第65回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第65回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 19:15 - 20:55、21:00 - 23:45 (JST)(265分)
放送期間 2014年12月31日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
【放送媒体:総合テレビジョン
製作総指揮 柴﨑哲也[1][2]
出演者 #司会者#出場歌手を参照
音声 音声多重放送
紅白サブトークチャンネル
字幕 文字放送
データ放送 実施
オープニング 「歌おうマーチ」[3]
エンディング 蛍の光
外部リンク 第65回 NHK紅白歌合戦 公式サイト
テンプレートを表示
第65回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送局 NHKラジオ第1
パーソナリティ 青井実
首藤奈知子
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通
テンプレートを表示

第65回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうごかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2014年平成26年)12月31日JST、以下同じ)に放送された通算65回目のNHK紅白歌合戦である。

概要[編集]

テーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で![4]。このテーマに合わせ、出場歌手全員参加を謳ったコーナーが多く設けられたほか、出場歌手のパフォーマンスに出場歌手全員で参加する演出が行われた。

司会者は吉高由里子(紅組)、(白組)、有働由美子(総合司会)。

バナナマン久保田祐佳が「紅白宣伝部員」[5]として、PR番組『こちら紅白宣伝部』の司会を務めた[6]ほか、放送当日にはテレビ放送副音声『紅白ウラトークチャンネル』を担当した[6]デイリースポーツでは同コーナーでのバナナマンによる、主音声にとらわれない自由な進行と視聴者目線のトークが共感を集めたと報じている[7]

例年恒例となっている審査中のダイジェストコーナーは行われなかった。

放送まで[編集]

日付はいずれも2014年。

9月4日
公式サイト上で放送時間が発表された[8]
10月10日
この日行われた記者会見で、今回の司会者とテーマが発表された[4]。この会見は有働が司会を務める『あさイチ』内で生中継された[9][10][11]
11月20日
紅白宣伝部発足を発表[5]
11月26日
今年の出場歌手を発表[12]
同時にテレビ東京系アニメ『妖怪ウォッチ』のコーナーを放送することを発表。柴崎哲也プロデューサーは「お子さんにとても人気がある、そういう世代の皆さんに楽しんで頂けるシーンを作りたい」と出演理由を述べている[13]
12月23日
ゲスト審査員が発表された[14]
12月24日
この年上期の連続テレビ小説花子とアン』の出演者による特別編を実施することが発表された[15]
12月25日
曲目と曲順が発表された[16]
12月28日
中森明菜のゲスト出演が発表された[17]
12月30日
リハーサルが行われた。

当日のステージ[編集]

前半[編集]

  • 黒柳徹子タモリ第34回1983年)当時の思い出[注 1]を語ってスタート[18]
  • トップバッターは、HKT48
  • 郷ひろみのステージでは、事前番組でバナナマン日村勇紀が共演を直訴し「1年に1回の大事なステージだから、イヤだよ」と郷が断るも、本番では日村が真っ赤なジャケットの姿で乱入した[19]
  • 伍代夏子のステージではV6がバックダンサーを務めた。曲前のトークで同メンバーの三宅健が「伍代さんの後ろで踊らさせる・・・」と失言する場面があった[20][21][22]。後日、三宅は伍代に詫びの年賀状を送り、また両者の交流も生まれたという[23]
  • 香西かおり細川たかしは酒にちなんだ曲を披露した。KABA.ちゃんIKKOクリス松村が「もも組」としてスナック風のステージをプロデュース。他に関ジャニ∞、バナナマン・日村勇紀扮するヒム子[24]ゴールデンボンバーふなっしーらがパフォーマンスを披露した[25]
  • 德永英明羽生結弦の演技映像とのコラボだったが、羽生が前日に急遽手術を行い入院中だったのを受け、德永の紹介前に櫻井翔が「今年1年、たくさんのことを経験しました。壁を乗り越えた先にまた壁がある。でも僕はそれを乗り越えていきたいと思います」という羽生のメッセージを読み上げ、見舞いの言葉を述べた[26]

後半[編集]

結果[編集]

前回のゲスト審査員の票に重きを置く形から、後述するとおり、地上デジタルテレビジョン放送ワンセグの双方向機能などを重視したそれ以前の最終審査の得票数をそのまま反映させる形に戻された。デジタルテレビ以外は白組が優勢で、結果535,458対481,221で白組が優勝し、対戦成績も白組36勝、紅組29勝となった[60][61]。嵐の5人を代表してリーダーの大野がタモリから優勝旗を授与された。

出場歌手[編集]

歌手名の太字は初出場もしくは返り咲き。

紅組 白組
曲順 歌手・ユニット名 楽曲 曲順 歌手・ユニット名 楽曲
前半
1 HKT48 メロンジュース 2 Sexy Zone 2 紅白にHITOMEBORE[※ 2]
3 E-girls 2 Highschool♡love 4 AAA 5[※ 3] さよならの前に
企画コーナー 嵐meets妖怪ウォッチ(1)「ようかい体操第一」(Dream5 紅白出場歌手)
5 miwa 2 Faith 6 福田こうへい 2 東京五輪音頭
7 SKE48 3 不器用太陽 8 郷ひろみ 27 99は終わらない
NMB48 2 イビサガール
9 藤あや子 20 あや子のお国自慢だよ〜がんばろな東北!!〜 10 ポルノグラフィティ 13 アポロ
11 水樹奈々(6)×T.M.Revolution(5)「紅白2014スペシャルコラボレーション」[※ 4]
13 伍代夏子 21 ひとり酒 12 クリス・ハート 2
15 西野カナ 5 Darling 14 三代目 J Soul Brothers 3 R.Y.U.S.E.I.
16 香西かおり 18 酒のやど 17 細川たかし 38 応援歌、いきます
19 天童よしみ 19 やっぱ好きやねん 18 德永英明 9 花は咲く
企画コーナー 嵐meets妖怪ウォッチ(2)「A・RA・SHI」〜「ゲラゲラポーのうた」(キング・クリームソーダ 紅白出場歌手)
20 坂本冬美 26 男の火祭り 21 森進一 47 年上の女
22 和田アキ子 38 古い日記〜2014紅白スペシャル〜 23 V6 [※ 5] WAになっておどろう
後半
企画コーナー 「花子とアン」特別編
24 絢香 7 にじいろ
25 May J. Let It Go 〜ありのままで〜 26 SEKAI NO OWARI Dragon Night
27 Perfume 7 Cling Cling 28 ゴールデンボンバー 3 女々しくて
29 ももいろクローバーZ[※ 6] 3 My Dear Fellow with Mononofu JAPAN 30 関ジャニ∞ 3 オモイダマ
32 水森かおり 12 島根恋旅 31 氷川きよし 15 ちょいときまぐれ渡り鳥
34 いきものがかり 7 GOLDEN GIRL 33 五木ひろし 44 よこはま・たそがれ
35 きゃりーぱみゅぱみゅ 3 きらきらキラー 36 TOKIO 21 LOVE YOU ONLY
企画コーナー 「みんなで歌おう!アナと雪の女王
37 神田沙也加 2 生まれてはじめて 〜 Let It Go 〜ありのままで〜[※ 7]
イディナ・メンゼル
39 椎名林檎 2 NIPPON -紅白ボーダレス篇- 38 SMAP 22 みんなで歌おう!SMAPメドレー[※ 8]
41 薬師丸ひろ子 [※ 9] Woman "Wの悲劇"より 40 EXILE 10 NEW HORIZON
42 石川さゆり 37 天城越え 43 長渕剛 4 明日へ続く道
企画ゲスト 中森明菜[※ 10]Rojo -Tierra-[※ 11]
44 AKB48 7 心のプラカード 45 福山雅治 7 2014スペシャルメドレー[※ 12]
46 中島みゆき 2 麦の唄[※ 13] 47 美輪明宏 3 愛の讃歌
企画ゲスト サザンオールスターズ[※ 14]ピースとハイライト」〜「東京VICTORY[※ 15]
49 松田聖子 18 あなたに逢いたくて〜Missing You〜 48 6 2014 Thanks Medley[※ 16]
エンディング 「歌おう。おおみそかは全員参加で!」 嵐 紅白出場歌手「ふるさと

歌唱曲・出場回数に関する備考

  1. ^ “セクゾン Jカウントダウンでセクシー”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年12月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/31/0007626400.shtml 2015年4月3日閲覧。 
  2. ^ 君にHITOMEBORE」「男 never give up」「King & Queen & Joker」を順に披露[※ 1]
  3. ^ 前回は紅組であったため白組としては2年ぶり4回目。
  4. ^ 禁断のレジスタンス」「Preserved Roses」を順に披露。
  5. ^ ただし、第46回1995年)でTOKIOのバックダンサー。第50回1999年)の企画コーナーでゲスト出演。
  6. ^ メンバーの有安杏果はインフルエンザのため出場を辞退した。
  7. ^ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークからの中継。
  8. ^ SHAKE」「世界に一つだけの花」「Top Of The World」を順に披露。
  9. ^ ただし、前回ゲスト歌手として出演。
  10. ^ 紅組歌手として第53回2002年)まで過去7回出場。放送内の紹介においては「8回目」の記述があった(公式には企画ゲストのため回数には含めない)。
  11. ^ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ニューヨークのレコーディングスタジオからの中継。
  12. ^ 神奈川県横浜市パシフィコ横浜展示ホールからの中継で「HUMAN」「クスノキ」を順に披露。
  13. ^ 東京都渋谷区NHK放送センター・CT-101スタジオからの中継。
  14. ^ 白組歌手として第34回1983年)まで過去3回出場。他にメンバーの原由子第42回1991年)に紅組歌手として出場。同じく桑田佳祐第61回2010年)に特別ゲストで出演。
  15. ^ 神奈川県横浜市・横浜アリーナからの中継。
  16. ^ 感謝カンゲキ雨嵐」「GUTS !」を順に披露。

選考を巡って[編集]

選出[編集]

初出場の5組は過去10年間で第61回(2010年)と並び最少、返り咲きは5組。

  • V6はデビュー20年目にして初出場。メンバーの岡田准一大河ドラマ軍師官兵衛』に主演、同じくメンバーの井ノ原快彦が『あさイチ』の司会を務めるなどNHKの番組に多く出演、「今年、NHKの顔としてご活躍頂いたということはある」とこの年でのNHKでの活躍ぶりが決め手となった[62]
    • 出場歌手発表会見は有働が司会を担当しており、V6の紹介場面では有働が『あさイチ』で共演する井ノ原を司会席に呼び、2人でV6メンバーにインタビューを行った[63][64][65]
  • HKT48はAKB48グループとしてはAKB48、SKE48、NMB48に続く4組目の出場となった。選出理由は「人気者で支持も高かった。今年のがんばりを総合的に判断しました」としている[66]
  • May J.は今年公開し、大ヒットを記録した映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go」をカバーし話題になった[67]
  • 『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版でアナ役を演じた神田沙也加が第62回2011年)以来3年ぶりの出場。神田はTwitterで「2014年、素晴らしい締め括りが出来ますことを感謝しております。本当にありがとうございます」と出場報告をしている[68]。母親の松田聖子の出場も決まっており、2度目の親子出場となる。
  • 薬師丸ひろ子はこれまでにゲスト審査員やゲストとして紅白に出演した事はあったが、出場歌手としては初選出。前年上期の連続テレビ小説『あまちゃん』に出演し、前回も同作の企画コーナーにゲスト出演したことがきっかけとなったことや、音楽活動を再開したことが要因となった[69]。当初薬師丸のステージについて、この年亡くなった高倉健を追悼する演出にする案もあった[70]が、高倉の映像などの使用許可を巡り、所属事務所「高倉プロモーション」との交渉が難航し、制作責任者の判断で、企画が取り止めになったという[71]
  • SEKAI NO OWARIは前回は出場内定までこぎ着けながらも落選したとされるが、今回初出場となった[72]
  • 中島みゆきが第53回2002年)以来12年ぶり2度目の出場。この年下期の連続テレビ小説『マッサン』の主題歌「麦の唄」を担当している。初出場時では、歌唱の際に歌詞を間違えるハプニングをしてしまったことから、「また何かしでかさないように」とコメントした[73]
  • 長渕剛が第62回以来3年ぶりの出場。
  • 絢香が第63回2012年)以来2年ぶりの出場。この年担当した連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌「にじいろ」を歌唱。
  • 椎名林檎が3年ぶり2度目の出場。「2014 FIFAワールドカップ」を始めとするNHKのサッカー中継の年間テーマソング「NIPPON」を歌唱。

不選出[編集]

  • 乃木坂46は不選出となった[注 3]。メンバーの生田絵梨花はブログで1年後のリベンジを誓うコメントを出している[74][注 4]
  • 15年連続で出場していた浜崎あゆみを始め、ソチオリンピックNHK中継テーマソング今、咲き誇る花たちよ」(前回歌唱)を歌ったコブクロaikoといった常連も落選しており、浜崎は自身のTwitterで紅白卒業を宣言。aikoは発表後にTwitterで悔しさをにじませるコメントを出している[74]
  • 『アナと雪の女王』日本語吹き替え版でエルサ役を演じ、May.J、神田沙也加と共に出場が有力視されていた松たか子は出場者リストに名前が載っておらず、今後オファーがあるのかの質問に対しNHK側は「全部決まった段階でお知らせします。企画コーナーへの出演は可能性はある」と含みを持たせる発言をしていた[75]。その後、松が第1子の妊娠を発表したため、出演が見送られた[76]
  • 『週刊女性』(2014年8月12日号)などのメディアで竹内まりやの出場の可能性が報じられていたが、実現せず。
  • 前回で紅白を勇退した北島三郎に替わって山内惠介三山ひろしらの男性演歌歌手が出場するとの見通しもあったが、男性演歌歌手は北島を除く前回出場の5人がそのまま出場、総数として1名減となった[77][注 5]。なお、番組側は北島にゲスト出演(特別枠やゲスト審査員、応援ゲスト)の打診を行い本人が全て固辞したと報じられている[78]。北島は本紅白開始前後の時間にボクシングトリプル世界戦を観戦していた(帰宅後、本紅白を視聴したという)[79]
  • 復活が期待されていた小林幸子も3年連続で落選となった[80]

前回の出場歌手の中より、不選出となったのは計10組(紅:4、白:6)。※は紅白勇退・卒業を宣言した歌手。

その他[編集]

  • 満79歳の美輪明宏は最年長出場記録を打ち立てた[81]
  • 松田聖子の曲目について、「赤いスイートピー」も候補に挙がっていたという[82]
  • 森進一北島三郎の勇退に伴い、今回の最多出場歌手となった。森は今回の出場決定後、スポーツニッポン(同年12月25日付)の取材に対し、「どこか節目でやめたい」と紅白出場の勇退を考えていることを明かしていた[83]。そしてその直後、北島が50回出場を機に勇退を表明したことや番組側の悩みであるマンネリを解消することを目的に、「50回出場を機に勇退したい」と改めて発言した。この発言は合わせて他歌手に対して「50回出場で定年にしたらどうか」との意を込めたモノと解釈されたが他の紅白常連歌手からは反発の声も相次いだ[84]

曲順を巡って[編集]

紅組トリおよび大トリに松田聖子、白組トリにが起用された。いずれもトリは初担当。また、嵐は男性では史上初の組司会とトリの兼任となった[85]

この両者の組み合わせについてはスポーツニッポンが2014年11月27日付け紙面[86]でそれぞれ有力と報じ、2014年12月8日付け紙面ではスポーツニッポン[87]と日刊スポーツ[88]がそれぞれ「内定」と報じている。一方、スポーツニッポンは2014年11月27日付紙面で嵐が大トリを務めることが浮上していると報じたほか、他のトリ候補として紅組では中島みゆき、白組ではここ4年間の担当者であるSMAPが挙がっていることも伝えた[89]

その他、トリ候補として報じられた歌手には、紅組では石川さゆり[90]、白組ではこの年デビュー50周年を迎えた五木ひろし[91]長渕剛[92]がいる。

司会者[編集]

紅組司会の吉高はテレビでの司会は初めて[94]。この年1月7日に行われた『花子とアン』の取材会において、取材陣から吉高に「年末に紅白の司会に抜擢されたら?」との質問が出され、吉高が「私が司会をやったら、とんでもないことになりそう。その時は仲間さんと一緒にやらせて頂きたい」と同作の共演者で紅組司会4回経験者でもある仲間由紀恵との共同司会を希望しているとの回答をした。これに対し、仲間が「ご指名があれば、頑張って(吉高さんの)勉強のサポートをさせて頂きたいですが…」と述べた[95]

司会発表会見で吉高は「(オファーを受けた瞬間について)“とんでもないことだよ!”と思いました。よくも本当に選んだなぁと。驚きは、2倍も3倍もすごかった。NHKさんの見方が変わりました」[94]「(朝ドラの主役に抜擢した年に、NHKが)年末にかけてももう1回冒険してくれたその勇気に私は挑戦していきたい」[96]と意気込みを語り、自身初となるテレビ司会については「危なっかしくありません? 危なっかしいと思う方は、チャンネルを変えて…」と述べ、横から櫻井に「(チャンネルを)変えないでください!」突っ込まれる場面もあった[96][97]。また、歌唱への意欲についての質問[注 6]には「私は(福山雅治サザンオールスターズなどが所属する)アミューズに所属しています。(デビュー)10年で歌を出してないことを察して頂ければ。おあとがよろしいようで」と回答し、会場を笑わせた[96]。また、吉高は2014年12月19日放送の『ニュースウオッチ9』でのインタビューで、自身が紅組司会を務めることについて、「(前年下期の連続テレビ小説『ごちそうさん』のヒロインである)ちゃんにしとけばいいじゃないとか、仲間さんの方が安定しているのにとか。何でこんないかだのような舟を選んだんだろう、大丈夫かな?」「(生放送で起こりうるアクシデントについて)不純な理由で期待されていてもいいやって思えるくらい超越してきました。何かやらかしてくれるんだろうって思って選ばれた、と言われても『そうですよね』ってなるし」「あんな年もうないよねっていうくらい面白い終わり方ができたら」と述べた[98]

白組司会はこの年デビュー15周年を迎えた嵐が5年連続で務める。NHKアナウンサー以外で史上初の5年連続での組司会[99]

総合司会は3年連続で有働が担当。

日刊スポーツが10月2日付で吉高の紅組司会内定を報じ[100]、スポーツ報知も司会発表当日の10月10日付で吉高・嵐の両組司会内定を報じた。

正式発表前に司会が取り沙汰された人物としては、紅組は『花子とアン』に出演し、この年の『思い出のメロディー』の司会も務めた仲間の単独司会が有力とするメディアが多く[101][102][103][104][105]、仲間が吉高とのダブル司会を希望したと報じるメディアもあった[106]。仲間の司会が“見送られた”理由として、日刊スポーツは主演ドラマ『SAKURA〜事件を聞く女〜』(TBS系列)の収録との両立が容易でないためと報じている[107][108]。その他、9月15日には吉高が「いいよあげる」とのツイートをし、これが本紅白の紅組司会人選と関連があるのではと噂された[109]

これに対し白組は嵐の司会が濃厚と報じたメディアの多い[110][111][112]一方で、『あさイチ』MCの井ノ原快彦や大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を務めた岡田准一(共にV6)を司会に抜擢するとするメディアも少なくなかった[105][113]

総合司会に関しては、有働の続投案のほか、先述の白組司会案と並行して井ノ原の起用説も取り沙汰された(井ノ原と有働が共同で総合司会を担当するとの報道も見られた)[114][115]。また、井上あさひ(東京アナウンス室)や杉浦友紀(東京アナウンス室)も有力候補に挙がっていたとの報道もある[116]

その他、司会候補と報じられた人物としては、大竹しのぶ[117]綾瀬はるか(前回担当者。続投に意欲を見せていた[118][119][120]、杏[121]松たか子[122]中谷美紀[123]明石家さんま[124]中居正広SMAP)、櫻井[125]、SMAP[126]綾小路きみまろ[127]TOKIO[128]、V6[129]がいる。

吉高は紅組司会担当にあたり、有働らNHK関係者から司会の個人指導を受けたという[130]

吉高は本紅白終了後、しばらく活動休止となり、次の公の場への登場は翌年10月に行われた自身主演の舞台の記者会見まで待つこととなる[131]

今回を最後に第61回2010年)から続いていたその年の『連続テレビ小説』(上期作品。直接オファー抜擢者)か『大河ドラマ』の主演者と嵐による両組司会の体制が終了となった。嵐については、初白組司会となった第61回時点で今回までの5年連続起用がNHKとジャニーズ事務所で密約されていたとも言われる[132][133]。ただしその後、第67回2016年)で相葉が単独で白組司会に復帰している。

審査員[編集]

  • ゲスト審査員(別記
  • 会場審査員(NHKホールの観客全員)
  • デジタルTV審査員(総合テレビジョンの視聴者 定員なし)
  • ワンセグ審査員(ワンセグ搭載型の携帯電話による審査 定員なし)
  • アプリ審査員(スマートフォン・アプリによる審査 定員なし。第57回2006年)より行われたケータイ審査員と第63回2012年)より行われたスマートフォン審査員は今回は行われなかったため、これらに代わるものとなった)

ゲスト出演者[編集]

ゲスト審査員[編集]

ゲスト審査員の発表前、スポーツニッポン(2014年11月27日付)が「井上の起用は内定。『花子とアン』の原案『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』の著者・村岡恵理も有力。錦織圭の起用は微妙」と報じた[134]

スペシャルゲスト[編集]

花子とアン特別編[編集]

企画・応援ゲスト[編集]

演奏ゲストなど[編集]

その他の番組担当者[編集]

パブリックビューイング[編集]

今回は以下の箇所において、スーパーハイビジョンを用いたパブリックビューイングが開催された[146]

視聴率[編集]

視聴率関東地区では前半35.1%(前回:36.9%)、後半42.2%(前回:44.5%)となり、いずれも前回を下回った[147][148]。後半の視聴率は年間第2位で、2014 FIFAワールドカップ 日本コートジボワール戦(NHK総合、6月15日)の46.6%に届かなかった[149]

他地区でも微増微減があるもののほぼ横ばいとなっている[150]

PRソング[編集]

テーマの「歌おう。おおみそかは全員参加で!」をモチーフにした「歌おうマーチ」がPRソングとなっている[151]。作詞は箭内道彦、作曲は大友良英[152]。同曲は紅白歌合戦当日までのTVスポットで流れるほか[151]、本編オープニングでは出場歌手により歌唱された[3][153]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 黒柳とタモリは第34回で共に司会進行を務めている。
  2. ^ 衣装はメンバーの発案により、真っ白の生地にファン1万人が各メンバーカラーでメッセージを重ね書きしていき、そのインクだけで染め上げられたものが用意された[34]
  3. ^ メンバーの生駒里奈は当時兼任していたAKB48のメンバーとして選出。
  4. ^ 乃木坂46は翌年の第66回で初出場を果たしている。
  5. ^ 山内や三山も第66回で初出場を果たしている。
  6. ^ 前回は紅組司会の綾瀬はるかが出場歌手と共に「花は咲く」を歌唱する演出があった。
  7. ^ Dream5の「ようかい体操第一」の振り付けを担当した縁で登場。

出典[編集]

  1. ^ 紅白直前スペシャル”. あさイチ. 日本放送協会. 2014年12月26日閲覧。
  2. ^ “プロデューサーが語る“紅白”の意義「音楽が細分化する中での“最後の砦”」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2046019/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  3. ^ a b 【紅白詳報】(1)開幕は徹子&タモリ! つもる思い出話に司会陣「時間です!」”. 産経ニュース (2014年12月31日). 2015年1月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e “嵐&吉高由里子「紅白歌合戦」司会者に決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年10月10日). http://mdpr.jp/news/detail/1431683 
  5. ^ a b “NHK、“紅白宣伝部”発足を発表部員にはバナナマン!”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2044783/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  6. ^ a b “【紅白】バナナマン・日村&ふなっしー、郷ひろみに生電話で直談判”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2046481/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  7. ^ 陰のMVP?バナナマンの紅白 デイリースポーツ 2015年1月2日配信、1月3日閲覧。
  8. ^ “NHK紅白歌合戦、放送時間決定 4年連続で4時間半に”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2041745/full/ 2014年9月4日閲覧。 
  9. ^ [1],スポーツニッポン,2014年10月10日
  10. ^ [2],デイリースポーツ,2014年10月10日
  11. ^ [3],2014年10月11日,日刊ゲンダイ
  12. ^ “NHK:紅白出場歌手を発表 V6ら5組が初出場”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年11月26日). http://mainichi.jp/select/news/20141127k0000m040017000c.html 2014年12月26日閲覧。 
  13. ^ “紅白 ジバニャン呼んで子供世代狙う「国民的人気者ですから」”. スポーツニッポン. (2014年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/26/kiji/K20141126009355610.html 2015年1月12日閲覧。 
  14. ^ “【紅白】ゲスト審査員に黒柳徹子とタモリがそろい踏み”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2046336/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  15. ^ a b “【紅白】『花子とアン』特別編の放送決定書き下ろし脚本で主要キャスト集結”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2046373/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  16. ^ “【紅白】曲目・曲順“異例”の同時発表トリは嵐大トリは聖子”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2046347/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  17. ^ a b 中森明菜 12年ぶり紅白出場決定!NHKが発表 5年半ぶりの新曲披露 スポーツニッポン 2014年12月28日閲覧。
  18. ^ タモリと黒柳徹子が31年前の思い出語り開幕 マイナビニュース 2014年12月31日配信、1月3日閲覧。
  19. ^ 郷ひろみ 日村の乱入に苦笑 デイリースポーツ 2015年1月1日閲覧。
  20. ^ V6三宅が“大失言””. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2014年12月31日). 2016年2月14日閲覧。
  21. ^ 【紅白】V6三宅失言?「伍代さんの後ろで踊らされる…」,東スポWeb,2014年12月31日
  22. ^ 「紅白」司会V6井ノ原快彦、三宅健の“失言”を回顧「まずは謝罪から」 安定感抜群トークに「さすが」の声”. モデルプレス. ネットネイティブ (2015年11月27日). 2016年2月14日閲覧。
  23. ^ V6・三宅健、伍代夏子に“お詫び”年賀状! 「珍しいくらいしっかりしてる」と絶賛,サイゾーウーマン,2015年2月13日
  24. ^ “バナナマン日村、紅白でテレ東キャラ!”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年1月4日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2015/01/04/0007632032.shtml?pg=3 2015年2月4日閲覧。 
  25. ^ a b c “関ジャニ∞、生ビールで「カンパイ!」 オネエ軍団と絡むハイテンションコラボ<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年12月31日). http://mdpr.jp/music/detail/1457494 2015年2月4日閲覧。 
  26. ^ 羽生結弦「また壁を乗り越えたい」 徳永英明とコラボ<紅白本番> モデルプレス 2014年12月31日閲覧。
  27. ^ 吉高由里子 「花子とアン」で出演者サプライズ登場で感涙 マイナビニュース 2014年12月31日配信、1月4日閲覧。
  28. ^ 「SEKAI NO OWARI」の世界観に観客誘う!Fukase旗掲げての歌唱 芸能ニュースラウンジ 2014年12月31日配信、1月3日閲覧。
  29. ^ 羊の大群に追いかけられるシーンは2014年12月24日に千葉県富津市マザー牧場にて撮影(樽美酒のブログより)。
  30. ^ ゴールデンボンバー今年は“丸刈りパフォ”「はげましておめでとう」 スポーツニッポン 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  31. ^ 紅白出番終了しました(※ネタバレあり) 鬼龍院翔オフィシャルブログ
  32. ^ 金爆・鬼龍院 新曲歌いたかった…丸刈り・樽美酒に謝罪&感謝 スポーツニッポン 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  33. ^ “届け!”. 高城れにオフィシャルブログ. http://ameblo.jp/takagi-sd/ 2015年1月1日閲覧。 
  34. ^ a b “ももクロ、3度目の紅白で「夢が叶う」 ファン参加で壮大ステージ”. モデルプレス. http://mdpr.jp/news/detail/1456846 2015年1月1日閲覧。 
  35. ^ a b “ももクロ 有安の思い背負い紅白出場”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/gossip/2015/01/01/0007626775.shtml 2015年1月1日閲覧。 
  36. ^ “ももクロ 無念の欠場有安の衣装身につけ歌った お面も手に”. Yahoo!ニュース. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00000071-dal-ent.view-000 2014年1月1日閲覧。 
  37. ^ 真紀和泉 (2015年1月1日). “ももクロが紅白で“かぶく”。有安杏果カラーの演出にファン歓喜。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2015/01/momocro-kabuku-kouhaku20141231.html 2015年1月21日閲覧。 
  38. ^ nhk_life_comedyのツイート (550232567165632512)
  39. ^ “関ジャニ∞、10年分の“オモイダマ”込める 全力歌唱でアツいステージ<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年12月31日). http://mdpr.jp/music/detail/1457482 2015年1月21日閲覧。 
  40. ^ 氷川きよしVS水森かおり 衣装対決 マイナビニュース 2014年12月31日配信、1月3日閲覧。
  41. ^ a b c “【紅白詳報】(12)体力自慢?朝ドラヒロイン3人勢ぞろい 吉高、かまずに「きゃりーぱみゅぱみゅ」紹介”. 産経新聞. (2014年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/141231/ent1412310025-n1.html 2016年10月10日閲覧。 
  42. ^ 聖子2度泣く 沙也加との合唱に… 日刊スポーツ 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  43. ^ 神田沙也加の「アナ雪」に聖子涙 日刊スポーツ 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  44. ^ 実際にはこの5日前にテレビ朝日系列『ミュージックステーションスーパーライブ2014』でタモリとSMAPは共演している。
  45. ^ タモリ31年ぶり紅白「恥ずかしかった」,デイリースポーツ,2015年1月1日
  46. ^ [4],ОRIKОN STYLE(オリコン),2014年12月31日
  47. ^ [5],goo
  48. ^ 『オリスタ』2015年12月18日配信
  49. ^ [6],モデルプレス,2014年12月31日
  50. ^ [7],J-CASTニュース,2014年12月30日
  51. ^ [8],ОRICON STYLE,2014年12月31日
  52. ^ “【紅白】サザン、事前発表なく31年ぶり出場 桑田ちょびヒゲ姿で「お久しぶりです」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2046716/full/ 2015年2月2日閲覧。 
  53. ^ サザン 31年ぶりサプライズ出演!横アリから中継「結束高め」 スポーツニッポン 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  54. ^ a b “桑田佳祐、年越しライブについてラジオで説明と謝罪”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月18日). http://natalie.mu/music/news/136438 2015年1月21日閲覧。 
  55. ^ a b “「表現活動に影響も…」波紋呼ぶサザン桑田さんの謝罪 膨らむネット反応”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年1月18日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150118/ent1501180008-n1.html 2015年1月21日閲覧。 
  56. ^ a b “サザンオールスターズ年越しライブ2014に関するお詫び” (プレスリリース), アミューズ, http://www.amuse.co.jp/saslive2014/ 2015年1月21日閲覧。 
  57. ^ “【紅白】“白組トリ”嵐、フライングで熱唱”. ORICON STYLE. (2014年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2046741/full/ 2015年1月28日閲覧。 
  58. ^ a b “紅白、白組が3年連続で勝利! タモリ「おめでとうございました!」と祝福”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年1月1日). http://news.mynavi.jp/news/2015/01/01/002/ 2015年1月21日閲覧。 
  59. ^ “平尾昌晃氏 肺炎で入院…昨年紅白で指揮担当、一時は危篤状態も”. スポーツニッポン. (2015年1月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/25/kiji/K20150125009689980.html 2015年1月28日閲覧。 
  60. ^ “【紅白】白組、3年連続優勝!タモリから優勝旗!嵐、吉高由里子が息ピッタリ司会”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年12月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141231-OHT1T50107.html 2015年1月21日閲覧。 
  61. ^ 第65回NHK紅白歌合戦”. 日本放送協会. 2015年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  62. ^ V6 なぜ今年初出場なのか 岡田&イノッチ「お茶の間の顔 NHKの顔」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  63. ^ [9],BIGLOBEニュース,2014年11月26日
  64. ^ [10],日刊スポーツ,2014年11月27日
  65. ^ [11],サンケイスポーツ,2014年11月27日
  66. ^ HKTは「今年のがんばりを総合的に」評価,スポーツニッポン,2014年11月26日
  67. ^ 初出場のMay J. 「大晦日は全力で歌わせていただきます」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  68. ^ 2度目の紅白出場 神田沙也加「素晴らしい締めくくり 感謝」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  69. ^ 薬師丸ひろ子「とてもステキだった」 きっかけは去年の「あまちゃん」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  70. ^ 薬師丸ひろ子、紅白は健さん追悼曲か,日刊スポーツ,2014年11月27日
  71. ^ 各映画賞の申し出も固辞! 突然出たきた高倉健さん“養女”の行動に戸惑う周囲,日刊サイゾー,2015年1月11日
  72. ^ 初紅白セカオワ、有働アナからムチャ振り,日刊スポーツ,2014年11月26日
  73. ^ 【紅白】中島みゆき、歌詞違いから12年ぶり出場「また何かしでかさないように」 - オリコン 2014年11月26日
  74. ^ a b 落選aikoら嘆き「ちっきしょー」,オリコンスタイル,2014年11月26日
  75. ^ 【紅白】『アナ雪』で松たか子出演の可能性は? 落選歌手“理由”プロデューサー説明,オリコンスタイル,2014年11月26日
  76. ^ 松たか子 来春ママに!結婚7年目で待望第1子 紅白はテレビで,スポーツニッポン,2014年11月28日
  77. ^ “北島枠”は空白で男性演歌1枠減,デイリースポーツ,2014年11月26日
  78. ^ “北島三郎 紅白ゲスト出演断っていた”. デイリースポーツ. (2014年12月29日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2014/12/29/1p_0007621834.shtml 2015年1月12日閲覧。 
  79. ^ 北島三郎 紅白開幕その時ボクシングへ,デイリースポーツ,2014年12月31日
  80. ^ 第65回NHK紅白歌合戦 : あゆ、コブクロら常連が出場逃す 選考理由は「活躍、世論、演出」,毎日新聞,2014年11月27日
  81. ^ ただし、第40回1989年)に出場した聖飢魔IIのメンバーであるエース清水長官のプロフィール上の年齢は100027歳(当時)であり、プロフィール上の年齢も考慮した場合はそちらが史上最年長になる
  82. ^ [12],日刊スポーツ,2014年12月23日
  83. ^ [13]
  84. ^ [14],スポーツニッポン,2014年12月30日
  85. ^ [15],goo
  86. ^ “嵐、初の大トリ浮上!紅組は松田聖子が最有力”. スポーツニッポン. (2014年11月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/27/kiji/K20141127009358990.html 2015年2月10日閲覧。 
  87. ^ “松田聖子初の大トリ、トリは嵐!イメージ一新、紅白新時代の顔に”. スポーツニッポン. (2014年12月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/08/kiji/K20141208009422930.html 2015年2月10日閲覧。 
  88. ^ “紅白大トリ聖子 白組トリに嵐”. 日刊スポーツ. (2014年12月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141208-1406189.html 2015年2月10日閲覧。 
  89. ^ “嵐、初の大トリ浮上!紅組は松田聖子が最有力”. スポーツニッポン. (2014年11月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/27/kiji/K20141127009358990.html 2015年2月10日閲覧。 
  90. ^ [16],リアルライブ,2014年12月29日
  91. ^ 『週刊新潮』2014年9月11日号
  92. ^ [17],J-CASTニュース,2014年11月27日
  93. ^ a b c d e f g “NHK紅白に日本エレキテル連合、田中将大投手、ふなっしーらが応援出演。連続テレビ小説の3ヒロイン共演も”. BARKS音楽ニュース (グローバル・プラス). (2014年12月26日). http://www.barks.jp/news/?id=1000111143 2014年12月27日閲覧。 
  94. ^ a b “吉高、人生初司会が紅白に「よくもまぁ選んだ」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年10月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2043160/full/ 2015年2月5日閲覧。 
  95. ^ “吉高由里子&仲間由紀恵、最強タッグで早くも紅白司会に立候補!?”. クランクイン. (2014年1月7日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/28701 2014年1月7日閲覧。 
  96. ^ a b c “吉高、紅白司会に「危なっかしい」”. 日刊スポーツ. (2014年10月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141010-1379911.html 2015年2月21日閲覧。 
  97. ^ “吉高 紅白司会も爆弾発言「危なっかしいと思う方はチャンネル変えて」”. スポーツニッポン. (2014年10月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/11/kiji/K20141011009079560.html 2015年2月21日閲覧。 
  98. ^ “吉高由里子 紅白アクシデント“期待”に「あんな年もうないって終わり方したい」”. スポーツニッポン. (2014年12月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/19/kiji/K20141219009489480.html 2015年2月21日閲覧。 
  99. ^ “嵐、紅白最多連続司会に歓喜 初の大トリは「想像できない」”. ORICON STYLE. (2014年10月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2043162/full/ 2015年2月21日閲覧。 
  100. ^ “吉高由里子、NHK紅白司会に内定”. 日刊スポーツ. (2014年10月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20141002-1376037.html 2015年1月12日閲覧。 
  101. ^ “下馬評は仲間優勢だが…「紅白」司会めぐる吉高との一騎討ち”. 日刊ゲンダイ. (2014年7月19日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/151980 2015年1月12日閲覧。 
  102. ^ “「思い出のメロディー」司会の蓮子さま・仲間由紀恵、暮れの紅白歌合戦も決まりか?”. J-CASTニュース. (2014年8月1日). http://www.j-cast.com/tv/2014/08/01212110.html 2015年1月12日閲覧。 
  103. ^ “今年の『紅白』司会は仲間由紀恵で確定!? NHK朝ドラ“準主役”のバーター説が濃厚に”. 日刊サイゾー. (2014年8月26日). http://www.cyzo.com/2014/08/post_18399.html 2015年1月12日閲覧。 
  104. ^ “紅白司会、花子・吉高由里子ではなく、蓮子・仲間由紀恵が“内定”のワケ”. 週刊朝日. (2014年9月10日). http://dot.asahi.com/wa/2014090900091.html 2015年1月12日閲覧。 
  105. ^ a b “紅白サプライズ案に急浮上「井ノ原」「ふなっしー」「金井克子」”. 日刊ゲンダイ. (2014年9月23日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/153551 2015年1月12日閲覧。 
  106. ^ “仲間由紀恵 5年ぶり紅白司会オファー、“花アン”吉高と共演希望”. スポーツニッポン. (2014年9月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/16/kiji/K20140916008936530.html 2015年1月12日閲覧。 
  107. ^ “吉高由里子、NHK紅白司会に内定”. 日刊スポーツ. (2014年10月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20141002-1376037.html 2015年1月12日閲覧。 
  108. ^ 一方で仲間は12月30日放送のTBS系列『第56回日本レコード大賞』の総合司会を務めた。
  109. ^ 吉高由里子が意味深ツイート「いいよ あげる」 紅白歌合戦の紅組司会者のこと?,J-CASTニュース,2014年9月16日
  110. ^ “今年の『紅白』司会は仲間由紀恵で確定!? NHK朝ドラ“準主役”のバーター説が濃厚に”. 日刊サイゾー. (2014年8月26日). http://www.cyzo.com/2014/08/post_18399.html 2015年1月12日閲覧。 
  111. ^ “紅白司会、花子・吉高由里子ではなく、蓮子・仲間由紀恵が“内定”のワケ”. 週刊朝日. (2014年9月10日). http://dot.asahi.com/wa/2014090900091.html 2015年1月12日閲覧。 
  112. ^ “仲間由紀恵 5年ぶり紅白司会オファー、“花アン”吉高と共演希望”. スポーツニッポン. (2014年9月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/16/kiji/K20140916008936530.html 2015年1月12日閲覧。 
  113. ^ “「紅白司会」蓮子さまとイノッチで決まり?本命・吉高由里子「奔放発言」心配...”. J-CASTニュース. (2014年9月15日). http://www.j-cast.com/tv/2014/09/15215535.html 2015年1月12日閲覧。 
  114. ^ [18],リアルライブ,2014年9月9日
  115. ^ [19],サイゾーウーマン,2014年9月9日
  116. ^ 下克上は今年もなかった? 有働由美子の3年連続「紅白」総合司会で誰かが泣いている!,週プレNEWS,2014年10月26日
  117. ^ 『TechinsightJapan』(井上公造談)2014年1月4日付
  118. ^ 翌年の第66回で紅組司会再登板を果たす。
  119. ^ 『日刊ゲンダイ』2014年1月6日
  120. ^ [20],2014年1月27日
  121. ^ [21],東スポWeb,2014年4月27日
  122. ^ [22],2014年6月28日
  123. ^ “「思い出のメロディー」司会の蓮子さま・仲間由紀恵、暮れの紅白歌合戦も決まりか?”. J-CASTニュース. (2014年8月1日). http://www.j-cast.com/tv/2014/08/01212110.html 2015年1月12日閲覧。 
  124. ^ 『TechinsightJapan』(井上公造談)2014年1月4日付
  125. ^ [23],アサヒ芸能,2014年7月24日
  126. ^ 『スポーツ報知』2014年8月12日付
  127. ^ 『サンケイスポーツ』2014年8月15日付
  128. ^ 『週刊文春』2014年10月23日号、138~139頁。
  129. ^ 『週刊文春』2014年10月23日号、138~139頁。
  130. ^ “マジック・ブック”で猛特訓!吉高由里子、紅白司会の個人レッスン現場,アサ芸プラス,2014年12月18日
  131. ^ [24],ОRICON STYLE,2016年10月8日
  132. ^ 嵐「紅白」ラスト司会 5年連続は密約だった,東スポWeb,2014年10月12日
  133. ^ 翌年の両組司会は綾瀬・井ノ原に交代。総合司会は有働が続投したほか、黒柳徹子も起用されている。
  134. ^ [25]
  135. ^ [26],トピックニュース,2015年11月14日
  136. ^ “【紅白】見切れ出演“イカ大王”塚地が感激「去年とは違う」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2046747/full/ 2015年4月3日閲覧。 
  137. ^ “キング・クリームソーダとDream5、紅白企画コーナーへ出演決定”. ミュージックヴォイス (アイ・シー・アイ). (2014年11月26日). http://www.musicvoice.jp/news/20141126020653/ 2014年12月27日閲覧。 
  138. ^ “【紅白】嵐&「妖怪ウォッチ」がコラボ「アラシニャン」 : 芸能”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年1月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141231-OHT1T50211.html 2015年2月4日閲覧。 
  139. ^ nhk_kouhakuのツイート (549543968883494912)
  140. ^ “鬼姑ピン子 ポリシー曲げて紅白狙う!”. デイリースポーツ. (2014年9月4日). http://www.daily.co.jp/gossip/2014/09/04/0007299197.shtml 2015年1月12日閲覧。 
  141. ^ “NHK紅白、曲目・曲順が発表に”. BARKSニュース (BARKS). (2014年12月25日). http://www.barks.jp/news/?id=1000111075 2014年12月27日閲覧。 
  142. ^ “NHK紅白で『アナ雪』神田沙也加&イディナ・メンゼル“日米姉妹”共演!NYから生中継”. シネマカフェ (イード). (2014年12月25日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/12/25/28383.html 2014年12月27日閲覧。 
  143. ^ ギタリスト生本直毅さん 紅白歌合戦に 十勝毎日新聞 2014年12月31日配信、1月3日閲覧。
  144. ^ “薬師丸ひろ子の紅白ステージで松任谷正隆がピアノ演奏”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年12月29日). http://natalie.mu/music/news/135126 2015年1月11日閲覧。 
  145. ^ 第65回NHK紅白歌合戦 ラジオ中継アナウンサー決定について (PDF) NHK広報局 2014年12月4日付
  146. ^ 第65回NHK紅白歌合戦 【8Kライブパブリックビューイングを実施】 (PDF)”. 日本放送協会. 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  147. ^ “紅白視聴率、第1部35%・第2部42%”. 読売新聞. (2015年1月2日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150102-OYT1T50085.html 2015年1月5日閲覧。 
  148. ^ “紅白視聴率ダウン…サザン、明菜投入も”. 日刊スポーツ. (2015年1月3日). http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01501030002.html 2015年1月5日閲覧。 
  149. ^ “紅白後半42・2%、7年連続大台もW杯超えならず…年間1位逃す”. スポーツニッポン. (2015年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/02/kiji/K20150102009560800.html 2015年1月5日閲覧。 
  150. ^ “【紅白】視聴率は各地でほぼ横ばい 関東で後半42.2%”. オリコン. (2015年1月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2046742/full/ 2015年1月5日閲覧。 
  151. ^ a b テーマ”. 第65回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2014年12月18日閲覧。
  152. ^ “NHK、紅白“史上初”のPRソング「歌おうマーチ」制作あすよりオンエア”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2044782/full/ 2014年12月18日閲覧。 
  153. ^ 第65回NHK紅白歌合戦〔LINE ID:@kouhaku〕による2014年12月18日 (木) 19:47 (JST)の投稿。出場歌手や曲目をいち早くチェック!「第65回NHK紅白歌合戦」のLINE公式アカウントが登場!”. LINE (2014年10月16日). 2014年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]