとし、出演者の心情への配慮を欠いている。出演者の生活への影響を考えていない”と指摘。このため、2008年2月2日(関東ローカル)で放送された「週刊フジテレビ批評」で謝罪が行われた。[3]

主要スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このため当時日曜21:00 - 21:54に放送されていたバラエティ番組メントレG』が休止となった。日曜21時台のレギュラー番組がFNSの日の放送で休止となったのは、1996年に『1億2500万人の超夢リンピック』放送のため、『花王ファミリースペシャル』(関西テレビ制作)が休止になって以来で、フジテレビに制作枠が返上されてからは初の事例となった。
  2. ^ 現在は2名ともプロボウラー。
  3. ^ 週刊文春2007年11月8日号「「善意のボランティア」をペテンにかけた江原啓之とフジテレビ」、サンケイスポーツ2008年1月22日付、放送倫理・番組向上機構2007年度第6回放送倫理検証委員会議事概要[1]、放送倫理・番組向上機構2008年1月21日付委員会決定第02号[2]等を参照した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 FNS27時間テレビ
前番組 番組名 次番組
FNS27時間テレビ
みんな なまか だっ!
ウッキー!ハッピー!西遊記!
(2007年)