新報道2001

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新報道2001
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
番組生放送が行われている
フジテレビ本社「FCGビル
ジャンル 政治討論番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 中村陽子(CD)
プロデューサー 戸塚晶久
出演者 須田哲夫フジテレビアナウンサー
佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)
平井文夫
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送
(毎月第3日曜日)
オープニング 松永貴志「朝へのトビラ」
外部リンク 新報道2001 - フジテレビ
番組開始から2016年9月まで
放送時間 日曜日 7:30 - 8:55(85分)
放送期間 2008年10月5日 - 2016年9月25日
2016年10月から
放送時間 日曜日 7:30 - 8:25(55分)
放送期間 2016年10月2日 - 現在

特記事項:
2016年度上期に限り、8:25以降がローカルセールス枠に転換された。
テンプレートを表示

新報道2001』(しんほうどうにせんいち)は、フジテレビ系列クロスネット局除く)で2008年10月5日から毎週日曜日 7:30 - 8:25(JST)に生放送されている政治討論番組である。

概要[編集]

前番組『報道2001』が、竹村健一の降板などもあり、リニューアルされた。

開始当初は政治の話題への一辺倒から脱却し、より生活に身近な話題についても積極的に取り上げる方針であった[要出典]。また、司会を務める須田哲夫のアシスタントに、かつて『めざましテレビ』に出演していた吉田恵を迎え、番組の最後にその日の天気予報を担当させるなど、生放送のワイドショーを意識した構成となっていた。黒岩祐治解説委員は、前番組での竹村の役どころに回ったものの、単にコメントを述べるだけでなく、時には現場に取材へ赴き、リポートすることもあった(上杉隆は、自身が竹村の代わりにレギュラー出演をしていたと主張している)[要出典]

回が進むにつれ、討議時間が十分に取れないという問題が生じたため、2009年4月にコーナーの見直しを実施し、前番組に近い構成に変わっている[要出典]。黒岩は同年9月をもって降板、翌10月からは報道局解説副委員長(出演当初は報道局政治部長)の平井文夫が解説として出演している。

2012年4月22日放送分より、動画サイトYouTubeで開設された「フジテレビ番組公式チャンネル」の一つとして、『新報道2001 WEB版』の配信を翌23日から開始した。これ以降毎週、スタジオでの討議部分をまとめた動画が、放送日の翌日より配信されている。

なお、番組名に「新報道」を冠する番組は、2007年4月 - 2008年6月に放送された『新報道プレミアA』(関西テレビと共同制作)以来である。

2016年3月27日までは全編ネットワークセールス枠だったが、同年度上期(同年4月3日 - 9月25日)に限り、7:30 - 8:25をネットワークセールス枠、8:25 - 8:55をローカルセールス枠のハイブリッドセールス枠となり飛び降りポイントを設置した。同年10月2日から8:30 - 9:00に新アニメ枠『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON[1]を開始するため、本番組は同年度上期のネットワークセールス枠であった7:30 - 8:25に枠縮小され、全編ネットワークセールス枠に復すことになった。ちなみに次番組「千葉の贈り物〜まごころ配達人〜」は引き続きローカルセールス枠となる。

主なコーナー[編集]

キーマンに聞け!
前番組の流れを汲むコーナー。政界を中心に、その週に起こったニュースで鍵を握る人物にアンカーらが迫る。
マネーコンパス
経済界で注目される人物や企業に密着し、「お金を集める」極意に迫るコーナー。途中休止時期などもあったが、リニューアルでコーナー数が絞られてからは、政治関係で番組全編が占められない限り、原則放送。

過去のコーナー[編集]

ニュースクリック
Yahoo!ニュースで紹介されたニュース記事のヒット回数から、前週のニュースで注目を集めたものをトップ10形式で紹介。構成変更で、2009年4月以降は経済関連のニュースに対象を絞った。沖縄テレビが早朝に放送する同名タイトル(『産経テレニュースFNN』の差し替えタイトル)とは関係ない。
黒岩の手帳
松本清張の小説『黒革の手帖』をもじったもので、前番組の『竹村健一のああいっぺん言うてみたかった』の後継である。黒岩がその週の取材メモから気になった項目を短時間で解説。
おでかK天気
吉田による天気予報。全国主要都市の天気と気温予想と洗濯指数を紹介。
政党支持率調査
政治政党の支持率を調査して番組のエンディングに公表する。サンプル数は関東のみで500人とされている。2014年度をもって終了。

スピンオフ番組[編集]

2015年4月から、番組内の討論で収まらない内容をフォローアップするため、Web専門ニュースチャンネルホウドウキョクにて、『2001継続族中』を開始。 MCは上級解説委員の平井とナレーションの桜庭が担当。2016年3月をもって番組終了。

歴代出演者・放送時間[編集]

期間 放送時間(JST 司会 コメンテーター
男性 女性
2008.10.5 2009.3.15 日曜 7:30 - 8:55(85分) 須田哲夫[2] 吉田恵 黒岩祐治1
上杉隆[3]
2009.3.22 2009.9.27 黒岩祐治
2009.10.4 2016.2.7 平井文夫
2016.2.14 秋元優里2
2016.2.21 2016.3.27 竹内友佳2
2016.4.3 2016.9.25 大島由香里
2016.10.2 2016.12.25 日曜 7:30 - 8:25(55分)
2017.1.8 2017.3.26 山中章子3
2017.4.2 2017.10.1 島田彩夏
2017.10.8 現在 佐々木恭子
  • 1報道2001』から引き続き出演。
  • 2 吉田の産休降板に伴う代役。
  • 3 大島の産休降板に伴う代役。

ネット局[編集]

『新報道2001』ネット局(2016年10月から)
放送対象地域 放送局 系列 放送時間
関東広域圏 フジテレビ(CX)
『新報道2001』制作局
フジテレビ系列 日曜 7:30 - 8:25
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
長野県 長野放送(NBS)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
鳥取県・島根県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(sts)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
  • 2016年度上期に限り、8:25飛び降りとしていた地域があった。
    • 通常時8:25飛び降りの局が臨時にフルネットにする一方、通常時フルネットの局が8:25飛び降りにすることがあった。
海外での放送
『新報道2001』ネット局
放送地域 放送局 系列 放送時間
アメリカハワイ州 NGN(Nippon Golden Network) 現地時間土曜(1週間遅れ)
アメリカ フジサンケイ・コミュニケーションズ・インターナショナル 現地時間夜

過去のネット局[編集]

  • フジテレビTWO - 日曜 12:10 - 13:35、月曜 1:00 - 2:25(日曜深夜)(2011年3月で打ち切り)

スタッフ[編集]

  • ナレーション:安元洋貴桜庭亮平牧原俊幸
  • 構成:田中伊知郎、河合秀仁、川原慶太郎、石川サトシ
  • SW:佐藤大視
  • 照明:八木原伸治
  • CAM:奈良岡茂樹
  • VE:田中昭博
  • 音声:大関満朗
  • 美術:豊田亮介
  • デザイン:棈木陽次
  • 美術進行:太田菜摘
  • 大道具:藤井雅人
  • テーマ音楽:松永貴志「朝へのトビラ」
  • CG:岡本英士
  • ナレーション:安元洋貴牧原俊幸
  • 声の出演:うすいたかやす、内田大加宏、高田みほ
  • TK:尾木みち、後藤広子(週替り)
  • 編集:鈴木智(毎週)、柳沼政倫、奥野浩史、古井晋平、奥野浩史、渡辺崇、平岡寛隆、久保田愛美(週替り)
  • EED:沢田修、高城昌孝(毎週)、高藤雅志、橋上憲二(週替り)
  • 編成:矢野哲慈、赤池洋文
  • 広報:東野真里奈
  • 音響効果:VALSE INC.
  • 協力:タイトルアート、石原和幸デザイン研究所
  • スタイリスト:宮崎有希子、森下嘉子、奥崎千裕
  • FD:松岡孝弘
  • デスク:松本千夏
  • AD:河本伊世(いよ)、管野龍介、陶山加織、水迫史孝、高橋瑞貴、阿部優花
  • ディレクター:福井佳、浦上哲也、原卓也、木内圭二、鈴木こうじ、小野鉄博、加藤綾、河南拓朗
  • PD:ディレクターの中から毎週1名週替りで担当
  • チーフディレクター:中村陽子
  • プロデューサー:戸塚晶久
  • 制作:フジテレビ報道番組部
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:外山信行、吉野浩生
  • 技術:山本和義
  • 美術:小林剛浩、土肥義充
  • 美術進行:林直樹、藤井美樹雄、荻原美樹雄、佐野奈緒美、谷元沙紀、西村貴則
  • CG:末吉寿美子、井上明裕
  • 編集:宮澤晃弘、澤村貴和、高橋慶太、鈴木洋一、石本楽
  • EED:赤道淳也、相見信介、塚本博道
  • 編成:金井卓也、河端由梨子、大辻健一郎、小室俊一、藤井修、村上正成、御旅屋俊之
  • 広報:上野陽一、植村綾、額田博之
  • 音響効果:プロジェクト80
  • 協力:ホットライン
  • スタイリスト:今井聖子、えなみ眞理子、冨張優、岡野陽子、杉山朱美、外山由香理、藤澤まさみ
  • キャスティング:木村奈津子、土井奈緒美
  • 制作管理:網昭弘、安部猛彦(安部→以前は、制作進行)
  • 模型製作:清水えり子(以前は、ディレクター)
  • AD:竹節友樹、鴻野史枝、松尾公平、阿部結衣子、藤井明菜、佐藤亮、佐々木舞、東出惇弥、小泉喬平、伊東賢宏、喜多澤慶子、星威史、寺見佑弥、玉生亨(玉生→以前は模型製作)、大滝裕平、吹原賢吾
  • ディレクター:奈加充、金井基典、田川洋一郎、清水俊宏、大川貴臣、橋本和笑、高橋光紀、関根卓也、佐藤孝樹、竹内克典、淡川和真、伊藤正継、岩渕純一、阿部沙織、臼井右、前田正樹
  • プロデューサー:渡辺奈都子、井上義則、三嶋唯久
  • チーフプロデューサー:加納正
  • GP:岡田宏記

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フジテレビが日曜午前8時半から「モンハン」史上初アニメ化放送”. スポーツ報知 (2016年5月26日). 2016年5月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月26日閲覧。
  2. ^ 本番組の司会就任に伴い、『FNNスーパーニュース』はそれまでの週5日から週2日担当となった。
  3. ^ 2009年3月15日放送分で検察官の名前を言ったことが原因で降板したと上杉は主張している 上杉隆 - フジテレビ新報道2001のレギュラーを降ろされた理由

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 日曜7:30 - 8:25枠
前番組 番組名 次番組
報道2001
※7:30 - 8:55
新報道2001
(2008年10月5日 - )
-
フジテレビ 日曜8:25 - 8:55枠
報道2001
※7:30 - 8:55
新報道2001
(2008年10月5日 - 2016年9月25日)
【※2016年度上期に限り、ローカルセールス枠】
千葉の贈り物〜まごころ配達人〜
※8:25 - 8:30
【30分繰り上げて継続】
モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON
※8:30 - 9:00
【これよりローカルセールスのアニメ枠