VS嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VS嵐
VS ARASHI
ジャンル ゲーム番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
製作総指揮 佐々木将(制作)
演出 萬匠祐基
プロデューサー 宮崎鉄平
金佐智絵、鈴木浩史
工藤江美子、桐谷太一
三浦淳CP
出演者
大野智櫻井翔相葉雅紀二宮和也松本潤
ナレーター 中村光宏(フジテレビアナウンサー)、立本信吾(同左)、谷岡慎一(同左)
音声 ステレオ放送[1]
字幕 字幕放送
データ放送 連動データ放送
外部リンク VS嵐
土曜昼枠
放送時間 土曜日 12:59 - 13:30(31分)
放送期間 2008年4月12日 - 2009年9月19日
木曜ゴールデン枠
放送時間 木曜日 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2009年10月22日 -
テンプレートを表示

VS嵐』(ブイエスあらし、英称: VS ARASHI)は、フジテレビ系列2008年平成20年)4月12日から放送されているゲームバラエティ番組である。冠番組

概要[編集]

嵐がゲストとスタジオ内に設置されたアトラクションゲームで対決する。『なまあらし LIVESTORM』から続く土曜午後の嵐の冠番組では初めてハイビジョン制作及び、プライムゴールデンタイムでの特番が放送された。

放送開始から2009年9月19日までは毎週土曜12:59 - 13:30の『バニラ気分!』第2部にて(地域によってはスペシャルのみ、または単独番組として)放送されていた。同年7月26日の『FNS26時間テレビ』内での生放送スペシャルにて、ゴールデン進出を発表した。

2009年10月22日より毎週木曜19:00 - 19:57の放送となり、全国ネットに昇格[2]。番組ロゴとスタジオ・ゲームのセットをリニューアルした。

2010年5月以降、民放連から「青少年に見てもらいたい番組」に選定され続けている。

2013年9月5日より番組連動データ放送を開始した。

2015年5月7日より番組ロゴとスタジオセットをリニューアル。「いざ、NEXT STAGE」をコンセプトに掲げた。

出演者[編集]

★はフジテレビアナウンサー

司会・プレイヤー[編集]

天の声[編集]

別室[4]にて実況・番組進行。現在、5代目をフジテレビアナウンサー(男性)が週替わりで担当。

  • 中村光宏
    初出演時は伊藤の卒業挨拶でのナレーション。
    2代目就任中に2回ゲストとして出演。3回ゲストとして1ゲームのみ実況をしながら参加[5]
  • 立本信吾
  • 谷岡慎一
過去
  • 伊藤利尋
    一度目の降板後に1回ゲストとして出演。1回ゲストとして1ゲームのみ実況をしながら参加。
  • 天野ひろゆきキャイ~ン[6]
    就任前に5回、就任中に1回ゲストとして出演。
変遷
通常内容 特別企画(「Bet de 嵐」系)
初代 放送開始 - 2012年3月29日 伊藤利尋[7]
2代目 2012年4月12日 - 2013年4月4日 中村光宏 伊藤
3代目 2013年4月18日 - 2015年4月30日 伊藤
4代目 2015年5月7日 - 2016年11月3日 天野ひろゆき/中村(代理) 中村/立本信吾
5代目 2016年11月10日 - 谷岡慎一/立本/中村

ルール[編集]

4種類[8]のゲームを行い、各ゲームの合計得点が多いチームの勝利。ゲストチームは5-8名(基本6名)[9]。嵐チームには「プラスワンゲスト(以下、プラスワン)」が1-2名(稀に3名)参加する[10][11][12](嵐メンバーには誰なのかは知らされない)。

最終ゲームにて先攻チームが後攻チームの総得点に届かなかった場合や、後攻チームの総得点が先攻チームを上回った時点で打ち切られる(状況によっては例外あり)。ただし、挑戦中に逆転不可能となっても続行となる(一度例外あり)。同点の場合は引き分けとなる[13]
ゲストへの賞金・賞品は現在なし[14][15]
嵐メンバーが自身の主演ドラマ・映画チームとして参戦する(出張対決も含む)ことがある[16]
ハンデ
基本、嵐チームには「レギュラーハンデ」という決められたハンデが課せられている。
一部ゲームでは女性や子供に対してアドバンテージが設けられる(スポーツ経験者には例外あり)。
時折、状況を見たスタッフの処置・嵐メンバーやゲストの提案や失言によりハンデが追加される。逆に、嵐チームがハンデを貰う、または無くすこともある。
ペナルティ
大失態を行った嵐メンバーが一定期間そのゲームを謹慎させられる(2011年以前)。
ルール違反により、得点が無効・仕切り直しとなる(番組の進行上問題なければ許容される)。
過去のルール
土曜時代ではゲストは2-4名・プラスワンはなし。行うゲームは3種類(稀に2種類)。勝利したゲストは希望の賞品を獲得。
2009年12月3日(木曜放送第7回)から2016年10月20日放送分までは行うゲームが5種類(時折、4種類)。
2011年3月10日放送分まではプラスワン・ゲスト共にチーム勝利時は賞金(2010年12月23日放送分までプラスワンは希望の賞品)を獲得[17]
2016年4月14日から6月23日放送分では番組冒頭にて「オープニングチャンス」を行い、結果に応じた得点をゲストが獲得できた。

スペシャル[編集]

対決が予選と決勝に分けられ、優勝は特別ルールで行う最終ゲームにて決する。その他のゲームもルールが変更される場合がある。一部の回を除き、勝利したゲストは賞金を獲得できる。

三つ巴戦/四つ巴戦
予選での上位2チームが決勝「ローリングコインタワー」で対決し、勝利チームが優勝。
2チーム戦
第12回以前
予選での獲得点をポイントパックに換算し、決勝「バウンドホッケー」での勝利チームが優勝(延長戦あり)。
FNSの日/第15回以降
通常ルールで行った(賞金なし)。
不定期に行われる出張対決のコーナーでは、特設スタジオにて1ゲームのみの対決を行う。
土曜時代は先回に「直前SP(内容紹介)」、翌回に「ダイジェスト・未公開SP」を放送。
2009年と2010年の『FNSの日』(『26時間テレビ』)内にて生放送で行われた。
2011年からは毎年1月3日にて放送。2012年からは嵐によるキャンペーン・『アラおめ』(2014年までは『福嵐』)の一環となっている。
第9回まではプラスワンなし。以降は「スペシャルプラスワン」として参加[18]
第11回からは番組後半にて特別企画を放送。

ゲーム内容[編集]

両チームが各々行うものと、対戦形式で行うものの2種類。対戦型のゲームの中でも、先攻と後攻に分かれて守備チームが相手の得点を阻止するものと、両チームが同時に得点を獲得するものがある。
参加人数はゲームにより2人から全員まで様々。挑戦者は事前に決められているが、稀に話し合いなどで変更される。
ルール説明はテロップのみで行う。登場から間もないゲームは、VTRや天の声による説明が加わる[19]。ルール変更の際も天の声(場合によってはテロップのみ)の説明が入る。
ゲームによって行われる頻度には大きく差がある。
一部ゲームでは挑戦中にて減点されるハンデが嵐チームに課せられ、得点がマイナスになることがある。
土曜時代は時期により行うゲーム順が固定されていた[20]。木曜移行後は最終ゲームのみ行うものが限られている。
現在:キッキングスナイパー(2011年10月-)
過去:ローリングコインタワー(-2012年7月)/ジャイアントクラッシュ(-2011年10月)/バウンドホッケー(2010年5月-2011年9月)/バンクボウリング(-2010年4月)/デュアルカーリング(2011年-2014年7月)/コロコロバイキング(2012年3月-2016年4月)

ローリングコインタワー[編集]

2008年4月12日(第1回)放送分から登場。エリアが4分割された円形の自動回転テーブルに各チームが2組に分かれて交互に立ち、1人ずつ指定位置にコインを積んでいく。積み上げたコインを倒したチームが敗北となる。

1つのエリアにつき、1人が3枚のコインを約5秒間で積む。2枚以上を同時に置いたり、積まれたコインの位置修正は禁止。
コインは厚さが3種類あり、置く度に加点される。得点は薄いものから3(緑)、5(オレンジ)、10(紫)点(エリアごとに各種14枚)。勝利チームにはボーナス50点が加算。
コインタワーの倒れた位置に問わず、最後に触れたチームが敗北。

現在までの最高周回数は10周・最短では2周目で決着。

ゲーム中のBGMは『I'M POPEYE THE SAILOR MAN』のアレンジ版。
スペシャルの決勝ステージでは『TRUST ME』(ターミネーター2サウンドトラック収録)。
過去のルール
初登場時のみコインの配点が10、20、30点。各エリアの持ち時間は10秒。勝利側は双方が積んだコインの得点を総取り。同年5月31日までゲストは対戦メンバーを指名。
2008年8月30日放送分までコインの配点は5、10、20点。同年9月6日放送分までは各エリアの持ち時間が1周目は10秒、2週目は7秒、3周目以降は5秒と加速。
同年6月21日放送分まで各エリアのコイン数は各種5-6枚。同年11月15日放送分までは各種9枚。
2009年1月31日放送分までゲームの最後に置かれたコインは必ず無効。
2010年10月28日放送分まで参加人数は各チーム2人。以降徐々に増え、2011年6月16日放送分から全員参加。
2013年11月14日放送分まで勝利ボーナスは100点。
スペシャル
三つ巴・四つ巴戦:予選通過した2チームが決勝で行う。各チーム代表者2人が参加。得点制ではなく勝敗のみを競う。一度に3種類のコインを1枚ずつ使用する(順番は自由)。
出張対決[21]全員参加で行う以外は決勝のルールと同一。第3回ではゲストが3つのエリアを担当。
特別ハンデ・ルール
嵐チームが高得点コインの使用を制限する・ゲストに譲る。ゲストが一度に4枚以上コインを置ける。
勝利ボーナスを倍に変更。
  • 以下に記述するコーナー・企画においてのルールもスペシャルと同様。
体験アトラクション
フジテレビのイベントにて体験コーナーが設けられた(詳細は後述)。
コインは全て番組での10点コインよりも若干薄い(1回のみ番組同様のものを使用)。
中学生選手権
2012年夏に行われた一般参加企画。中学生チームがローリングコインタワーで日本一を決める。全国8地区にて予選を行い、番組スタジオにて決勝トーナメントを行った(優勝チームは嵐との対決に挑戦)。

クリフクライム[編集]

2008年4月12日(第1回)放送分から登場。2人の「クライマー」が交互に岩壁を模した壁(高さ6m・幅7.5m)をロッククライミングの要領で登り、設置された得点ボタンを押していく。制限時間は120秒。

壁にある無数の小さな穴には、要所にグリップ(金属製の握り手)が挿さっている。ボタンは5(青/10個)、10(黄/10個)、30(緑/5個)・頂上のボタンは50(金/2回)点=合計400点分。
壁は12(縦3×横4)枚のパーツで構成され、内9-10枚には障害物が設置されている(組み合わせは毎回異なる)。パーツによってはグリップが縦方向となる。
障害物
  • お台場のアゴ(薄・厚)…庇状に突出したオーバーハングを雲梯で渡る(側面からは登れない)。
  • お台場の指 … 突き出た鉄骨の先端にあるボタンを押す(底に鉄棒が付いている)。
  • グリップエレベーター…自動で上下するグリップ。
  • 土管(細・太)…手前から潜り、中のボタンを押す(太い方は短い)。
  • お台場のデベソ…突出した四角柱の側面・先端にあるボタンを押す。
  • 三角柱(厚)…パーツが4つあり、組み合わさると大きな三角柱・四角柱になる。
  • 三角柱(薄)…緩やかな山状。
  • 炭酸ガス…壁全体にある4ヶ所の穴から一定間隔で噴出(クライマーが間近にいる時は発動しない)。
クライマー:1人目(1st-)は登頂後すぐに壁を飛び降り、2人目(2nd-)にバトンタッチする。1人目は落下すると2人目に交代、2人目は落下した時点で終了。壁のボタンの押し方は自由だが、登頂後に押してはならない。
「サポーター」に追加グリップを要請でき、受け取って任意の位置にセットする(取り外し不可)。挿入口に指を入れて登ることも可能。
サポーター:2-5人が壁正面の高台に立ち、ロープで吊るされたかごに入っている予備グリップ(計6個)をクライマーに投げ渡す。落としたものは使えなくなり、渡し損ねても引き上げられて回収される。
レギュラーハンデ・固定アドバンテージ
嵐チームは最初から設置されているグリップをゲストより2-4つ減らす。女性や子供には多く設置される。
過去のルール
100点ボタン(青色)・50点ボタン(ピンク色)が使用されていた。
土曜時代はクライマー・サポーター共に1人で挑戦。壁の幅は5m。制限時間60秒。予備グリップは5-6個。
2008年9月6日放送分までは制限時間90秒。同年10月1日のスペシャルまで頂上ボタンは赤色。同年10月11日放送分までと同年11月22日放送分のみは壁に鼠返しがなかった。
2015年11月12日放送分まで壁はパーツ分けされていなかった(突出部により縦3ルートに構成)。グリップは横方向のみ。5点ボタンはオレンジ色。
2010年9月16日放送分までは横移動を妨げる突起がなかった。
2014年2月13日放送分から2015年11月12日放送分は、クリア時(2人目)の残り制限時間×3点が「タイムボーナス」として加算された。最高得点記録は嵐チームの462点(54秒残し)。
スペシャル
土曜時代も壁の幅は7.5m。第2回までは各チーム2セット行い、第3回まではクライマー1人・制限時間60秒。
特別ハンデ・ルール
女性や子供は頂上ボタンが100点(土曜時代では100・50点ボタンを1つ加える)・制限時間を30秒延長。
尾川智子が二度、1人で挑戦(一回登頂後、再び登る)。
子供2人が1st-を担当。クライマー3人(制限時間150-180秒)で挑戦。双方とも満点は+50点
特定の条件を設け、結果により加点・減点。

フォーリングパイプ[編集]

2008年4月12日(第1回)放送分から登場。円形ステージの天井から設置された4本の金属棒の内、相手が選んだ2本を伝って落ちてくるパイプを掴む。先攻・後攻に分かれ、1人ずつ「パイプキャッチ」・「パイプチョイス」を担当。2016年5月19日から6月9日放送分ではオープニングチャンスにて行われ、嵐が「-チョイス」・ゲストが「-キャッチ」のみを担当。

パイプキャッチ:掴んだ位置によって得点が異なり、下側ほど高得点となる(境界線を掴んだ際は指の本数で判定)。挑戦時の体勢は自由。
得点は上から10(黄)、20(緑)、30(青)、50(金)、0(白)点。高得点ほどエリアが狭くなっている(0点エリアは50点エリアより狭い)。最高で100点獲得。
パイプチョイス:カバー付きの台にて、1-4の番号ボタンから選択(確定後は変更不可)。ゲーム開始後20秒以内(フォーリングタイム)にフォーリングボタンを押し、番号に応じたパイプを落とす(この間、相手に話しかけて動揺を与えられる)。時間切れになると仕切り直し(ペナルティはない)。
過去のルール
パイプの配点
Wキャッチ
ボーナス
-2008年6月21日 0 10 30 50 100 0 - - -
-同年7月5日 200
-2009年1月31日 -
SP第1-2回 20 30 50 100
-2009年10月22日 100
-2013年2月7日 5 10 20 30 50 50
同年4月25日 10 20 30 -
2016年5月19日 - 0 -
同年5月26日 -
各エリアの幅は時期により異なる。
2本共キャッチ成功で「Wキャッチボーナス」が加算。
2008年7月5日放送分まではパイプの落下速度が遅かった。
2009年11月26日放送分までは2セット行った(以降、全5ゲームに変更)。
スペシャル
第1-2・5-6回・2009年FNSの日:2セット(第6回のみ2ゲームに分けて)行った。土曜時代では、パイプチョイスは台ごとカメラクレーンで持ち上げられて操作を行った。
出張対決[21]ゲストはパイプキャッチのみ担当し、規定点数(第1回:2回で100点・第2回:3回で150点)獲得で勝利。
特別ハンデ
ゲストが2人でパイプキャッチを担当。

ピンボールランナー[編集]

2008年7月12日放送分(第14回)から登場。頭上にカゴを背負った「ランナー」がベルトコンベアの上を走りながら、ピンボール台を模したスマートボールから落ちてくるボールをキャッチしていく。制限時間は60秒。

黄色ボールは10点、途中3個落ちてくる「ピンクボール」は30点。
ボールの軌道は台上のピンや羽根車と上部に180°動く2つのフリッパーにより変化する。ピンクボールの内2つは、途中に設置された2つの発射台から1つずつ落ちてくる。
ボールを2個取る度にベルトコンベアのスピードが上がる。ボールが投入されるペースは2秒に1個。
ランナー:ボールの状況は確認できないため、指令台からの仲間の指示と壁に書かれた1-10の番号を頼りに位置調整をする。転倒すると時間内でも終了。カゴに入ったボールが漏れても減点されない。
指令台:高台に1-5人が乗り、ランナーにボールの落下位置を番号で指示する。
レギュラーハンデ・固定アドバンテージ
2010年12月2日放送分から嵐のメンバー(ゲストとしての挑戦も含む)は、カゴの口を2割狭めるリングが付けられた「20%OFFカゴ」を使用して挑戦。
女性や子供のランナーに対し、ピンクボールを1-2個追加。
ボールの配点・個数
ピンク
-2008年11月1日 30 -
-2009年9月12日 100×1
-同年12月3日 20 50×1
-2010年4月8日 50×2
-同年12月23日 10
-2015年9月24日 30×2
-同年12月10日 30×4
-2016年4月21日 30×6
過去のルール
不定期にピンの配置や数が変更される(土曜時代では一時期まで毎回変更)。
2008年8月30日放送分までは以降よりも軽いボールを使用。同年9月20日放送分まで投入ペースは3秒に1個。
2011年3月17日放送分までは台に発射台・フリッパーがなく、羽根車の内2つが自動で回転(セットの基調色はピンク)。
同年6月2日放送分までは現在より重いボールを使用。
特別ハンデ・ルール
ピンクボールを増減(0-12個)。ゲストやプラスワンが20%OFFカゴを使用。コンベアの速度を変動。嵐チームに対して、重いボール・ピンクボールのみを投入。
50点の大きな金色ボールを1個投入。
壁の番号をゲストチームにちなんだ名称に変更。ランナーの最高心拍数を得点に加算。
「バレーボールランナー」として、コンベア上の2人が後方のカゴ担当にトスを行う。

ジャンピングシューター[編集]

2008年11月29日放送分から登場。相手が守る上下段2つに分かれたゴールに、トランポリンでジャンプしながらハンドボールの要領でボールをシュートしていく。先攻・後攻に分かれ、2人ずつ「シューター」・「キーパー」を担当。制限時間は60秒。

シューターと下段ゴールの間は壁で遮られている。トランポリンは3つあり、位置に応じて壁と床に1-3の番号が書かれている。下段のゴールの幅は上段よりも少し狭い。
シューター:ゴール1回につき、下段は20点・上段は30点。得点が倍になるピンクボールが2球ある。跳ばすにシュートしたり、一度に複数個の投球は禁止。
キーパー:下段からは投球まで相手が見えない(上段から指示が可能)。
現在の最高得点記録は嵐チームの490点。
固定アドバンテージ
女性のシューターに対し、ピンクボールを2個追加(2015年までは一回り小さいボールを使用)。
過去のルール
土曜時代は1ゴール30点。2008年12月13日・2009年1月31日放送分のみ1人5球づつシュートの10球勝負。
2009年1月31日放送分までは以降よりも小さいボールを使用。
2010年1月21日のスペシャルまでは一度にボールを複数投球でき、下段のゴールの幅が上段よりも広かった。
2014年8月14日放送分までゴールは上下段共に20点。
2015年11月19日放送分までは現在よりも小さく、柔らかいボールを使用。
2016年1月21日放送分までピンクボールはなし。
特別ハンデ
シューターを3人が担当(一度、6人まで増員)。
女性・子供に対し、ゴールの幅を狭める・2-3人が1ゴールを担当・スロープから跳ばずにシュートする。

バンクボウリング[編集]

2009年4月10日のスペシャルから登場。ボウリングがベース。高台のアプローチからバンク(反り返った壁)に向かって2人が同時にボールを斜面へ転がし、Uターンさせた反動で左隣にあるピンを倒す。1フレームで2投行う。

ピンの並び
BankBowling C.gif
ピンは計66本で、大きな三角形に並べられている。1点のノーマルピン(○)が50本、10点のブルーピン()が15本、ヘッドピンは50点のレッドピン()=合計250点。スペアを取ればボーナス100点が加算され、ストライクを取れば新たなフレームでもう1投挑戦(現在、ストライク達成者はなし)。
ボール同士が弾かれて一度アプローチ側に戻ったり、レーン終点の壁から跳ね返ったボールがピンを倒しても有効。レーンにガターはないが、両端の壁に接触したボールは大抵ピンの外側へ転がる。
嵐メンバーは各自のメンバーカラーのボールを使用(2012年11月29日放送分より)。
スペア達成者[22]はセットに飾られている金色のボールを使用できる。
過去のルール
木曜放送初回から2009年11月26日放送分までは2フレーム挑戦。
2011年6月2日放送分までは1投につき1人のみの投球。
2012年5月24日放送分まではピンの並びが星型で、スペア・ストライクボーナスはなし。
2014年12月18日放送分までスペアボーナスは50点。
スペシャル
第3・6回:各チーム2フレーム対決。第3回のみ2フレーム目でスペア・ストライクを取るともう1投挑戦。
第14回:スペアボーナスが150点(400点満点)。
特別ハンデ・ルール
通常より1フレーム多く挑戦。2投目を3人で投球。
子供の挑戦時、3人同時に投球・投球補助台を使用・ガター防止用の壁を設置。
ゲストがブルーピンの点を変更・レッドピンの位置を変更・3投挑戦・ノーマルピン1本をレッドピンに変更。
  • 2015年1月2日・3日に放送されたCM(計5回)にて、「めざせ!全倒し(メンバー1人が90秒間挑戦)」を行った。

ジャイアントクラッシュ[編集]

2009年10月22日のスペシャル(木曜放送初回)から登場。巨大オブジェ・「ジャイアント(VSマッチョ君)」の足場となるブロックを各チーム交互に沈め、倒してしまったチームが敗北(「ジャイアントクラッシュ」)となる。

マッチョ君は計18-22本のポールに支えられる形で大板に乗っている。
ブロックは計64個(8×8)。16個ずつ赤・青・黄・緑に分けられ、番号が振られている。各ブロックがポール1本を支えている。支えていないブロックはゲーム開始前に沈められ、ポールの本数分だけブロックが残る。 
ブロックは「セレクトパネル(タッチパネル)」で指定(色と番号を宣言)し、「down」ボタンを押して沈める(同時にポールが外れる)。ブロック1個沈める毎に10点獲得。3個沈める・1-2個沈めてパスを宣言・時間切れにより挑戦交代(先攻は負けているチーム)。各挑戦につき制限時間1分。勝利チームにはボーナス100点が加算。
沈める前でも、自然にクラッシュ(実例は一度のみ)すれば負けとなる。
全ブロックを抜いてもジャイアントが倒れなかった場合は引き分けとなる(ボーナスなし)[23]
オブジェは毎回ゲストや時期に合わせてポーズや衣装が変わり(稀に2体で構成)、足場や重心も毎回異なる。倒れると各パーツがバラバラに崩れる。
過去のルール
初登場時(オブジェはマンモス)のみはブロック1個につき30点、2010年3月11日放送分以前・2015年1月3日のスペシャルは20点。
2011年6月30日放送分以前・2013年1月3日のスペシャルではジャイアントが直接ブロックに乗っていた。ブロック数は11-26本(2010年1月28日放送分以降は毎回20本未満)。残りブロックが2-5本となる場合が多かった。
スペシャル
第5-8・10・12-14回:勝利ボーナスが50点。
特別ルール
Bet de 嵐」にて行った「相葉クラッシュ(相葉がマッチョ君に扮し、ジャイアントを担当)」では、勝敗のみで競った。
  • 通常放送では2011年10月20日放送分を最後に行われなくなり、以降はスペシャル放送でのみ実施。

バウンドホッケー[編集]

2010年4月8日のスペシャルから登場。ホッケー台(幅3m・長さ10m)を挟んで6人が立ち、発射されるパックを各自が可動式のフリッパーで斜向かいに打ち返していき、6人目(ゲッター)が左右に動くゴールにシュートする。制限時間は90秒。

ゴールに入れば30点、入らなくても終点のゴールエリアに届けば5点獲得。リンク外の溝に落ちる・途中でストップアウト(パックはスタッフが撤去)すると0点。1つのパックを扱っている間は、次のパックは出てこない。
途中、得点が2倍になる「ブルーパック」が、嵐チームには1枚・ゲストチームには3枚投入される。
メンバーを飛ばしてパス・同じ相手に打ち返す・6人目以外がゴールにシュートすることも可能。
ゴールエリア手前付近はスロープによりパックは止まらない。
タイムアップ時でも盤上で生きているパックは有効。
現在の最高得点記録は浦和レッズの430点。
レギュラーハンデ
2011年5月5日放送分から嵐チーム挑戦時はゴールの移動スピードが50%UPする。
2011年1月3日-3月17日放送分・2012年3月29日のスペシャルでは両端の幅が狭められた「20%OFFゴール」を使用。
過去のルール
2010年4月22日放送分までは制限時間60秒で各チーム交互に2セット挑戦。
同年7月1日放送分までブルーパックはなく、同年9月2日放送分までは各チーム2枚。
2011年9月1日放送分までは1ゴール50点、ゴールエリアは10点(最高得点記録は嵐チームの520点)。
2012年9月13日放送分までは1ゴール20点(最高得点記録は嵐チームの170点)。
スペシャル
2チーム戦(第12回まで):決勝ステージで行う。予選ステージの得点を100点(赤)と200点(青)のチャレンジパックに換算して挑戦(200点パックは換算・投入時共に3枚おき。パック獲得ならない得点分は切り捨て)。制限時間はなく、得点はゴール時のみ。同点の場合は100点パック10枚で同点決勝を行う。
2010年FNSの日:各チーム2回挑戦。
特別ハンデ・ルール
ブルーパックを増減。プラスワン不在時に台を5人用に短縮。
2セット勝負に変更。ゲストがゴールの点を倍に変更。
嵐チームがゴール時のみ得点となる。また、追加で30秒挑戦。
島田紳助が得点3倍のブラックパックを持ち込むも使用せず、後に明石家さんまが持ち込んだ。

ジャングルビンゴ[編集]

2010年4月8日のスペシャルから登場。縦・横5部屋×5階建ての立体迷路(高さ6m)に3人が入り、5階の天井にある計24枚(1-12・14-25番)のビンゴマス(ハッチ)を開けていく。制限時間は3分。

マス1枚につき10点、ビンゴ1列成立で50点獲得。
ゲーム開始時に3つの入口から1人ずつ入り、マスを開けたら直接屋上から脱出して別のメンバーと交代していく(入口に戻っても交代可能)。同時に4人以上入ったり、上からマスを開けてはならない。
中央の「FREE」部分は全フロア撮影スペースとなっている。5階四隅の昇降口には真上のマスを開ける為の梯子がある。
待機しているメンバーはモニターで天井の様子を確認できる。2011年9月1日放送分からは嵐メンバー1人が頭部に「プレイヤーカメラ(小型カメラ)」を装着し、挑戦時に迷路の中を撮影する(時折、ゲストも使用)。
現在の最高得点記録は嵐チームの230点。
レギュラーハンデ
ゲストチームはFREEマスを1ヶ所自由に追加できる場合が多い。
過去のルール
2011年3月10日放送分まではビンゴ1列が成立するまでのタイムを競い(後攻チームは先攻チームのタイムを過ぎると敗北)、勝利チームは100点・敗北チームは10点獲得(最速記録は嵐チームの1分17秒)。
初登場時のみ3チーム共ビンゴ成立まで続行。得点は1位200点、2位50点、3位10点。
特別ハンデ
ゲストがFREEマスを2-3枚追加。また、同時に4人以上入れる。
嵐チームの制限時間を2分に減らす。また、記録に20-30秒加算(旧ルール)。

デュアルカーリング[編集]

2010年10月14日のスペシャルから登場。カーリングカローリング)がベース。V字型レーンに各チーム3人が入り、手持ちのスティックでストーンを合流地点にあるハウスへ滑らせる(タイミングは自由)。制限時間60秒の対決を2戦行う。

ハウスは外側から順に5(黄)、10(橙)、30(赤)点エリアの3段階に分かれている。奥の溝に落ちたストーンは無効(壁に跳ね返って乗った場合は有効)。
ストーンの数は1人3個(チーム毎に赤と青で色分けされている)。内、嵐チームは1個・ゲストチームは1-3個が得点2倍となる「ダブルストーン」。表面のマークは、通常ストーンが「★」・ダブルストーンが「×2」[24]
ゲーム終了時にハウスの各エリアが階段状にせり上がり(投石が遅れると弾かれる)、各ストーンの位置に応じた得点を獲得。
開始から45秒間は30点エリアのみがせり上がり、「ボーナスポケット」が出現する(側面は回転する壁が阻んでいる)。ストーンを入れる度に30点が加算され、入った分のストーンが自動でチームに追加される(ダブルストーンの場合は60点となり、ダブルストーンが追加)。ポケットから跳ね返ってきた自チームのストーンは再度使用可能。
嵐チームは右・ゲストチームは左のレーンに入る(かつては不定)。
レギュラーハンデ
ゲストチームは嵐チームよりダブルストーンが多い。
過去のルール
2010年12月23日放送分までハウスの中央は100点。
2011年3月17日放送分まで団体戦のストーンは計6個(1人2個)。
2014年2月27日放送分までボーナスポケットはなく、2戦目は1対1の個人戦(ストーン計6個・ダブルは1個)を行った(時折、1戦目・団体戦のみ)。団体戦(ゲストのダブルは2個)での通常ストーンには投石者名の頭文字[25]が書かれていた。なお、ポケット初登場時は壁の回転速度が現在よりも遅かった。
同年6月12日放送分までハウスは10、30、50点・ボーナスポケットは50点。
スペシャル
三つ巴戦では緑色のストーンも使用する。第8回を除き、団体戦のダブルストーンは各チーム1個。
第7回:団体戦を3チーム総当たり。 第8回:第2ゲームにて団体戦、最終予選にて個人戦(ハウスが30、50、100点・ダブルストーン各2個)を総当たり。 第9回:団体戦と個人戦で2ゲームに分け、各2戦。 第10・13-14・19回:レーンが3本ある「デュアルカーリングR」で3チーム同時に対戦(第13回以降は団体戦を2戦)。ボーナスポケットはなし。第19回ではストーンが1人5個。
特別ハンデ・ルール
ダブルストーンを増減。
ゲストが4-5人で挑戦(ストーンを増数)。子供がハウスに近いエリアにて挑戦。
ハウス中央やボーナスポケットを50・100点に変更。ダブルス戦を2回行う。
壁(ポケット)の速度が嵐チーム側で緩む状態で対戦。
得点が3倍になるゴールドストーンを各チーム1個使用。
体験アトラクション
フジテレビのイベントにて体験コーナーが設けられた(詳細は後述)。
団体戦を行い、50点ゾーンにストーンを乗せたチームに景品を配布。

キッキングスナイパー[編集]

2011年4月7日のスペシャルから登場。二宮考案のゲーム。チーム全員(「キッカー」)が3つのエリアに分かれて横並びで立ち、ベルトコンベアを流れる缶と板で組まれたターゲットに、各エリア交代で1人ずつゴムボールをシュートして倒していく(蹴る順番は自由)。

缶は赤色と銀色の2種類。赤缶を倒すと20点、全ての缶を倒せば「パーフェクト」としてボーナス50点が加算。
1つのターゲットが流れる約15秒間を1セットとし、計6セット行う。セット終了毎に各エリア1球ずつボールが自動で出てくる。1セットにつき各エリア2回以上蹴ってはいけない。
ターゲットは4-15個程の缶が3-5段に積まれている(基本的に1人でパーフェクトが狙える)。赤缶の数は各セット1-5個程だが、1セットだけ8-12個程の赤缶のみで組まれたものが流れることがある。缶の組みや個数は両チーム同一。
缶が完全に倒れなかったり、流れ終わった後に倒れた場合は得点にならない。
ゲーム中のBGMは『狙いうち』のアレンジ版[26]
現在の最高得点記録(通常ルール・計6セット挑戦時)は嵐チームの860点(満点は回により異なる)。全セットパーフェクトは達成されていない。
0点(通常ルール時)は嵐チームが過去1回記録。
固定アドバンテージ
女性や子供はピンク色の「レディース/チャイルドゾーン」という短距離エリアから挑戦(スポーツ経験者や男女交代の場合、通常の青色ゾーンながら多少距離を狭めることがある)。
過去のルール
2011年10月20日放送分までは370点満点(赤缶は第5セットのみ2個、他では1個)。
同年11月3日放送分まで赤缶のみのターゲットはなく、2012年2月16日放送分までは必ず6個構成。
2014年8月14日放送分まで基本ルールは計5セット・キッカーは各エリア1人。
2016年4月14日放送分のみ赤缶は10点、パーフェクトボーナスは30点。
スペシャル
予選最終ステージにおいては赤缶の数が通常よりも多い。
第9-10回・出張対決:各チーム2回挑戦。
特別ハンデ・ルール
挑戦回数・セット数・参加人数を変動。
子供の挑戦時、3人がチャイルドゾーンにて各自挑戦。また、ボールを手で投げる。
嵐チームが蹴る順番・人数を制限する。
各ターゲットを赤缶1個のみに変更。1セットのみゲストの赤缶が多い。50点の青缶・30点の金缶が登場。
サッカーボールを使用。2セットのみバレーボールでスパイクを行う。ラグビーボールを使用(投球可)。
「バスケットスナイパー」として、流れるバスケットゴールにバスケットボールをフリースローで入れる(1球30点)。
  • 2012年1月3日に放送されたCM(計5回)にて、「スピーキングスナイパー(コンベア上で、PRコメントを10秒以内に朗読)」を行った。

コロコロバイキング[編集]

2011年10月27日放送分から登場。船を模したセットに転がってくるボールを6人で船首まで運ぶ。コースはピンク・グリーン・オレンジ(他と比べ1.5倍の長さ)ゾーンに分かれ、落とし穴・柵・ポール・羽根車が設置されている。各ゾーンに2人がセットを挟んで立ち、1人につき2本の上下するレバーを操作してコントロールする[27]

ボールは全15球。1-2・4-5球目に通常のブルーボール、3球目に得点が2倍になる「ゴールデンボール」が1球ずつ。最後にサイズの小さい「イエローボール」が10球同時に投入される(15秒間隔だが、イエロー投入前は加えて3秒のカウントダウンが入る)。
船首の得点エリアは50、30、20(嵐チームは−20)、10、5点に分かれており[28]、イエロー投入時までは得点時に配置がシャッフルされる(2球連続で入った場合は例外)。エリアへはオレンジエリア末端にて左右に動くレールにボールを乗せる(途中、幅が縮まっている)。
イエロー投入後、60秒経過すると得点エリア手前が壁で遮断される(ゲーム全体の時間は140秒弱)。
板状となっているゾーン同士の隙間やレールが動いている空間にもボールは落ちてしまう。
7人以上のチームは1ヶ所のレバーを2人が1本ずつ操作する。
ボールの投入時・落球時・得点時に応じた部分から炭酸ガスが吹き出す(イエロー落下時を除く)。
ゲーム中のBGMは『Yo Ho(A Pirate's Life for Me)』のアレンジ版(イエロー投入後はテンポが上がる)。
レギュラーハンデ
嵐チーム挑戦時は穴の数を増やす(点差や状況により変動)。
嵐チームは、得点エリアの20点を−20点に代えて挑戦(2012年8月2日-2013年6月6日放送分では−50点[29]。以降、2015年9月3日放送分までは−30点。)。必ず50点の隣に配置(2012年8月16日放送分から)。加えて、イエロー以外のボールを落とす度に−20点(2014年9月4日-2015年9月3日放送分では−30点。2015年3月5日-19日放送分のみハンデなし)。双方ともゴールデンの場合は−40点となる。2015年までは最終対決においても点差を問わず挑戦。
過去のルール
2011年11月3日放送分まで穴の数は両チーム同じで、ポールはなし。同年11月10日放送分まで得点の配置は固定されており、回ごとに変えられた。
2012年11月8日放送分までと同年11月29日・12月13日放送分では羽根車はなし。
2015年1月29日放送分までイエローボール・制限時間はなく、ボールは全7球(ゴールデンは4・7球目)。このルールでの最高得点記録(通常のエリア構成時)は嵐チームの380点。全ボールを落とした事例は嵐チームが2回、ゲストチームが1回。同年3月12日放送分までイエロー投入前のカウントはなく、投入後の制限時間は40秒。
スペシャル
第14回:ボールが全6球(ゴールデンは3・6球目)。
特別ハンデ
得点エリアの構成を変動(−100点・100点を追加)。ボール(ゴールデン)の増減。ゲストに減点エリアを追加。
相葉が2ヶ所のエリアを担当(プラスワン不在時)。減点エリア、ボール落下の減点を増減・無くす。
体験アトラクション
フジテレビのイベントにて体験コーナーが設けられた(詳細は後述)。
2人で挑戦(コースはオレンジエリアのみ)。得点エリアは右から30、5、50、10、20点で固定。ボールは1-2・4球目にブルー、3球目にゴールデン、イエローは5球。150点(フジテレビの日のみ88点)以上獲得したチームに景品を配布。

ショットガンディスク[編集]

2012年3月29日のスペシャルから登場。嵐5人が考案・開発に携わった[30]。チーム同士で「ディスク(フリスビー[31]」をパスしていき、最後の1人がネットでキャッチする。この間、相手チームはバズーカで妨害する。先攻・後攻に分かれ、攻撃側の4人が「パサー」「シューター」「レシーバー」・守備側の2人が「バズーカ」を担当。制限時間は60秒。

パサー:手元のディスクを前方のシューターにパスしていく。レシーバーへ渡るまで、一度落ちたディスクは無効となる。
シューター:2人が各自エリア分けされた階段状の足場に立ち、ディスクを好きな位置で受け取り、前方斜め上のレシーバーにパスする。パサーから遠くて高い段にかけて5、10、20、30点。ディスクを複数枚手元に溜めたり、受け取った後のエリア移動は禁止[32]。互いにディスクを渡してはいけない。
レシーバー:パサーの真上にある高台に立ち、ディスクをネット(たも網)でキャッチすると得点(バズーカに当てられたものも有効)。入ったディスクは取り出せる。
バズーカ:パサーの左右にあるイスに座り、各自バズーカに弾を入れ、シューターの投げたディスクをクレー射撃の要領で撃ち落とす。パサーが投げたディスクは撃てない。
現在の最高得点記録は浦和レッズの460点。
特別ハンデ
シューターが女性の場合、足場をパサー側に近づけて挑戦。
プラスワン2人と松本(ディスクを味方に渡すのみ)がシューターを担当。

ポップコーンヒッター[編集]

2013年1月3日のスペシャルから登場。3人の「ヒッター」が交代で1人ずつ円形の「フライパンステージ」に立ち、曲に合わせて周囲から打ち上げられるボールを、手持ちのラケットで正面のポイントゾーンに打ち返していく。

ポイントゾーンは内側に湾曲した布製の壁。青いゾーンは10点、中央上部の赤いゾーンは30点(各ゾーンの下部にある庇状のネットに入ると得点)。
ボールは6ヶ所ある発射口から一定間隔で発射される(1人につき12個・6個目以降はテンポアップ)。途中、得点が倍になる「ピンクボール」が、嵐チームには1人1個・ゲストチームには2個発射。
ゲーム中のBGMは毎回異なる曲[33]であったが、2013年6月6日放送分以降は専用の曲を使用。
現在の最高得点記録は嵐チームの310点。
レギュラーハンデ
2013年6月20日放送分からゲストチームは嵐チームよりピンクボールが多い。
過去のルール
初登場時は各チーム2回ずつ挑戦。
2013年1月3日・17日放送分のみはポイントゾーンがステージの頭上を円周で囲んだネットで、青いゾーンは10点、正面の赤いゾーンは20点。ボール(ピンクはなし)の発射口は10ヶ所(以降、手前の4つは閉鎖)。発射量が現在よりも多く、3人目にかけて難易度が上昇(最高得点記録は読売ジャイアンツチームの480点)。
同年6月6日放送分のみはピンクボールが男性1個・女性2個。また、この回まではステージを囲む柵が高かった。

GoGoスイーパー[編集]

2014年7月17日放送分から登場。各チーム2人が各自「スイープカート」に乗り、フィールド上のボールを四隅にあるゴールに入れていく。制限時間90秒の対決を2回行う。

カートはチームによりブルーとピンクに色分けされている。ハンドルにある「シュートボタン」を押すと、正面の電動フリッパーでボールを弾き飛ばせられる。
ボールはゲーム開始時に2ヶ所のボックスから放出される。黄色ボールは1点。「ブルーボール」・「ピンクボール」(各8個)はゴールに入れた者に問わず、同色のカートに乗るチームに10点。制限時間残り30秒(「ボーナスタイム」)になると4個投入される「ゴールデンボール」は30点。ゲーム開始時とボーナスタイムに1個ずつ(計2個)投入される「ブラックボール」は、無条件で嵐チームが−30点。黄色に比べ、他種はサイズが大きい。ゴールデンとブラック以外はゴール分が随時追加される。
スタート前にはフォーメーションラップとして、フィールドを左回りに走行する。
ゴールの入口(ゲーム終了時に閉鎖)には僅かなスロープがあり、両端には送風機が設置されている。
カートはバックが可能だが、状況に応じてスタッフが場外からアシストを行う。
ゲーム中のBGMは『マッハ・ゴー・ゴー・ゴー』のアレンジ版。
レギュラーハンデ
2015年3月19日放送分からブラックボールが登場。初登場時のみは一度に2個ずつ(計4個)投入。
過去のルール
2014年9月11日放送分までは1チーム(2人)のみが1回ずつ挑戦。フィールドは現在よりも狭く、ボールは2点の黄色、20点のピンク(全4つをゴール毎に「フィーバー」となり、この時のみボールが追加)、−50点のブラック(初登場時を除き、嵐チーム挑戦時にてゲーム開始・フィーバー時に1個投入)[34]の3種類(サイズは全て同じ)。カートの色はブルーとピンクが一台ずつ。
2015年2月26日放送分までブルー・ピンクボールは20点、ゴールデンボールは50点。
スペシャル
第17回:3チーム総当たりで対決。
特別ハンデ
ブラックボールが一度に2個投入(旧ルール)。または、無くす。

ストーンバスター[編集]

2015年7月2日のスペシャルから登場。ビリヤードテーブルを模したフィールド上で、各チーム3人が交互に手持ちのスティックでストーンを打ち、6ヶ所あるポケットに相手のストーンを弾き落としていく(「バスター」する)。2戦行う。

1
1 2
3 2 3
4 4 5 5
各チームのストーンは6個(チームにより赤と青で色分けされ、1-6の番号が振られている)。
ゲーム開始時は中央に揃えられた10個のストーン(右図[35])に、両チームが1個(6番)を手玉にして同時に打つ(「ブレイクショット」)。その後はチーム交代で1名がフィールドに入り(負けているチームが先攻)、自チームのストーンを手玉にしてショットする(位置調節不可)。
ショット毎の制限時間は15秒。失敗するまで攻撃権は移らない。
1バスター30点。連続して落とす(「コンボ」)毎に40点、50点、60点と加算(1ショットで複数個落とした場合も有効)。相手のストーンを全て落とせば勝利となる。
ブレイクショット時のバスターは一律30点。自チームのストーンを落とすと相手に30点(バスターしても交代)。
過去のルール
1 5
6 2 3
4 7
1 5
6 2 3
4 7
2015年7月23日放送分までは1戦(全員参加)。勝利チームには残存ストーン1個につき30点の「残りストーンボーナス」が加算。
同年7月16日・23日放送分のみストーンは各チーム8個(右図)。

バルーンシューティング[編集]

2016年3月24日放送分から登場。数ある風船の内、黄色[36]の風船をチーム全員が吹き矢で狙い撃つ。 計3セット挑戦し、制限時間は各20秒。

割った黄風船1個につき5点(各セット10個)。パーフェクト達成でボーナス30点が加算。
ターゲットの種類
ゲストには1-3・嵐チームには2-4が登場。
  • 1…固定/縦5個×横5個。
  • 2…固定/縦5個×横5個・縦列5個ずつ上下移動。
  • 3…固定/軸をずらした回転盤に21個。
  • 4…浮遊/網で塞がれた箱に20個(大きい青風船が5個)。
各チームの人数が異なる場合は、話し合い・くじ引きにより不参加者を決める。
ゲーム中のBGM(2回目の登場時まではなし)は『ウィリアム・テル序曲』のアレンジ版。
レギュラーハンデ
嵐チームは青風船(黄以外)を1個割る毎に−5点(2016年4月14日放送分以降)・回転盤の速度が途中から上昇(同年5月26日放送分以降)・小さい黄風船が各セット3個登場(同年6月23日放送分以降/初登場時は2個)。
過去のルール
2016年4月14日放送分までパーフェクトボーナスは無く、黄風船は1個10点・第1セットから順に3、5、10(2戦目では25)個。ゲーム全体の制限時間は30秒で、クリア時の残り秒数×5点をタイムボーナスとして加算。計2戦。
同年5月12日放送分のみパーフェクトボーナスは50点。第1-2セットの黄風船は各15個。
同年6月23日放送分までと同年7月28日放送分のみは両チームが同じターゲットに挑戦。
ターゲット
2・3は2016年5月12日、4は同年7月7日放送分から登場。
4…風船は、初登場時のみ24個・同年11月10日放送分まで25個(大きい青風船はなし)。同年7月21日放送分までは風力が弱く、小さい黄風船が大きめ。
特別ハンデ
嵐チームが相手より少ない人数で挑戦。全パーフェクトで+100点。

過去に行われたゲーム[編集]

キャッチングブリッジ[編集]

2008年4月19日(第2回)から7月19日放送分にて登場。1名が幅40cmの橋の上に立ち、正面から次々に発射されるボールを掴む。制限時間は60秒(橋から落下しても終了)。
黄色は10点、ピンクは30点、ブラック(ピンクを逃した際、初期はスタッフ・後に相手が高速で発射)は50点。女性は倍の得点を獲得。

デンジャラスサーファー[編集]

2008年9月13日放送分でのみ登場。レール上のスケートボードに乗った「サーファー」を押し、停止位置に応じた得点を獲得。双方2回挑戦。
得点エリアは10、30、50、200点に加え、相手が50と200点の間に50、100、150点と3枚の「ペナルティプレート(10点獲得&恥ずかしい質問「デンジャラスQ」・「モノマネ」・「変顔」)」を設定。先端の200点エリアを過ぎると落下(0点)。

バズーカトレイン[編集]

2009年11月12日放送分(木曜放送第4回)でのみ登場。両チームが交互にレールを繋げ、1両の汽車を進めていく。
「バズーカ(各1人)」が回転する的に弾を撃ち、命中部に応じたレール(緑・ピンクに色分け)を獲得。的には「ストレート(直線×1)」と「敵ダブル(相手チームの曲線×2)」が1ヶ所、「シングル(曲線×1)」と「ダブル(曲線×2)」が2ヶ所。
赤いゲート(50点×7・100点×1)に通すと得点、黒いゲート(30点×3)は減点[34]。ゴールへ繋げたチームには位置によってボーナス(中央が100点・左右に50、30、0点)が加算。

チームワーク対決[編集]

2016年2月4日から8月4日放送分に登場[37]。各チーム代表者1名のお題に対する行動・答えを、他のメンバーが予想する。1問正解につき50点(全3問)。
同年4月21日放送分までは全4問。

オープニングチャンスでのゲーム[編集]

サイレントボックス(2016年4月14日-5月12日)
ゲスト1名が5つあるロッカーの内1つに入り、嵐が順番に開けていく。セーフ毎に得点が10、30、60、100点と上昇。
BUMP相撲(2016年4月21日-6月23日)
2対2(一度のみ1対1)で対戦。嵐メンバーを土俵から出した位置に応じて10、20、30、50点を獲得。
フォーリングパイプ(2016年5月19日-6月9日)

特別ゲーム[編集]

特別企画[編集]

Bet de 嵐

嵐のメンバー同士が様々な種目で対決する(対決人数は種目による)。ベッターゲストは勝者を予想し、メンバーの戦績に応じて得点が加算される。合計得点が一番多いベッターの優勝(同点優勝あり)となる。

第1回ではベッターは持ち点の100点を賭け、的中すれば倍返し。
第2回では優勝チームが賞品獲得を賭け、最終種目の吹き矢に挑戦。
第6回では「- in HAWAII」と題し、嵐によるロケVTRの内容に関する問題を出題(答えとなるメンバーを予想)。
第7回では1種目のみVTR(詳細は後述)から出題。
BABA嵐 ババ抜き最弱王決定戦
嵐とゲストがババ抜きで対決する派生企画。2-4ブロックに分かれて予選を行い、各ブロックの敗者とシード1人(第3回からは前回の最弱王)による決勝戦で最弱王を決する。
第7回からはババが手元にある時に足元のボタンを押すと「シャッフルタイム」を使用でき(残り3名以上の時に1人1回)、サイコロの出目により2名の持ち札を交換する。
BUMP相撲
嵐とゲストがバブルボールを身に着けて相撲を行う派生企画。嵐メンバーとゲスト1名が親方となり、3人1組の部屋を形成。1回戦にて3人・決勝にて2人が対決するトーナメントを3部門行い、勝ち星ポイントを競う。
嵐(あら)-1グランプリ
嵐メンバーとゲストによる対決・レースの結果をベッターが予想する(1位的中…30点・最下位的中…20点)。
新曲テレビ披露
年間ダメ嵐決定スペシャル(総集編)

2012年から2015年の3月、または4月に行われた。嵐メンバーが自ら選出した好プレー(各自がナレーションを担当)とスタッフが選出したダメプレーを見た後、「MMDA(後述)」を実施する。

単発企画
  • 大反省会SP(2008年6月7日) - 過去8戦を振り返り、各ゲームの最強布陣を決めた。
  • しのぶ&桃子VS嵐 3ホールゴルフ対決(2009年2月21日) - スクリーンゴルフで対決。
  • BBQ嵐(2009年7月25日) - 『FNSの日』直前SPとして野外にて行った。
  • リポーター大野智が行く! VS嵐1年半の軌跡(2009年9月19日・土曜放送最終回) - トークを交えた総集編。
  • 中学生選手権(2012年8月23日) - 詳細は「ローリングコインタワー」を参照。
  • 嵐5人だけの慰労会(2014年11月6日) - 第6回「Bet de 嵐」内にて放送。
  • クリスティアーノ・ロナウドVS嵐(2015年10月1日) - 第7回「Bet de 嵐」内にて放送。ロナウドは櫻井・大野と組み、キッキングスナイパーで対決(決着後、単独で挑戦)。
  • 300回記念SP(2016年11月3日) - 通常内容と並行し、名場面集を放送。

オープニング・エンディングの企画[編集]

スタジオや別室にて行われる。

オープニング
VS嵐クイズ
2015年8月13日放送分から開始。データ放送を使用した応募企画。収録を終えた嵐メンバーとゲストの代表者が、番組に関するクイズを出題。2016年4月14日放送分以降は出演者によるコーナーを廃止。
オープニングチャンス
2016年4月14日から6月23日放送分にて実施[38]。詳細は「ルール」・「オープニングチャンスでのゲーム」を参照。
エンディング

スペシャルや「Bet de 嵐」の放送回では基本的に休止。

変遷
嵐チームの勝敗 特例・備考
勝利・引き分け 敗北
放送開始 - 2008年5月24日 MDA
2010年1月28日 - 同年11月4日 - MDA MDAは2011年1月までスペシャルでも実施
2011年1月27日:休止/同年12月8日:観覧客との握手会を放送
2010年11月11日 - 2013年6月6日 10秒チャレンジ
2013年6月13日 - 同年8月8日 10秒チャレンジ
2013年8月15日 - 2014年1月30日 2013年12月19日以降:3回休止
シミュレーション嵐 2013年11月14日まで/初回は第4回「Bet de 嵐」
以後 2014年11月27日:10秒チャレンジを実施(嵐チームコールド負け)
2015年まで:先述の年間ダメ嵐決定スペシャルにて「MMDA」を年に一度実施。

備考[編集]

VS嵐パーク
フジテレビのイベントにて2009年から開催されている。番組で使用されるセットの展示や、ゲームの体験コーナーが設けられる。かつては嵐による紹介コーナーを開催期間中に放送していた。
放送回数
土曜時代は全74回+スペシャル4回。木曜移行後は2012年4月26日放送分にて100回、2014年9月4日放送分にて200回、2016年11月3日放送分にて300回を突破(FNSの日スペシャルは含まれていない)。
記録
  • 嵐チームの通算成績
木曜移行後:295戦中159勝134敗2引き分け(2016年12月8日時点)
土曜時代:67戦中44勝23敗
  • 嵐チームの連勝・連敗記録
木曜移行後:10連勝(2010年7月25日-10月14日・2012年5月31日-8月2日)/6連敗(2011年2月3日-3月17日・2013年5月23日-7月11日)
土曜時代:8連勝(2008年7月12日-9月6日)/9連敗(2008年4月19日-6月21日)
  • 最多出演ゲスト・チーム
男性:土田晃之(17回)
女性:ローラ(10回)
チーム:チームインターナショナルバレーボール全日本女子チーム(6回)
パロディ
特記事項
  • 百識王』(2012年7月17日)にて、当番組の美術スタッフによるドキュメントを放送。
  • 『春フェス2015~LIFE !S LIVE』(2015年5月2日-8日深夜)にて、嵐による当番組に関するクイズを放送。
  • チャンネルΣ』枠(2015年7月11日・8月8日)にて総集編を放送。

放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間
関東広域圏 フジテレビ (CX)
番組制作局
フジテレビ系列 木曜
19:00 - 19:57
北海道 北海道文化放送 (UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY)
福島県 福島テレビ (FTV)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
長野県 長野放送 (NBS)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
近畿広域圏 関西テレビ (KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ (TSK)
岡山県・香川県 岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS)
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビくまもと (TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS)
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)
大分県 テレビ大分 (TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 (UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
青森県 青森テレビ (ATV) TBS系列 土曜
16:00 - 16:57
山梨県 テレビ山梨 (UTY) 金曜
0:30 - 1:25
(木曜深夜)
  • 四国放送(日本テレビ系列)では2010年7月6日から2011年9月20日まで放送。
  • テレビ山口では2010年4月4日から2011年9月、2014年7月9日から2016年3月30日まで放送。
  • クロスネット局のテレビ大分とテレビ宮崎では、曜日の関係で毎年1月3日放送が遅れネットになる場合がある。
  • 地上アナログ放送では長らく4:3サイドカットであったが、2010年7月1日より16:9レターボックスサイズとなりテロップ類も16:9対応となった。
  • 一部系列局では再放送を不定期に行っている。
  • 香港ではJ2TVB)にて広東語に吹き替えて放送(2012年3月-)。
  • 台湾では緯來日本台緯來電視網)にて「嵐的大運動會」として中国語字幕付きで放送(2012年4月-)。
  • 北アメリカではテレビジャパンNHKコスモメディアアメリカ)にて放送(2012年4月-6月)。
  • オーストラリアではSBS TwoSBS)にて英語字幕付きで放送(2013年7月-)。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2015年5月7日より実施。それ以前は『FNSの日』内のスペシャルを除き、モノラル放送(モノステレオ放送)を実施した。
  2. ^ これによりTBS系列『ひみつの嵐ちゃん!』(2013年3月21日終了)と併せて、嵐は木曜日のプライムタイムに2本冠番組を持っていた。
  3. ^ 櫻井がゲストとして登場する場合(後述)は、オープニングのみ大野や相葉が代行。
  4. ^ 2011年4月7日のスペシャルでは観覧席。
  5. ^ 内1回はゲストの三宅正治が実況を代行。
  6. ^ a b 番組内でのクレジットはなし。
  7. ^ 2011年1月27日放送分ではゲストの福澤朗が1ゲームのみ実況を代行。
  8. ^ 2016年11月3日放送分のみは3種類。
  9. ^ 2015年8月13日放送分では最終ゲーム・キッキングスナイパーのみネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールが参加(決着後、単独で挑戦)。
  10. ^ 2010年5月6日・2011年12月8日・2016年11月3日放送分のみプラスワンなし。
  11. ^ 東山紀之登場時、本人の要望により対戦ゲストの藤本敏史とプラスワンを交換した。
  12. ^ 2012年5月17日放送分では第2ゲームのみウィル・スミストミー・リー・ジョーンズ、第3ゲーム以降はボビー・オロゴンが参加。2016年1月7日放送分では2名に加え、第3-4ゲームにてふなっしーが参加。
  13. ^ 実例は、2012年12月6日(対チーム元野球部戦)・2015年11月26日(対チームおネエ戦)放送分。
  14. ^ 収録後、ゲーム中に撮影された写真付きの記念盾がゲスト全員に渡される。
  15. ^ ようこそ、わが家へ(相葉主演)チームとの対戦では事前に賭けを行い、嵐4人とプラスワン・城嶋茂からの差し入れが後日送られた。
  16. ^ 松本:わが家の歴史』(1ゲームのみ)・『夏の恋は虹色に輝く』・『ラッキーセブン』(『- スペシャル』を含む2回)・『陽だまりの彼女』・『失恋ショコラティエ二宮:フリーター、家を買う。』・『オリエント急行殺人事件』・『暗殺教室〜卒業編〜櫻井:謎解きはディナーのあとで』(『映画 -』を含む2回)・『家族ゲーム大野:映画 怪物くん』・『もう誘拐なんてしない相葉:体操JAPAN CUP』(土曜時代)・『ラストホープ』・『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』・『ようこそ、わが家へ
  17. ^ a b 東日本大震災の影響により賞金を廃止(スペシャルでは1回のみ廃止後、減額)
  18. ^ 第10回:2名+第3ゲームから交代で2名。 第11-14回:交代で2名。 第15-20回:1名(第15-16回では「プラスワンゲスト」) 第21回:2名(「プラスワン-」)。
  19. ^ 木曜放送初期ではVTRにて嵐メンバー(一時期までは櫻井のみ)が担当。
  20. ^ 基本、ローリングコインタワーとフォーリングパイプが毎回登場。
  21. ^ a b 音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にてダウンタウンと当ゲームで対決した。
  22. ^ 図書館戦争 THE LAST MISSION』チーム(2015年10月8日放送分)・2015年活躍芸人チーム(同年12月10日放送分)の2組。
  23. ^ 実例は、ゴールデン進出の記者会見時(オブジェは金色のライオン)と2011年1月27日放送分のみ
  24. ^ 2010年10月28日放送分までは一部が金色に塗られていた。
  25. ^ サザエさん3チームのみ「役柄のキャラクターの絵」。
  26. ^ ゲストの東山紀之挑戦時には『仮面舞踏会』を使用。
  27. ^ 過去に相葉がレバーを強く動かし、穴を覆う蓋が数ヶ所取れてしまう事態が起こった。
  28. ^ 背景色は最高点が金(2011年12月8日放送分までは赤)、減点は黒(初登場時は青)、その他は青。
  29. ^ 松本の提案で急遽登場。
  30. ^ 開発期間は2011年8月からの約半年。2012年3月8日放送分にてドキュメントを放送。
  31. ^ 初登場時のみオレンジ色、2015年3月19日放送分までは緑色、以降はピンク色(固く改良された)。
  32. ^ これら2つの禁止ルールは、初登場時にゲストとの話し合いにより追加。
  33. ^ 2013年1月3日:『Happiness』・『必殺仕事人(野球応援曲)』/同年1月17日:『ゆけゆけ飛雄馬』
  34. ^ a b 実際に減点となった事例はなし。
  35. ^ 斜体が赤(右サイド)。
  36. ^ チーム広島カープファンとの対戦時は赤色。
  37. ^ 同年1月3日放送の正月特番『コレカツ嵐』にて初登場。
  38. ^ この間、嵐によるトークとゲストチーム登場シーンを廃止。
  39. ^ ゲスト…伊藤利尋 プラスワン…はるな愛日村勇紀ウド鈴木(2回)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ バニラ気分! 第2部
前番組 番組名 次番組
VS嵐
廃枠
フジテレビ 土曜12:59 - 13:30枠
GRA
VS嵐
フジテレビ系列 木曜19時台
VS嵐
-