ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル
NHK Broadcasting Center 20080809-001.jpg
NHK放送センター
番組製作が実施されていた。)
ジャンル 教養番組 / バラエティ番組
出演者 タモリ
笑福亭鶴瓶
アナウンサー
ナレーター 草彅剛 / 久米明
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
制作 NHK
放送
放送チャンネルNHK総合テレビ
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2016年1月2日 - 2022年1月2日
放送時間下記参照
放送分73分
回数全7回
公式サイト
番組年表
関連番組ブラタモリ
鶴瓶の家族に乾杯

特記事項:
放送時間は年によって異なる
テンプレートを表示

ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル』(ブラタモリつるべのかぞくにかんぱいしんしゅんスペシャル)は、NHK総合テレビ2016年から年1回放送されている日本のバラエティ番組タモリ笑福亭鶴瓶冠番組ステレオ放送文字多重放送を実施。

概要[編集]

NHKでレギュラーの冠番組を持つ、タモリ笑福亭鶴瓶の競演による番組。新春番組の一つとして制作された。番組の性格上、初回放送や再放送の放送時間は一定ではなく、放送時間は放送回によって70分間もしくは60分間になる場合もある。

毎回、タモリは『ブラタモリ』、鶴瓶は『鶴瓶の家族に乾杯』の両番組の要素が組み込まれ、タモリと笑福亭鶴瓶が「同じ日」「同じ時刻」「同じ町」を旅する新春特別番組と銘を打っている。地方での撮影が主だが近年は東京都内で撮影が行われている。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

タモリと鶴瓶が競演するのは、2014年3月31日に放送終了したバラエティ番組森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系列)以来、この番組が定番となっている[注 1]

アシスタント[編集]

ゲスト[編集]

ナレーター[編集]

番組テーマ曲[編集]

  • 井上陽水「女神」(ブラタモリ オープニングテーマ)
  • 井上陽水「瞬き」(ブラタモリ エンディングテーマ)
  • さだまさし「Birthday」(鶴瓶の家族に乾杯 テーマ曲)

放送内容[編集]

放送回  放送日時(JST 内容 関連番組 備考
2016年 1月2日(土)
19:30 -
旅の舞台は真田家の本拠地である長野県上田市。タモリさんの旅のテーマは「真田の城造りのスゴさとは?」、鶴瓶さんのテーマは「無類の真田好きを探せ!」。地形や歴史に興味があるタモリさんと、そこに暮らす人が大好きな鶴瓶さん、まったく正反対の二人が、堺さんをむかえて繰り広げる旅はどうなる?上田城の石垣でタモリさんが気付いた真田の鉄壁の防御とは?鶴瓶さんが出会ったリンゴ農家に脈々と受け継がれる真田の精神とは?[1] 真田丸
2017年 1月2日(月)
19:30 -
土地の歴史や地形の謎を解き明かす「ブラタモリ」と、そこで暮らす家族の素顔を紹介する「鶴瓶の家族に乾杯」。実は興味や関心がまったく異なる“水と油”の二人が、初詣客日本一のお寺へ!なぜ多くのお客さんがやってくるのか、それぞれのアプローチで探るだけでなく、お互いの番組にも参加!成田山を有名にした江戸時代の戦略に鶴瓶さんも驚き!参道のうなぎ屋さんのステキなご夫婦トークにタモリさんも納得!
2018年 1月2日(火)
19:20 -
タモリと笑福亭鶴瓶は「初夢」をテーマに静岡県三保松原でロケを実施。初夢に見ると縁起がいいとされる「一富士二鷹三茄子」のルーツを、富士山を望める三保松原で探る。また鶴瓶が「ブラタモリ」に、タモリが「鶴瓶の家族に乾杯」に参加する企画も。土地の歴史や地形に注目するタモリと、そこに住む人とのふれあいを大事にする鶴瓶の2人が、3回目となるコラボでどんな旅を展開するのか。[2]
2019年 1月2日(水)
19:20 -
今回の舞台は福岡県太宰府天満宮。「学問の神様」として知られ、200万人もの初詣客を集める九州を代表する神社のひとつだ。しかし、なぜこれほど多くの人が集まるのか? タモリと鶴瓶が、その秘密に迫る。さらに、互いの番組のことをよく知るため、鶴瓶が『ブラタモリ』に、タモリが『鶴瓶の家族に乾杯』に参加する企画も。土地の歴史や地形にこだわって旅をするタモリと、そこに住む人々の人情にこだわって旅をする鶴瓶。2人の珍道中は、はたしてどうなる?[3]
2020年 1月1日(水・祝)
19:20 -
5回目のコラボ特番となる今回の舞台は沖縄。「神の島」と呼ばれる久高島を目指し、タモリと笑福亭鶴瓶が“同じ時・同じ場所”をそれぞれの流儀で旅をする。モノレールの車内で爆笑トークを繰り広げるタモリと鶴瓶。“沖縄の真髄”に迫ろうと、鶴瓶は家族との出会いを求めて東へ。一方、タモリは「沖縄の真髄は“日の出”にあり!?」の謎を、歩きながら解き明かしていく。旅の終わりは「神の島」久高島へ。島に隠された秘密に迫る。[4]
2021年 1月3日(日)
22:00 -
「いろいろ大変だったけど、よかったこと」というお題のもとに、タモリと鶴瓶がかつて番組で出会った、日本全国の個性的な面々にインタビューを敢行。そのお話をきっかけに、ざっくばらんでゆる~いトークを繰り広げていく。さらに次期大河ドラマ主演の吉沢亮やいま注目のシンガー・ソングライターあいみょん、そして、山中伸弥教授といった豪華ゲストとのトーク![5] 青天を衝け
2022年 1月2日(日)
22:00 -
「知っているようで知らないNHKの裏側とは?」というお題のもと、タモリと笑福亭鶴瓶が、リハーサル中の「あさイチ」のスタジオやアナウンス室・ドラマの効果音を作る職人の部屋など、いつもは見ることが出来ないNHKの裏側を訪ねる。後半は2人別れてそれぞれの旅へ。タモリは放送センターが建っている地形について探る「ミニ・ブラタモリ」。鶴瓶はいま注目を集める“奥渋”エリアで「ミニ・ぶっつけ本番旅」を敢行![6] あさイチ

スタッフ[編集]

  • 構成:井上知幸
  • プロデューサー:小室玲子
  • 制作統括:渋谷義人、佐橋陽一、矢島良、亀山暁、
  • 演出:島竹くら斗、河添有祐
  • 製作著作:NHK
ブラタモリ
  • ディレクター:佐藤淳一
  • プロデューサー:堀江誠己
  • 制作統括:渋谷義人、相部任宏
鶴瓶の家族に乾杯
  • ディレクター:坂田修一
  • プロデューサー:三木健司
  • 制作統括:友杉徳孝、井上繭子

関連項目[編集]

  • ブラタモリ - 番組内での鶴瓶の言動はタモリから「偽りの人間性」と揶揄されている。
  • 鶴瓶の音楽に乾杯! - 「家族をテーマにして」司会の笑福亭鶴瓶とゲストが旅人として各地を訪れ、地元の人々と触れ合いながら旅をしていく番組。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鶴瓶は1987年4月から番組放送最終日まで木曜日レギュラーのリーダーを務めていた。
  2. ^ 大河ドラマ『真田丸』主演。
  3. ^ 大河ドラマ『青天を衝け』主演。
  4. ^ 2016年まではSMAPメンバーで、同グループ解散後は新しい地図稲垣吾郎香取慎吾との3人からなる)。
  5. ^ 2020年4月23日死去(96歳没)。

出典[編集]