ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ちびまる子ちゃん > ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年
ちびまる子ちゃん
イタリアから来た少年
監督 高木淳
脚本 さくらももこ
原作 さくらももこ
出演者 TARAKO
水谷優子
屋良有作
一龍斎貞友
島田敏
佐々木優子
中川大志
劇団ひとり
ローラ
渡辺直美
パパイヤ鈴木
大原櫻子
亀田誠治
トータス松本
音楽 中村暢之
主題歌 ウルフルズ「おーい!!」
制作会社 日本アニメーション
配給 東宝
公開 日本の旗 2015年12月23日
台湾の旗 2016年8月5日
香港の旗 2016年8月11日
中華人民共和国の旗 2016年9月23日[1]
上映時間 95分[2][注 1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 日本の旗7億円[4]
中華人民共和国の旗2588万(RMB)
前作 ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌
テンプレートを表示

ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』(ちびまるこちゃん イタリアからきたしょうねん)は、2015年12月23日に公開された日本アニメーション映画。配給は東宝。ちびまる子ちゃんの映画化作品の第3作目。アニメ放送25周年を記念して制作され、前作『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』から23年ぶりの映画化となる[5]

概要[編集]

今作は、まる子の住む町にある日、5か国から子供たちが訪れるところから始まり、海外の子供たちとまる子たちの友情を軸に描かれる。また、初めて自分の住んでいる清水市を離れ、京都大阪へ訪れる様子も描かれる[6]

ぴあの調査による初日満足度ランキングで第1位となった[7]

映画公開から7ヶ月後の2016年5月16日に水谷優子が死去したため、水谷が演じるお姉ちゃん(さくらさきこ)が登場する映画は本作が最後になった。また、過去2作でおじいちゃん(さくら友蔵)を演じていた富山敬は1995年9月25日に死去しており、テレビシリーズで3代目を担当している島田敏が演じている[注 2]

ゲスト声優[編集]

2015年10月19日には、5か国からやってくる子供たちの声を、俳優の中川大志、「永沢君」で主演を務めた劇団ひとり、タレントのローラ、お笑いタレントの渡辺直美、「ちびまる子ちゃん」のエンディングで使用されていた「アララの呪文」で振り付けを担当したパパイヤ鈴木の5人が起用されることが発表された[8]。またこのときに映画のタイトルが『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』であることも明らかとなる[9]

2015年11月27日には、オープニング及び挿入歌を歌う大原櫻子、エンディング曲「おーい!!」を歌うウルフルズのメンバーの1人のトータス松本、挿入歌「キミを忘れないよ」の作曲を担当した亀田誠治が出演することが発表された[10]

2015年12月2日には、中田カウス・ボタン笑福亭仁鶴間寛平の3人が本人役、2006年のドラマ版においてまる子を演じた森迫永依がアンドレアの幼少期を演じることが発表された。また、2006年にまる子の両親を演じた高橋克実清水ミチコが本作のキーパーソンを演じるほか、フジテレビアナウンサーの軽部真一笠井信輔永島優美が本作の随所に出演するという[11]

スタッフ[編集]

監督はテレビシリーズの監督を務める[12]高木淳[13]、脚本は過去2作同様、原作者のさくらももこ[14]それぞれ担当。

主題歌[編集]

さくらのオファーで、オープニング及び挿入歌を大原櫻子、エンディングをウルフルズが担当[15]

あらすじ[編集]

花輪家に、世界中から5人の少年少女がやってきた。彼らは、日本の文化をもっと知りたいということで、まる子たちの家にホームステイすることになった。まる子の家には「アンドレア」という少年がホームステイする。その後まる子は、彼と充実した日々を送っていくが、そんな中、彼には会いたい人がいることを知る。

キャスト[編集]

  • さくら家
  • 3年4組
  • 3年4組の保護者
  • 穂波真太郎、浜崎辰五郎 - 飛田展男
  • はまじの母 - 山本圭子
  • ヒデじい - 茶風林
  • たまちゃんの母 - 中友子
  • 野口笑助 - 園部啓一
  • その他
ゲスト声優

スタッフ[編集]

  • 製作:石原隆、石川和子、市川南、桜井徹哉、中田安則
  • 制作管理:本橋寿一
  • 原作・脚本:さくらももこ
  • プロデューサー:土屋健、狩野雄太、井上孝史、田中伸明
  • キャラクターデザイン:船越英之
  • 美術監督:野村可南子
  • 音響監督:本田保則
  • 音楽:中村暢之
  • 総作画監督:西山映一郎
  • 作画監督:荒牧園美、あべじゅんこ
  • 色彩設計:小森谷初
  • 音響効果:松田昭彦、神保直史
  • 録音:安藤徳哉
  • 編集:貴村純美
  • 演出:堂山卓見
  • 作画監督補佐:中山智香
  • 動画検査:矢地久子、大庭伸、江川陽司、西原沙紀
  • 色指定・検査:小森谷初、大野嘉代子
  • 美術監督補佐:須藤直美
  • 撮影協力:薮田順二
  • 3DCG:西山薫子
  • 編集助手:宮崎満里奈
  • スーパーバイザー:松崎容子
  • アシスタントプロデューサー:山本秉碩
  • 制作担当:熊谷那美
  • 制作デスク:小林克規
  • 制作進行:山下裕文、田中里咲、樋田順一、前田薫平
  • 管理担当:田中真津美
  • 制作協力:さくらプロダクション(多田弘子、井下薫)
  • 監督:高木淳
  • 製作:フジテレビジョン日本アニメーション東宝博報堂DYメディアパートナーズ読売広告社FNS27社
  • アニメーション製作:日本アニメーション
  • 配給:東宝

原画[編集]

五味裕子 才田俊次 入好さとる 新岡浩美 西山映一郎
山川浩臣 福冨和子 廣田和佳 和田佳純
あべじゅんこ 竹松智之 原夕佳 武本心
大川美穂子 甲藤円 佐藤秋子 島崎知美 船塚純子
久保川美明 今野幸一 福元敬子 萩原しょう子 森亜紀子
大森幸夫 田中亮 辻加奈子

主題歌[編集]

オープニング主題歌「おどるポンポコリン[20]
作詞 - さくらももこ / 作曲 - 織田哲郎 / 編曲 - 亀田誠治 / 歌 - 大原櫻子 / コーラス - トータス松本
エンディング主題歌「おーい!!」[20]
作詞 - さくらももこ / 作曲 - トータス松本 / 編曲 - ウルフルズ、菅原龍平 / 歌 - ウルフルズ
挿入歌「キミを忘れないよ[20]
作詞 - さくらももこ / 作曲・編曲 - 亀田誠治 / 歌 - 大原櫻子

関連企画[編集]

映画公開記念スペシャル[編集]

フジテレビでは、2015年12月12日9:55 - 10:45に本作のゲスト声優が『ちびまる子ちゃん』ゆかりの地を訪問する番組『たびまる子ちゃん』を放送[21]。当初は関東ローカルであった[21]が、のちに全国でも放送されることが発表された[22]

12月27日には『ちびまる子ちゃん〜ありがとう!アニメ25周年&映画公開記念さくらももこ原作1時間SP〜 』を放送。原作作品のうちの2話をリメイク放送したほか、本作に登場するキャラクターがゲスト出演した[23]

漫画版[編集]

りぼん2015年10月号から2016年1月号まで、本作の書き下ろしとなる漫画版が短期集中連載された[24]。『りぼん』での連載は2013年12月以来およそ2年ぶりとなる[25]

2015年12月25日、「ちびまる子ちゃん キミを忘れないよ」のタイトルで単行本として発売された[24]

企業・CMとのコラボレーション[編集]

はなまるうどん
うどんチェーン店はなまるうどんでの応援フェア「ちびまる子ちゃん×はなまるうどん」が「まる」つながりで企画され、2015年11月15日より2か月間実施される[26]テレビCMの放映や、ポスターなどに本作のキャラクターが登場するなど、様々な企画が行われる[27]
ロッテリア
全国のロッテリアにて2015年11月23日より、本作とのコラボレーション商品を発売[28]
築地銀だこ
全国の築地銀だこ店舗で12月1日より「ちびまる子ちゃん だんらんパック」を発売[29]
東京靴流通センター
全国587店の東京靴流通センター店頭に、まる子の等身大POPを設置[30]
ジョルダン
ジョルダン配信のスマートフォンアプリ『乗換案内』に本作のキャラクターが登場[31]
静岡ぽっぽ
伊豆・村の駅で販売している静岡銘菓の「静岡ぽっぽ」と本作がタイアップしたテレビCMが静岡県限定で放送[32][33]
カフェコムサ
日本アニメーションとカフェコムサ渋谷店のタイアップにより、『ちびまる子ちゃん』のキャラクターをイメージしたタルトを販売[34]
スイーツパラダイス
スイーツパラダイスの一部店舗などで、本作とのコラボ商品を販売[35]
フィギュアスケート
「第84回全日本フィギュアスケート選手権2015」とのコラボレーションにより、12月28日に放送予定の「オールジャパン メダリスト・オン・アイス2015」にまる子が登場[36]

映像ソフト化[編集]

2016年8月17日ポニーキャニオンからBDとDVDでリリース[37]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 94分とするサイトもある[3]
  2. ^ テレビシリーズでは富山の死去後、青野武が声を担当していたが、青野の担当期間には映画は制作されることなく青野が死去したため、映画版で青野が演じるおじいちゃん(さくら友蔵)が登場する作品はない。

出典[編集]

  1. ^ 《樱桃小丸子》定档9.23 "小丸子"首登中国银幕
  2. ^ “「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」”. 産経ニュース. (2015年12月18日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151218/ent1512180008-n1.html 2015年12月18日閲覧。 
  3. ^ allcinema(外部リンク)
  4. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.42
  5. ^ 「ちびまる子ちゃん」23年ぶり映画化!さくらももこ自ら脚本!”. シネマトゥデイ (2015年7月10日). 2015年10月20日閲覧。
  6. ^ “『映画ちびまる子ちゃん』ゲスト声優に中川大志、ローラら”. ORICON STYLE. (2015年10月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2060920/full/ 2015年10月20日閲覧。 
  7. ^ “親子で楽しめる『映画ちびまる子ちゃん』が満足度第1位!”. ぴあ映画生活. (2015年12月28日). http://cinema.pia.co.jp/news/168156/65356/ 2015年12月28日閲覧。 
  8. ^ “中川大志&ローラ&渡辺直美ら「映画ちびまる子ちゃん」に豪華ゲスト声優結集!”. 映画.com. (2015年10月19日). http://eiga.com/news/20151019/6/ 
  9. ^ a b c d e f “「映画ちびまる子ちゃん」中川大志、劇団ひとり、ローラらが外国の子供たち演じる”. 映画ナタリー. (2015年10月20日). http://natalie.mu/eiga/news/163301 2015年10月20日閲覧。 
  10. ^ “大原櫻子、『ちびまる子ちゃん』で声優初挑戦!「もっともっとやりたい」”. マイナビニュース. (2015年11月27日). http://news.mynavi.jp/news/2015/11/27/543/ 2015年12月12日閲覧。 
  11. ^ “『映画 ちびまる子ちゃん』大阪なんば花月の芸人が本人役でゲスト出演”. ORICON STYLE. (2015年12月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2063193/full/ 2015年12月12日閲覧。 
  12. ^ KINENOTE(外部リンク)の解説
  13. ^ ローラ、ちびまる子ちゃんアフレコで暴走!?…も「70点」と合格点!”. シネマトゥデイ (2015年11月8日). 2015年11月8日閲覧。
  14. ^ “「映画ちびまる子ちゃん」アフレコ、“インド背負った”劇団ひとりがアドリブ連発”. 映画ナタリー. (2015年11月8日). http://natalie.mu/eiga/news/165361 2015年11月8日閲覧。 
  15. ^ “「映画ちびまる子ちゃん」ウルフルズ&大原櫻子が参加、さくらももこがオファー”. コミックナタリー. (2015年9月28日). http://natalie.mu/comic/news/161187 2015年12月7日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g h “「まる子は私!」 声優のTARAKOさんが、まる子との出会いから、23年ぶりの劇場版『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』までを語る”. アニメイトTV. (2015年12月20日). http://www.animate.tv/news/details.php?id=1450589154 2015年12月23日閲覧。 
  17. ^ a b c d “「映画ちびまる子ちゃん」に実写版まる子・森迫永依が参加、高橋克実や清水ミチコも”. 映画ナタリー. (2015年12月2日). http://natalie.mu/eiga/news/167836 2015年12月2日閲覧。 
  18. ^ “大原櫻子、声優初挑戦 『映画ちびまる子ちゃん』挿入歌も声の出演も”. ORICON STYLE. (2015年11月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2062963/full/ 2015年11月27日閲覧。 
  19. ^ a b “「映画ちびまる子ちゃん」に大原櫻子、トータス松本、亀田誠治がゲスト声優で参加”. 映画ナタリー. (2015年11月27日). http://natalie.mu/eiga/news/167291 2015年11月28日閲覧。 
  20. ^ a b c “ウルフルズ&大原櫻子、23年ぶり映画化『ちびまる子ちゃん』で歌う”. ORICON STYLE. (2015年9月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2059871/full/ 2015年9月28日閲覧。 
  21. ^ a b “ローラ、25年前のセル画に驚がく -『まる子』ゆかりの地をゲスト声優陣が旅”. マイナビニュース. (2015年12月4日). http://news.mynavi.jp/news/2015/12/04/227/ 2015年12月5日閲覧。 
  22. ^ 『映画ちびまる子ちゃん』公開記念番組 たびまる子ちゃん放送決定!”. 『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』公式サイト (2015年12月11日). 2015年12月15日閲覧。
  23. ^ “中川大志&ローラも特別出演!「ちびまる子ちゃん」1時間SP放送決定”. cinemacafe.net. (2015年11月26日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/26/35952.html 2015年11月27日閲覧。 
  24. ^ a b “「ちびまる子ちゃん」新作映画のコミカライズ、海外の子供とまる子らが交流”. コミックナタリー. (2015年12月25日). http://natalie.mu/comic/news/170550 2015年12月25日閲覧。 
  25. ^ “ちびまる子ちゃん:2年ぶり「りぼん」に登場 映画原作を描き下ろし”. MANTANWEB. (2015年9月3日). http://mantan-web.jp/2015/09/03/20150903dog00m200055000c.html 2015年10月20日閲覧。 
  26. ^ “はなまるうどん、"まる"つながりで『映画ちびまる子ちゃん』応援フェア開催”. マイナビニュース. (2015年11月5日). http://news.mynavi.jp/news/2015/11/05/056/ 2015年11月20日閲覧。 
  27. ^ はなまるうどん公式ホームページのニュース一覧”. 2015年11月20日閲覧。
  28. ^ “23年ぶりに映画公開の「ちびまる子ちゃん」と「ロッテリア」がコラボ! キッズセットや福袋など期間限定商品を発売”. アニメイトTV. (2015年11月19日). http://www.animate.tv/news/details.php?id=1447903854 2015年11月20日閲覧。 
  29. ^ “『映画ちびまる子ちゃん』、「築地銀だこ」とのコラボで限定パックが登場”. マイナビニュース. (2015年11月25日). http://news.mynavi.jp/news/2015/11/25/009/ 2015年11月27日閲覧。 
  30. ^ “東京靴流通センター×「映画ちびまる子ちゃん」タイアップ企画!”. 産経ニュース. (2015年12月8日). http://www.sankei.com/economy/news/151208/prl1512080234-n1.html 2015年12月9日閲覧。 
  31. ^ “「乗換案内」アプリで「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」 とのタイアップキャンペーンを開始!”. PRWire. (2015年12月16日). https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201512166541/ 2015年12月19日閲覧。 
  32. ^ 「映画ちびまる子ちゃん」静岡みやげの「静岡ぽっぽ」が応援!!静岡県でコラボCM放送!”. CM JAPAN (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  33. ^ “伊豆・村の駅、静岡限定「静岡ぽっぽ」×『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』コラボCMをWEB先行公開”. navicon. (2015年12月18日). http://navicon.jp/news/34355/ 2015年12月19日閲覧。 
  34. ^ “東京都・渋谷のカフェコムサに『ちびまる子ちゃん』タルトが登場”. マイナビニュース. (2015年12月18日). http://news.mynavi.jp/news/2015/12/18/608/ 2015年12月19日閲覧。 
  35. ^ “「ちびまる子ちゃん」スイパラコラボスタート 見た目はラーメン、中身はスイーツ”. アニメ!アニメ!. (2015年12月18日). http://animeanime.jp/article/2015/12/18/26162.html 2015年12月20日閲覧。 
  36. ^ “ちびまる子がリンクを舞う 映画と全日本フィギュアスケート選手がコラボレーション”. アニメ!アニメ!. (2015年12月21日). http://animeanime.jp/article/2015/12/21/26211.html 2015年12月22日閲覧。 
  37. ^ “中川大志、ローラら豪華ゲスト出演「映画ちびまる子ちゃん」BD&DVD 8・17発売”. TVLIFE. (2016年5月4日). http://www.tvlife.jp/2016/05/04/62259 2016年5月5日閲覧。 

外部リンク[編集]